TRIP 腐的妄想

某5人組アイドルの腐的(BL)妄想小説です。成人女性限定でお願いします。

時計じかけのアンブレラ  12/3

時計じかけのアンブレラ



ずいぶん私もサトシのいる生活に慣れてきた。

一人暮らしで、家で仕事をしていると、誰かと会話するなんてことはほとんどない。

よくてコンビニ帰りに挨拶を交わす程度。

それが、朝になると、

「おはよう。ショウ君。もう起きる時間だよ。」

とか、

「今日は雨だから、出かけるなら傘を持って行って。」

などと、サトシの柔らかい声で目覚めるのだ。

最初は違和感がぬぐえなかった。

長く一人暮らしをしているせいもあって、

誰かと一緒に暮らすなど、考えたこともなかったからだ。

だが、このコミュニケーションロボットの存在感は、予想以上に大きい。

あんなに居心地の悪かった、サトシとの生活が、

今では、まるで最初からサトシと暮らしていたように自然で、滞りなく過ぎて行く。

まだサトシを起動させてから1週間しか経っていない。

このロボットの需要は、明らかにあるだろうことがわかる。

私の様に一人暮らしで、恋人を作る時間もなければ、

それにかかる労力も精神力も持ち合わせていないような人間には、

このロボットは願ってもない代物だ。

若干の寂しさを紛らわすのに……ちょうどいいのだ。

「サトシ……、服を着てみようか?」

「服……?」

サトシが首を傾げる。

これは、かねてより考えていたカスタマイズの一環だ。

人形のように遊べたり、携帯のようにカバーを付ける感覚……。

ペットに着せる服と考えてもいい。

ロボットだから、防寒を考えなくていいから、好きな物を着せられる。

「どんなのがいい?」

私はあらかじめ作らせた、いくつかの服をサトシの前に並べる。

サトシは、口に指を当てて考える。

面白い。

これは私が考える時のクセだ。

サトシは私のクセを真似ているのだ。

「そうだね……。ショウ君はどれがいいと思う?」

「ん~、難しいね。サトシに選んで欲しいな。私からのプレゼントだから。」

「プレゼント……?」

サトシが首を傾げる。

「そうだ。私がサトシにあげたいんだよ。わかるかい?」

「……どうしてショウ君はおいらにあげたいの?」

「それは……好意の印。」

「コウイ……?」

「そうだよ。私はサトシが好きだから、プレゼントがしたいんだ。」

「……好きだとプレゼントするの?」

「そうだね。そればっかりではないが……プレゼントされると嬉しいものだよ。

 サトシは、嬉しくないかい?」

「……おいらはショウ君が見ててくれるだけで嬉しいよ。

 プレゼントなんかされたら、飛び上がっちゃう!」

サトシはその場でジャンプして見せた。

このロボットは、運動機能を最大限に使いこなせるらしい。

私は驚きと喜びで、大きく頷き、サトシの前の服に目を移す。

いろんな種類の物をお願いしたから、

女の子用のワンピースやら、アイドル風のキラキラした物もある。

「おいら、どれでもいいけど~、これ、可愛いね。」

サトシが選んだのは白地に赤の水玉のワンピース。

確かに可愛いが……私のサトシは女の子ではない。

もちろん、女の子として側に置く人もいるだろうから、両方用意しているのだが……。

「なんだ、ワンピースが着たいのかい?」

「ワンピース?」

「そうだ、これは女の子が着るものだよ。」

「女の子?」

サトシが首を傾げる。

「ああ、そうだったね。ロボットに性別はない。

 最初に設定させた方がいいかな……。

 性別で動きを変えたり、しゃべり方を変えたり……。」

私が一人でブツブツ言い始めると、サトシが面白くなさそうに足元の服を蹴る。

「こら、お行儀が悪いぞ。」

「だって……。」

サトシはもう一度足を振り上げたが、私が見ているのを感じたのか、そっと足を下す。

「そうだ。いい子だね。」

私はサトシの頭を撫で、服の中から、黒いパンツと青いシャツを手に取る。

「うん、サトシにはこれが似合いそうだ。綺麗な海の青だよ。」

「海……?」

「そうだ。海は……広くて大きくて……青い。」

「青……。」

「空よりも青い……。」

私はサトシを抱きあげ出窓のカーテンを開ける。

サトシが空を見やすいように、窓も開け、空に顔を向けてあげる。

キンと冷えた空気が私達を包み、ブルッと体が震える。

「あの空よりも、深い青だよ。」

「青……。」

サトシはじっと空を見る。

「……認識……したよ。」

「認識か!」

私は笑ってサトシの頭を撫でる。

認識機能は、最初のマスター認証の時のシステムで、

通常機能には装備していない。

それをもじる能力に感嘆する。

サトシの学習能力は計り知れない。

「いつか……海を見に連れて行ってあげよう。」

「ショウ君と?」

「ふふふ。私以外と行くのかい?」

サトシは首を振って私を見上げる。

「ううん。ショウ君と行きたい!」

サトシは私の顔の方に手を伸ばす。

私はその手を握り、サトシの体に戻す。

「そうだな……。晴れた日がいいね。」

「うん。」

サトシがまた空を見上げる。

『12月3日・晴れ 初めてサトシが服を着る』

青空をバックに、青い服を着たサトシの写真をファイルにしまう。










▲PageTop

時計じかけのアンブレラ  11/30

時計じかけのアンブレラ


サトシは順調に学習していった。

私が一度ダメだと言ったことは決して言わないし、好みも理解しているようだ。

大きな耳と目がちゃんと効力を発揮していることに満足する。

これは、見た目の可愛らしさだけではなく、聴覚認知と視覚認知を高める為に、

必要最低限の大きさだ。

サトシは私を見て、マスター=ショウだと理解する。

私の声を聞いても同じだ。

それができなければ、記憶することも学習することもできない。

「ショウ君……?」

「ん?どうした?」

私はパソコンのキーを叩きながら、背中越しにサトシに話しかける。

「今日はあんまりしゃべってくれないね……。」

学習期間中は、マスターに甘えるようプログラミングされている。

学習速度を速める為と、マスター自身に、話すことに慣れてもらう為だ。

「ごめん、ごめん。ちょっと忙しくてね。」

「忙しいのか……。おいらこそごめん……。仕事頑張ってね。」

私は振り返ってサトシを見る。

心なしか、寂しそうに見える。

私はサトシの前まで行き、手の平の上に乗せる。

足を投げ出し、子供のように座ったサトシが、私を見上げる。

「サトシだって退屈だよな?また何か音楽をかけようか?」

「だったら、この間のがいい!」

「あはは。サトシが踊り出したやつ?」

「うん!」

サトシの学習は、ある特定の分野において、すこぶる早かった。

クラシックも嫌いではないようだが、なぜか途中でスリープ状態に陥る。

スリープ状態になると、話かけるまでフリーズしたままだ。

この機能は、周りにマスターがいない場合、30分位で起動するはずのものなのだが……。

ここは改良が必要か?

クラシックを聴いて寝るなんて、人間のようでおかしい。

このまま、この機能は残した方がいいか?

私はクスッと笑って、アイドルグループの曲をかける。

クラシックでは寝てしまうサトシだが、アイドルグループの曲をかけると、

なぜか体を揺らし、踊るような仕草を見せ始める。

特に初期のものがお気に入りで、その動きの可愛らしさとリズム感に、目を疑ったほどだ。

運動機能と、音楽認知については十分学習しているようだ。

もちろん、間接からしか動かせないので、動きは可愛いレベルだが、

コミュニケーションを取るには十分だ。

サトシをいつもの出窓に置き、アイドルの曲が流れると、サトシの体が揺れ始める。

今日は腕もつけて踊っている

さらに学習したようだ。

「ショウ君、見ててね。」

サトシは踊りながら、私に手を振る。

何かをしながら、何か別のことをする。

これは非常に高度なことだ。

そこまでプログラミングはされていない。

まだ初めて4日目だが、この進化はすごい。

私は踊るサトシの動画を撮り、ファイルに入れる。

『11月30日・曇り サトシ、踊りながら手を振る』



「ショウ君、ちょっと眠い~。」

踊り疲れたサトシが、専用椅子に座ると、耳元のランプが赤くなる。

踊ると消耗が激しいらしい。

サトシは充電が10%を切ると勝手に自分の椅子に戻る。

マスターが引き留めれば、5%までは会話を続けるが、

それ以上消耗すると、自力で戻れなくなる。

もちろん、私が充電させてやれば、また回復するが、

これは、携帯電話と同じく難しいところで、

電源が切れると、どこにいるかわからなくなる恐れがある。

今なら……

「サトシ!どこにいる!」

と声をかければ、

「ここだよ。椅子に座ってる!」

どこにいるかも教えてくれる。

会話でコミュニケーションできる、最大のメリットだ。

これなら、忘れやすい老人や子供相手でも、ロボットを容易く見つけられる。

ああ、そうそう、忘れていた。

サトシが椅子に戻るのは、飛んだり、よじ登ったりできるわけじゃないから、

普段サトシが遊ぶ場所……。

私の部屋で言うなら、出窓に専用椅子を置いておけばの話である。

サトシには、まだそんな未来のロボットのような機能はない。

手軽に手に入る価格でそれを作るのは、現時点ではまだ難しい。

私は寝ているサトシの体をじっと見つめる。

白いボディには、まだ傷らしい傷はついていない。

ツルッとして、艶やかに光っている。

「ショウ君……。」

赤いランプが青く変わった。

起きたのか?

「なんだ、まだ完了じゃないだろ?」

「ん……でも、そんなに見られたら、おいら寝てられないよ。」

表情が変わるはずのないロボットなのに、サトシが恥ずかしそうに俯いた気がした。

「ばかだね。私はいつでもサトシを見ているよ。だから、気にせず眠るといい。

 サトシが元気におしゃべりしてくれると、私も元気になるからね?」

「うん……じゃ、寝るね……。」

サトシのランプが赤に変わる。

面白い。

サトシは人の視線を感じるのか?

それは聴覚からか?視界からか?

それはマスターからだけなのか?

これはもっと観察してみなければ……。

私がじっとサトシを見ていると、サトシのランプが青くなり、サトシの首が横を向いた。

「ごめんごめん。もう見ないから、ゆっくり眠っておくれ。」

私は仕方なくサトシに背を向け、パソコンに向かう。

後ろで、サトシがクスッと笑ったような気がした。










▲PageTop

時計じかけのアンブレラ  11/26

時計じかけのアンブレラ

私の手の上の小さなロボット。

「ちは~。」

そう言って、上体を起こす。

大きな瞳で私を見上げ、カチッと音をさせる。

「認識したよ。名前は?」

「私はショウ・サクライ」

「ショウ君ね。認識したよ。」

「君にも名前を付けよう……そうだな。

 ……サトシ、サトシがいい。君の名前はサトシだ。」

「おいらの名前はサトシ……。認識……したよ。」

ロボットが、私の手の上で立ち上がる。

重さ1キロのロボットは、私の手の上でやや斜めになった体を、

片足を曲げてバランスを取る。

うん。バランス感覚も良く作動している。

私はそれを写真に取り、手の上のサトシを出窓に立たせる。

カーテンの隙間から入る陽光が、サトシを明るく照らす。

体長30センチ。真っ白なボディに大きな耳と目。

首、肩、ひじ、股関節、膝、足首でパーツが繋がっている、典型的なロボット体形だ。

「ショウ君、おいら、ちょっと疲れちゃった~。」

「ああ、そうだね。まだ起動させたばかりだから……。

 少し充電しておこう。」

私はサトシを専用の椅子に座らせる。

「ふぅ~。少し待っててね。ショウ君。」

「ゆっくりお休み。私は仕事を続けるから。」

サトシの耳元のランプが青から赤に変わる。

充電を始めた印だ。

私は動かなくなったサトシに背を向け、パソコンに向かう。



私の仕事はロボットクリエイター。

新しいタイプのロボットを作るのが仕事だ。

ロボットの性能が上がるに連れ、その存在意義も広がっている。

今、私が作っているのはコミュニケーションロボット。

当初は、一人暮らしのお年寄りや、子供とのコミュニケーション用に作られた物だが、

昨今は、独身の20代、30代に売れているらしい。

結婚適齢期が上がり、仕事や趣味に没頭する時間が増え、その中でふと感じる寂しさ。

それを癒すのに、コミュニケーションロボットが一役買っているというのだ。

私の作った試作品……。

サトシと名付けたこのロボットは、自然な会話が特徴だ。

自分好みの音声タイプを選択でき、言葉遣いも5パターンから選べる。

コミュニケーション用なので、動きのバリエーションは少ないが、

簡単なフォークダンス程度なら踊れるレベルに作ってある。

子供の前で、でんぐり返しをさせたら、大いに喜ばれたので、

その程度の機能は装備させてみた。

このロボット最大の特徴は、会話の内容を記憶し、学習することだ。

マスターと一緒に会話することで、同じ記憶を持って行く。

「この間、あのアイドルの歌っていた歌、なんだっけ……。」

と聞けば、

「あ~、テレビで歌ってたね~。『マイガール』?」

と教えてくれる。

この機能により、より親密度が増し、ロボットへの愛着、信頼度が高まるだろうと思われる。

コミュニケーションロボットの新たな一歩だ。

私はパソコン画面のファイルの一つをクリックする。

その中のファイルの名称をサトシと変え、先ほど撮った写真を入れる。

『11月26日・晴れ サトシ、初起動。順調に作動。』

写真に添え書きし、ファイルを閉じる。

サトシがどのように学習していくのか、とても楽しみだ。



「ふぁ~。よく寝た。ショウ君、おはよう。」

サトシは2時間で充電を完了する。

充電満了で8時間は作動するはずだ。

今から8時間……。

私は時計を確認して、眉間に皺を寄せる。

もうすでに16時だ。

24時まで起きていなければならない。

私の就寝時間は22時と決めている。

仕方ない。

これも仕事だ。

私はサトシに話しかける。

「おはよう。たくさん眠れたかい?」

「うん。たっぷり。ショウ君は、ご飯食べた?」

「ああ、これから食べるとこだよ。サトシが起きるのを待っていたんだ。」

「うふふ。待ってなくてよかったのに。」

サトシは自ら椅子を降り、私の方へ進み出る。

「そうかい?生まれたばかりの君を一人にはできないよ。」

「優しいね。ショウ君。」

この会話はテンプレートだ。

あらかじめ、想定内容の会話はプログラミングされている。

それ以上の会話は……記憶と学習次第だ。

「サトシと一緒に音楽を聞きたいんだが、かけてもいいかい?」

「もちろん!」

サトシはその場に座り、足を投げ出す。

私はベートーベンの第九をかけ、サトシのすぐ前にある、リラックスチェアーに腰を下ろす。

荘厳な音が流れ……。

目をつぶって音の世界に体を委ねる。










▲PageTop

  • Tag List 
  •  * |

Your Eyes ⑪

Your Eyes



唇からヘタを取る櫻井君の首に腕を回して、おいらが言う。

「イチゴ食べたい。」

きょとんとする櫻井君の唇に唇を押し付け、

櫻井君の口の中でつぶれる果実を、舌でこそぎ取る。

イチゴの甘い香りと若い櫻井君の香りのブレンド。

キラキラの瞳が、さらに輝きを増しておいらを見つめる。

もう、釘づけだよ。

櫻井君!

口の中のイチゴは、たぶん、半分位ずつ飲み込んで、

唇を離すと、おいらの口の端から垂れた赤い汁を、櫻井君の舌がペロッと舐める。

「イチゴ……美味しかったですか?」

目の前の瞳にはおいらしか映ってない。

「美味しいよ……。美味しくて、また食べたくなる。」

櫻井君は嬉しそうに笑って、コーヒーを手にする。

「じゃあ……いつでも食べに来てください。」

「そうする。」

おいらもコーヒーを手にして、口に含む。

櫻井君とイチゴの味を流してしまうのはもったいなかったが、

喉も乾いていたので仕方ない。

「確認ですけど……、僕達、付き合ってるってことでいいんですよね?」

今更、それを言う?

おいらがびっくりしているのを勘違いしたのか、櫻井君の顔が曇る。

「体だけの関係は……嫌です。」

その言い方が、また可愛くて……。

笑わずにはいられない。

こんなにその瞳に釘づけになっているのに、この瞳にはそれがわからないんだ。

それが可笑しくて笑い続けると、櫻井君は不機嫌そうにコーヒーを啜る。

「櫻井君は、綺麗な目をしてるのに、視力はよくないんだな。」

「……そんなことないですよ。両目とも1.2はあります。」

「じゃ、もっとよく見てごらん。おいらは櫻井君しか見てないから。」

おいらの笑顔に、櫻井君の顔がパァーッと明るくなる。

「じゃ……。」

「但し、当分は秘密だな。取引先の担当に手を付けたなんて……。

 上司に知られたら大目玉だ。」

「はい!」

櫻井君がキラッキラの瞳で笑う。

その顔が、ビクッとして、立ち上がる。

「やばいです、大野さん!急がないと!」

おいらもハッとして時計を見る。

もう出ないと行けない時間だ!

おいらも立ち上がり、玄関に急ぐ。

「帰りに寄ってくださいね。それともスーツ、僕がクリーニング出しておきますか?」

「そうだな……。頼もうかな。ついでに……シャツも2、3枚買っておいてくれ。」

櫻井君が嬉しそうに笑っておいらを見つめる。

大の男が二人で靴を履くには狭い玄関で、付き合い始めのカップルの会話は、

37のおいらには若干恥ずかしい。

「待って。」

ドアを開けようとするおいらの手を櫻井君が握る。

振り向いたおいらに、チュッと唇を合わせ、櫻井君がクスッと笑う。

「出ちゃうと、できないから。」

黒い瞳が細くなって、嬉しそうに笑う。

おいらもチュッと唇を当て、櫻井君の頬を撫でる。

「遅くなるかもしれないけど……帰りに……寄るから。」

「はい!」

おいらは一気にドアを開ける。

二人そろって外に出ると、朝の光が眩しい。

まるで櫻井君の瞳のように。

「ところで櫻井君……、ここ、どこ?」

おいらの言葉に、櫻井君が、プッと吹き出す。

「今更ですか?駅、こっちです!」

櫻井君がおいらの手を引く。

繋いだ手を見て思う。

傍から見たら、親子……兄弟か?

まぁ、それでもいいよ。

何にしろ、この瞳からは逃げられないから。

「大野さん!急いでください!」

「おじさんは、走ったりしないんだよ。」

「ダメですよ。次の電車に乗らないと!」

遅れがちなおいらの手をグッと引いて、櫻井君が走り出す。

「走りますよ!」

櫻井君に手を引かれ、走る。

おっさんには、ちと厳しい。

「大丈夫。僕が引っ張りますから!」

櫻井君の瞳がキラキラ光る。

しょうがないなぁ。

おいらも一緒に走り出す。

「バカ言うな。おいらだって、小学校の時、リレーの選手だったんだぞ。」

「へぇ~。でも、意外でもないかも。」

頬を染め、目を明後日の方向に向ける。

……何を思い出した?櫻井君!

おいらは櫻井君の手を引っ張る。

「行くぞ。」

「はい!」

二人並んで走る朝も……たまにはいいか。

その瞳に、おいらだけが映るなら。










▲PageTop

Your Eyes ⑩

Your Eyes



抱きしめ合った体から、湯気が出そうなほど、櫻井君の体は汗ばんで……。

その肌に、おいらの肌を合わせる。

吸い付く肌の感触。

櫻井君の瞳が、潤んだままキラキラと輝いて、

赤く上気した頬も初々しくて……。

弾け飛んだ飛沫(しぶき)をどうしたもんかと、手の平の上に乗せたまま、

おいらは逆の指で、額に着いた髪を撫でてあげる。

「こんな気持ちいいの……初めてです。」

櫻井君が満足そうに笑う。

「おいらも……気持ちよかったよ……。」

笑って、櫻井君の頬を撫でる。

恥じらうように伏せた睫毛が長い。

綺麗な顔は、男であろうと女であろうと、人の心を揺さぶる。

そんな櫻井君が瞼を上げ、おいらを見つめてウットリと言う。

「大野さんのイク時の顔……壮絶可愛かったです。」

可愛い……?

あの状況で、おいらの顔を見てたってことか?

15も下の若造に、自分の方が弄ばれてる気がして、

おいらは櫻井君の腰に手を掛け、脱ぎ掛けの服を全部引き下げる。

「大野さん!」

恥ずかしそうに頬を染める櫻井君は、とっても可愛く……。

満足したおいらは、笑って櫻井君の頬を撫でる。

「腹についたの、洗い流そう。」

櫻井君もうなずいて、足元に溜まったズボンを足で脱ぐ。

おいらも脱いで……。

二人そろってバスルームへ向かう。

「うちのバスルーム狭いけど……。」

「知ってる。」

チラッと櫻井君を見ると、あっと目を見開く。

さっき浴びたのをもう忘れてたのか。

それくらい、行為に集中していた櫻井君。

可愛くて……。

また、唇を合わせた。

「狭い方がいいだろ?」

「そうかな……。」

「自然と体がくっつく。」

笑って、櫻井君の腰に腕を回すと、櫻井君もおいらの腰に腕を回す。

まだ湿気の残ったバスルームに入って、熱いシャワーを流す。

遊んでる時間は……たっぷりある。



「……さん、……ぉのさん……起きてください!

 もう起きないと遅刻しちゃいますよ!」

心地よい体の疲れと甘い声。

ああ、おいら……。

うっすら目を開けると、目の前には黒い大きな瞳が、

おいらを覗き込んで、ニコッと笑う。

「起きないと、チューしちゃいますよ。」

それじゃ、起きれないじゃないか。

その大きな瞳に手を伸ばし、キスを強請る。

大きな瞳はクスッと笑い、ネクタイをしていた手を止めると、

チュッと唇を当ててくれる。

その背中に腕を回し、ベッドの中に引きずり込む。

「大野さん!」

ちゃんと巻かれていないネクタイがいやらしく、

おいらの気持ちを昂らせる。

「遅刻!」

……ちこく……?

ハッとして、キョロキョロと部屋を見回す。

棚の上に置いてある時計は8時3分を示し、

櫻井君はシャツとズボンを履いている。

「やばっ!」

「そうです。急がないと!」

おいらは用意してもらったスーツを着て、鏡に向かう。

若干大き目のスーツは、おいらには不格好。

これは、会社で何か言われるかな……。

跳ねた髪を水で撫でつけ、なんとか形を整えようとするが、無駄で……。

側にあったドライヤーを手にする。

「これ、借りるよ!」

「どうぞ!大野さん、コーヒー淹れますけど、飲みますか?」

「飲む!」

「なしなしでいいですよね?」

「あ、ミルクだけ欲しい!」

「了解です。」

バスルームとキッチンでやりとりして、急いでドライヤーを当てる。

誰かと一緒の朝なんて……何年ぶりだろ?

髪を直してネクタイをすると、小さなテーブルにコーヒーが用意されている。

「僕は、朝、フルーツだけなんです。」

櫻井君はそう言うと、目の前のイチゴをおいらの顔の前に差し出す。

「イチゴ、食べます?」

クルクル回る瞳に、赤いイチゴが映る。

この目に吸い寄せられ、射抜かれたおいら。

37のおっさんをたぶらかす、この瞳と赤いイチゴ。

櫻井君は、何も言わないおいらに、ちょっと口を尖らせて、

イチゴを自分の口に押し込む。










▲PageTop

««

Menu

プロフィール

tepo

Author:tepo
アメブロでメインに活動しています。

嵐の大野君が大好きで、山LOVEです♪
腐っているので、ご理解のある方、
また成人女性限定でお願いします。

a Day in Our Life
    ↓
kissからはじめよう
    ↓
 Step and Go
    ↓
  果てない空

の順で続いています。
それぞれでも楽しめるようになっていますが、順番に読むと5人の成長がよりわかるのではないかと思います。

コメント等は受け付けていません。
何かありましたら、
アメブロの方へお願いします。
リンクにあります「TRIP アメーバ」から
ブログトップへ飛べます。
よろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR