「テ・アゲロ」
テ・アゲロ the action (5人)

テ・アゲロ  the action ⑥ -13-

 ←テ・アゲロ  the action ⑥ -12- →Love so sweet №58


聞き耳を立てる松本に背を向け、路地に向かって歩き出す。

「それはこっちのセリフ。」

大野は咥えた煙草に火をつける。

車の中から二宮が顔を出す。

「大野さん、どうしたの?」

松本に聞くと、松本も肩をすくめて首を傾げる。

「どういうこと?」

「わかんない。ボスと電話で話してる。」

「ボス?」

車のドアを閉め、松本の前に立つ。

「そう。ウチのボスと……知り合いみたい。」

「ボス……岡田准一?」

「……知ってるの?」

「んや、知らない。」

松本が訝しそうに顔を歪める。

「名前、知ってるじゃん。」

「名前くらいなら調べられるでしょ?」

名前だって調べるの、結構大変なはず……。

ボスについては全てオフレコ……。

対外的には総務の筑紫が対応してるから、ボスの名前も出てこないはず……。

松本は改めて二宮の顔を見る。

こいつ、意外とやるな……。

意外じゃないか?

あの人と仕事してるんだから……。

松本はチラッと大野を見る。

電話の終わった大野が、耳から携帯を離し、携帯に向かって悪態をつく。

「くそっ!昔の恨み、ぜってぇ晴らしてやっからな!」

大野は松本の前まで戻ると、携帯を差し出す。

「ん。」

松本は携帯を受け取り、耳に当てる。

「松本です……はい……。」

松本が話し出すと、二宮がにっこり笑って大野を見る。

「お話は終わりました?」

二宮の笑顔に、ビクッと大野が身震いする。

「ああ……。」

二宮の顔を見ないように視線を外す。

「何の話?」

「ニノには関係ない……。」

大野は面白くなさそうにフンと鼻を鳴らす。

「関係あるかないかは私が判断します。

 あなたが判断することじゃない。内容を事細かに説明するように。」

二宮の目がキラリと光る。

「うるせぇ。話すような内容じゃねぇよ。」

「はぁん、そうきますか?」

二宮の目がさらに鋭く光る。

「な、なんだよ……。」

二宮が一歩前に出ると、大野がたじろぐ。

「く、来んなよ!」

「ま、いいでしょ、その話は後でじっくり聞くとして……。」

二宮が松本を見ると、大野も松本に向き直る。

「わかりました……はい。」

携帯を耳から離し、電話を切る。

「ボスはなんだって?」

「大野さんに張り付いとけって。」

松本がにっこり笑う。

「はぁ?」

「すぐに応援よこすからって。」

大野と二宮は顔を見合わせた。



松本を外に残し、二宮と大野は車の中に入る。

「どうします?応援来たら、こっちの電波も傍受されちゃいますよ?」

二宮が機械のスイッチを入れると、男女の声が車内に流れ出す。

「今のとこ、駆け落ちの内容については話してない?」

「ん……ないみたいですね……。」

二宮はヘッドフォンをし、録音内容を早送りで聞いていく。

「先に……ばあさんに報告しときますか?」

二宮は大野の顔を見ずに、機械を操作していく。

「いや……駆け落ちの真相に辿り着いた方の勝ちってことで……握った。」

「なんでそんな簡単に!先に居場所見つけたの、こっちなのに!」

二宮が目をむいて怒りをあらわにする。

「わかってるよ……成り行きで……そうなった……。」

大野の声がどんどん小さくなっていく。

「そういう折衝、あなたできないんだから!」

「う、うるせぇ。駆け落ちの真相わかるまで報告しないって言っただろ!」

「そうだけど……。そこは臨機応変に……。

 何も、金になるのにドブに捨てるようなこと……。」

「う、うるさい!俺のポリシーだ!」

「何がポリシーですか!ただ、言い包められただけのくせに。」

「だ、黙れ!」

大野はプイッとそっぽを向くと、窓から見える松本の姿を確認する。

体をくの字に曲げ、寒そうに手をポケットにつっこんでいる。

「で、まさみは分かったのかよ。」

「誰に言ってるんですか?」

二宮はニヤリと笑って、一台のノートパソコンを大野に向ける。

そこには顔写真と名前、住所、簡単な経歴が表記されている。

「これって……。」

大野が目をパチクリすると、二宮はクスクス笑う。

「どうも、そういうことみたいですね?」

「間違いないのか?」

「さぁ、どうでしょう?名前でのヒットはこの人だけだけど。」

二宮は、アイドルのように首を傾げてニコッと笑う。

「取りあえず……行ってくる。」

「人を訪ねるには遅すぎやしませんか?」

「普通に尋ねるならな?」

大野がニヤリと笑うと、二宮はパソコンをパタンと閉じる。

「バレないようにね?」

二宮はチラッと松本を見ると、静かにドアを開ける。

松本は誰かと電話しているようで、空を見上げて、白い息を吐き出している。

「ふんっ。誰に言ってるんだよ。」

大野はニヤリと笑って、音もなく外に出る。

その後ろ姿を見送りながら、二宮がポツリとつぶやく。

「あなたも……何か訓練受けてるんですかねぇ?」

松本に気づかれないよう、ドアを開けたまま、車内に流れる音をヘッドフォンに戻した。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【テ・アゲロ  the action ⑥ -12-】へ  【Love so sweet №58】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【テ・アゲロ  the action ⑥ -12-】へ
  • 【Love so sweet №58】へ