Japonesque(5人)

Japonesque 十三話

 ←Japonesque 十二話 →Japonesque 十四話

櫻井はいつもの蕎麦屋で飲んでいた。

家に帰る時間を少しでも遅くしようと、ちびりちびりやっている。

昨日、「私はまだ一人前ではないので、祝言をあげることはできない。

婚約を解消して欲しい」と母に告げた。

目を丸くして驚く母を見て、戸惑う。

今まで一度も親に反抗したことがない。

「何をばかなことを」と言う母を振り切って、頭を下げた。

櫻井は思い出して、くすくす笑う。

「あれも……初めての経験か……。」

あれ以来、智に会ってはいない。

どんな顔して会えばいいのかわからなかったし、きっと智は描いている……

そう思うと、東雲にも行けなかった。

会いたい気持ちと会いたくない気持ち……。

二つの気持ちがせめぎ合う。

ええい!こんなことをぐちぐち考えていても埒(らち)がない。

櫻井は最後のお猪口を煽って立ち上がった。

勘定を支払い、店を出ると、あの夜のようにひんやりした空気に身震いする。

「今日はやけに寒い……。」

体を縮こまらせて早足に歩く。

智と初めて会った辺りまで来ると、少し先を人影が横切った。

「あれは……東雲の?」

その細長い影に向かって、数歩後を追ったが、影はすぐに見えなくなった。

「あっちは湯島……。」

こんな時間に何用だろう?

櫻井は首を捻る。

だが、女じゃあるまいし、男の一人歩きだ。

心配することもないだろう。

櫻井は腕組みして、足早に家路についた。



数日が過ぎ、朝のお勤めが終わると、櫻井のところに村上がやってきた。

「ふふん。今日もいい天気だねぇ。」

村上はにこにこしながら櫻井の隣に並ぶ。

「なんだ、気持ち悪いな。」

上機嫌な村上に、眉をひそめて笑う。

「この間、話してた春画……覚えてる?」

「ああ……。」

覚えてるどころか……。

櫻井は心の中でつぶやく。

「その暁の新作……出たんだよ。」

「新作?」

櫻井は思わず村上の方を向く。

あの時、描いてた……。

智が描いていた姿を思い出す。

真剣な表情で筆を走らせていた智……。

「ほれほれ。お前だって見たいだろうと思って……。」

「ちょっと待て。俺は……。」

櫻井の言葉も聞かず、村上は辺りをきょろきょろ確認し、誰もいない路地に引っ張っていく。

櫻井は見るべきかどうか迷っていた。

自分が見てもいいのかどうか……。

路地でもまたきょろきょろし、大丈夫と判断したのか、村上が懐から薄い本を取り出す。

「まぁ、見て見ろよ。今回のは本当にすごいから。」

村上に差し出された本を、恐る恐る開く。

最初の頁には文しかない。

ほっとして、読み進めていく。

「いいから!読んでたら時間かかるだろ?」

そう言うと、村上は櫻井から本を取り上げ、ぺらぺら捲る。

「これこれ!」

色鮮やかな頁を開いて櫻井に突き出す。

あ……。

あの時の着物の柄……。

櫻井は村上から本を受け取ると、その頁をじっと見つめる。

紛れもなく、あの部屋だ。

あの牡丹の屏風もある。

櫻井は、ごくっと唾を飲むと、一度目をつぶり、心を落ち着ける。

絵の中央には赤地に花と流水の振袖を纏った女。

裾も襟も乱れて、白い柔肌が見え、足は大胆に開かれている。

男は下半身を露出したまま、女の内腿を撫で、女の上に覆いかぶさろうとしている。

男の表情は、あくまでも優しく、甘く、女を包み込むようで、

誰もがこの男に抱かれたいと思うような、そんな男前で、自信に満ち溢れている。

「これ……。」

櫻井は村上の顔を見る。

「お!お前でもわかったか。」

「……似てるような……。」

「そう、成田屋の二枚目……そっくりだよな?」

櫻井はうなずいて、また絵に視線を戻す。

女の顔からは、恐れと期待、不安と喜び、そんな相反する感情に狼狽えているのが見て取れる。

戸惑っているようなその表情……。

顔にかかる乱れ髪。

櫻井は息を飲んで絵に見入る。

この恰好……。

思い出されるあの夜の睦言に、櫻井の顔がどんどん熱くなっていく。

「ほほぉ。お前でもやっぱりわかるのか。そうだろ?すげぇだろ?」

村上は、何を勘違いしたのか、喜んで次の頁を捲る。

櫻井の手の上に似たような構図の、でも全く雰囲気の違う絵が現れる。

女はうつ伏せで枕にもたれ、さらに乱れた着物の間から、

体を捻った格好で下半身が見え……。

それは、今ことが終わったばかりというように、しっとりと濡れ、黒い毛の一本一本まで

丁寧に描かれている。

その女を優しく包み込むように、男が後ろから抱く。

唇は女の頬を撫で、手は女の腰に回る。

女は満ち足りた安堵の表情で、目をつぶり、微かに微笑んでいる。

櫻井はパタンと本を閉じる。

「な。お前でも春画の良さがわかっただろ?ことに、この暁は抜きんでてる!」

「すまん。用事を思い出した!」

櫻井は突然、走り出した。










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【Japonesque 十二話】へ  【Japonesque 十四話】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Japonesque 十二話】へ
  • 【Japonesque 十四話】へ