FC2ブログ

「テ・アゲロ」
テ・アゲロ the action (5人)

テ・アゲロ  the action ⑥ -12-

 ←愛と勇気とチェリーパイ #7 下 →テ・アゲロ  the action ⑥ -13-


松本は、公園を軽やかに走り抜けると、出口で振り返る。

大野と櫻井が会話しているのが見える。

面白くなさそうに、チェッと舌打ちすると、

グッと振り切って、駅まで5分位走り続ける。

取りあえず、関係者の家を回るか。

松本は駅の券売機の前で立ち止まると、内ポケットに手を入れる。

「あれ?」

そこにあるはずの手帳が見当たらない。

もう一度手を入れ、ポケットを開いて中を見る。

「ない?」

体中のあらゆるポケットを探すが、どこからも出てこない。

さっきの公園で落としたのか?

いや、そんなはずはない。

ちゃんと内ポケットにしまったのを覚えてる……。

まさか……。

松本は来た道に向かって駆け出した。

さっきの公園に戻ると、もう大野と櫻井の姿は消えていた。

スモックを着た保育園児が公園中を走り回っている。

その子供たちを縫って、ベンチまで来ると、ベンチの上に濃い紫の色の手帳が置いてある。

それを手に取って、中を確認する。

間違いない。

俺のだ……。

松本はキョロキョロと辺りを見回す。

大野さん……やってくれた?

ペラペラ捲っていくと、いつ紛れ込んだのか、黄色い銀杏の葉が一枚滑り落ちる。

松本はその葉があった辺りを開いてみる。

託也の関係者のページだ。

松本はゆっくり目を通していく。

松本の目が右隅で止まると、小さくつぶやく。

「……旅行?」

その時、保育園児の一人が松本の足にぶつかる。

びっくりした松本は、初めて、自分の周りに子供たちが集まっているのに気づく。

一人の女の子が松本の上着の裾を引っ張って、笑いかける。

「ね、お兄さんも愛、しないの?」

「はぁ~?」

松本が首を捻ると、子供たちは一斉に、愛だ、愛だと騒ぎ出す。

「あ、あい?」

「そう!これが愛だ!」

「愛だよ?」

「愛!」

口々に言う子供たちに困った松本は、ステップを刻むように子供たちの間を逃げ出すと、

携帯を取り出し、電話を掛ける。

「お兄さん!愛だよ~!」

遠くなる子供の声が、松本を追いかける。

「なんだ?話題になってるCM?」

呼び出し音が止み、声が聞こえると、松本は開口一番聞いてみる。

「最近、愛だって叫ぶCM、話題になってる?

「はぁ~?」

電話の向こうで女の声が、ばかにしたように響いた。



松本が磯貝の家に辿り着いたのは21時を回った頃だった。

閑静な住宅街の一軒家。

古い作りの木造住宅。

御村家に古くからいる運転手の家だ。

御村の家からも近く、歩いて5分程度。

誰もいないはずの家から明かりが漏れている。

松本は、思わずビンゴ!と微笑む。

ゆっくり近づいていくと、ワゴン車が一台、少し離れた場所に止まっている。

松本は路地に体を隠し、そっとワゴン車を観察する。

特に変わったところは見えないが、ここからでは中の様子を伺うことはできない。

通りすがりを装い、ワゴン車の横を通り過ぎてみる。

なんだ?機械?

車の前に回り込んで中を覗いてみる。

人がいる気配はするものの、人影が動く様子はない。

後ろに回ってみようと、松本がワゴン車の脇を通り過ぎると、突然ドアがスライドする。

「わっ。」

松本がびっくりして飛び退く。

「やっと登場?ずいぶん時間かかったね~。」

大野の笑顔が松本を見つめる。

「し、仕方ないだろ。ちょっと調べるのに手間取ってて……。」

「何、調べてたの?」

大野がワゴン車から降りてくる。

「え……本当に磯貝は旅行に行ってるのかどうかとか……。」

ドアが静かに閉まると、大野がニコッと笑う。

「行ってた?」

街灯に照らされた大野の笑顔に、松本はハッとして咳払いする。

「コホッ。守秘義務。」

「いいじゃん。ここまで来れたのはおいらのおかげだろ?」

大野が首を傾げて松本を見つめる。

「そ、そうだけど……。」

やっぱり、あの銀杏は大野さんか……。

「でも、勝手に手帳見ただろ!」

松本が小さく口を尖らせる。

「だから、情報は交換しあった方が効率的だって。」

大野はワゴン車に寄りかかって足をクロスさせる。

「そうだけど……。」

松本は腕を組んで考える。

情報交換……大野さん、どこまで何を知ってるのか……。

すると、松本の携帯が鳴る。

「どうぞ。」

大野が右手を出して、携帯を取るよう促す。

松本は尻ポケットから携帯を取り出すと、指で叩いて耳に当てる。

「はい。松本です。」

「あいつの笑顔に騙されるなよ?」

携帯から、低く、精悍な声が響く。

「ボ、ボス?」

松本が思わず声に出すと、大野の目つきが変わる。

「いいから、黙ってあいつに代わって。」

「あ、あいつ?」

「いるんだろ?大野。」

松本はチラッと大野を見ると、回りをキョロキョロ見回す。

「お、俺、何もしゃべってません。」

「わかってるよ。ちゃんと信じてる。でも、あいつは侮れないから。」

「わかりました……。」

松本は大野に向かって携帯を差し出す。

大野はそれを黙って受け取ると、耳に当てる。

「久しぶりだな……。」

大野の声に、携帯の向こうから笑い声が響く。

「ああ、元気でいるとは思わなかった。」

大野はポケットから煙草を取り出し、一本口に咥える。










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【愛と勇気とチェリーパイ #7 下】へ  【テ・アゲロ  the action ⑥ -13-】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【愛と勇気とチェリーパイ #7 下】へ
  • 【テ・アゲロ  the action ⑥ -13-】へ