「テ・アゲロ」
オーライ!! - レンタル彼氏 -

テ・アゲロ オーライ!! side story

 ←オーライ!! - レンタル彼氏 - ⑤ →愛と勇気とチェリーパイ #11 上

大野は無言でドアを開ける。

「あ~、大野さん、お帰りなさい。」

二宮はチラッと振り返るが、すぐにデスクに向かう。

「どうでした?」

「ん~?」

大野は自分のデスクまで行くと、ガシャンと椅子に体を放る。

「だから、櫻井翔。」

二宮は書類から目を離さず、声だけで聞く。

大野が、う~んと腕を上げ伸びをすると、自然と欠伸が漏れる。

「ふぁあ~、びっくりしたよ。」

欠伸混じりで答えると、背中を椅子にドンと預ける。

「何?本人だった?」

二宮が顔を上げて、びっくりしたように大野を見る。

「違う違う。でもソックリ。」

「ソックリ?同姓同名で?」

「かなり若いけど。」

大野はデスクの上に足を投げ出し、クスクス笑う。

「まぁ、本人だとは思いませんでしたけどね……。」

二宮は顔を書類に戻し、ペンを走らせる。

「そぉかぁ?あいつのことだから、あり得なくもない……。」

「そうだけど、住所も……櫻井さんが住む感じの住所じゃないし……。

 注文もね?」

二宮はデスクの脇のトレイから一枚の紙を取り上げる。

「純粋で可愛い、天使のような笑顔の子……まず、櫻井さんならしない注文。」

ケラケラ笑って、その紙をトレイに戻す。

「で?オプションは?」

二宮の目がキラリと光る。

「ね、ねーよ。」

「ないの?」

二宮の目が大野を見据える

「手ぇ繋いだだけだよ……。相手、男だし。」

「まぁ、そうですけど……櫻井さんとソックリなら、そっち系もありえなくもない……。」

さらに二宮の目が光る。

「手……繋いだんですか?」

「う……うん。」

「男同士で?」

「ま……ぁ、成り行きってゆーか……。」

二宮が顎を上げ、下目遣いで大野を見下ろす。

その気迫に、聞かれてもいないのに自然と大野が説明し出す。

「……女の子が来ると思ってたんだよ。

で、元カノがしつこいのを彼女ができたって追っ払おうと思ってたって……。」

「で?」

「……だから、男に走ったことにすればってことになって……。」

「手を繋いだと?」

二宮は顎を下げ、今度は上目使いで大野を見る。

「そ、そうだよ。」

「それだけで済んだんですか?」

「す、済んだよ……。」

「本当に?」

「う、うるせーよ。ニノ。何もないったらない!」

二宮は大きく溜め息をつくと、肘を付いて顎を乗せる。

「まぁいいですよ。そういうことにしときますよ。」

そんな二宮を横目で見て、大野は椅子をクルッと回す。

「……ニノ~。」

「ん~?」

「まだ続けるの……レンタル彼氏。」

「そうですねぇ……ネットだけだから、そんなに注文はないですけど……

 新しいビジネスにも手を出していかないと。」

大野は椅子を回しながら天井を見上げる。

「今度は……ニノが行けよ。」

二宮はフフッと笑って、書類に視線を戻す。

「いいですよ……FAIRYスマイル希望の依頼があったらね?」

「なんだそれ?」

「あなたにANGELスマイルでは負けますけど、

 FAIRYスマイルでは負けないでしょ?」

「んふふ。どう違うんだよ!」

「わっかんないかなぁ。この違い。」

二宮もクスクス笑う。

「私のFAIRYスマイル。」

二宮が極上の営業スマイルでニコッと笑う。

「はぁ?DEVILスマイルの間違いだろ?」

大野は回りながら、楽しそうに笑う。

「DEVIL?……まぁ、いいですよ。それも引き受けましょう。

 悪魔な笑顔でSな彼氏ご所望の依頼がきたら……。」

二宮が言いかけると、大野の携帯が鳴る。

二宮は大野の顔を見て、書類に視線を戻す。

大野は黙って携帯を見つめ、名前を確認すると手に取る。

「……なんだよ。」

「開口一番、なんだよはないでしょ?」

櫻井の笑い声が聞こえる。

「今日は、空いてる?」

「……さぁな。」

「じゃ、いつものバーで。」

「……空いてるって言ってねーし。」

「あなたの声が言ってるでしょ。俺に会いたいって。」

「誰が。」

大野もクスッと笑う。

「でも……ちょっと会いたかったかも……。」

「あれ?珍しい。」

はははと笑う、櫻井の声が大きくなる。

「うるせぇ。」

「たっぷり可愛がってあげるから。ね?honey?」

櫻井の声を聞いて、ホッと安心したような顔をすると、大野は小さな声で言う。

「お前……。」

「ん?」

大野はクルッと椅子を回し、二宮に背を向ける。

「愛してるって言って欲しくなったことある?」

「俺は……。」

櫻井が言葉を切ってちょっと考える。

「愛してるって言いたくなる……。」

大野がクスッと笑う。

「……だいぶ違うな……翔と。」

んふふっと笑う大野に、櫻井は不思議そうに聞き返す。

「何?俺のこと翔なんて呼んだことないでしょ?」

「ああ、こっちの話。」

「ごまかす?」

「ふふふ……。お前の若い頃みたいな可愛いやつに会った……。」

「ふ~ん、俺が若いと可愛いんだ?」

「ちげぇーよ。ばか。あいつとお前じゃ違―だろ?」

「ん、まぁ……俺じゃないしね?」

「あんまり可愛くて……思わず食っちまおうかと思った。」

「あはは。それはもったいなかったね。」

「ばか。あいつは全うな道を歩いた方がいいんだよ?俺らとは違う。」

「俺達だって全うな道を歩んでるじゃない?」

「そぉかぁ?」

「少なくとも、俺はそう思ってるけどね。」

櫻井はクスッと笑って、大野に言う。

「じゃ、続きは寝物語で……。」

「うっせぇ。」

「愛してるよ。honey。」

大野が電話を切って椅子をクルッと回すと、二宮が面白そうに大野を見ている。

「な、なんだよ。」

「相変わらず仲いいですねぇ。」

「そんなことねーわ。」

さらに笑い続ける二宮に、大野が眉を顰(ひそ)める。

「いえね……。先ほどレンタル彼氏の依頼が届いたんですけど……。」

「また?最近、それしかこねーな……。」

大野は携帯をデスクの上に放る。

「ANGELスマイルの智ご指名です。」

二宮がニヤッと笑う。

「今度はちゃんとオプション、頂いてくださいよ。常連になってくれそうじゃないですか。」

書類を人差し指でピンと弾いてそう言うと、極上のFAIRYスマイルで笑う。

「ニノ~!悪魔~っ!」

大野の叫びは、事務所中に響き渡った。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【オーライ!! - レンタル彼氏 - ⑤】へ  【愛と勇気とチェリーパイ #11 上】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【オーライ!! - レンタル彼氏 - ⑤】へ
  • 【愛と勇気とチェリーパイ #11 上】へ