「Deepな冒険」
Deepな冒険(やま) 翔Ver.

Deepな冒険 翔ver. ⑥

 ←Deepな冒険 翔ver. ⑤ →Deepな冒険 翔ver. ⑦
港に戻ると、雅紀君が一人で船を戻しに行った。

どうやらマリーナはもうちょっと行ったとこらしい。

「じゃ、またね。智君!」

雅紀君は手をブンブン振って帰っていく。

「うん。ありがと~!またね!マー君!」

おいらも手をブンブン振って答える。

隣で櫻井翔の、ふんっていう声が聞こえた。

船が行ってしまうと、寒さに体がブルッと震える。

近所の公園で釣りの予定が、千葉の海でクルーザーで釣り。

公園だから長袖Tシャツにジーパン。

釣りで汚れるし、匂いもつくし。

そんなカッコでこの時期の海は……寒い!

昼間はよかったんだけどな……。

「寒い?」

「寒くないわけねーだろ。」

おいらは両手で二の腕を摩る。

「じゃ、俺が温めてあげようか?」

櫻井翔の腕がおいらの肩を抱く。

櫻井翔の体はあったかい。

でも、櫻井翔の目はニヤニヤしていて、おいらをからかって遊んでるのがムカつく。

おいらはお前が遊んでるような女じゃねーし!

「ふざけるな。」

「あははは。それだけ元気があれば大丈夫だね?急いで車に戻るよ!」

櫻井翔が軽く走り出す。

おいらは走る気にはなれなかったけど……風が寒くて、結局、体を庇いながら走った。

車に乗り込むと、風がないだけで十分温かい。

でも、なぜかくしゃみが出る。

「まだ寒い?」

櫻井翔は車のエンジンをかけると、暖房を入れる。

「ん……大丈夫。ちょっと鼻水が出るけど……。」

「風邪……引かせちゃったかな?」

櫻井翔が心配そうにおいらの顔を覗き込む。

「大丈夫だって。」

おいらは笑って見せたけど、櫻井翔はやっぱり心配そうに眉を歪める。

その顔は本心?

それともずっとしていたクスクス笑いが本心?

おいらは櫻井翔の優しさを計りかねて、ちょっと困惑する。

ズズッと鼻水をすすると、櫻井翔が車を走らせる。

帰って、ちょっと飲んで寝れば大丈夫。

明日締め切りの仕事もないし……。

おいらをチラチラ見る櫻井翔は、やっぱり心配そうで……。

本当は優しいやつなのかもしれない。

芸能界なんかにいるから、優しさの示し方がわからないのかも。

「そんなに心配しなくても大丈夫だって。」

おいらが笑ってそう言うと、櫻井翔は眉を八の字にして言う。

「そうはいかないよ。俺のせいなんだから。

 だから、今晩は一晩看病させてもらうよ。」

え?看病?

おいらは目を見開いて櫻井翔を見る。

「こっちに、俺の別荘があるから。」

「べ、別荘?」

「ま、広くはないけど、一人になりたくなると、たまに来るんだ。」

別荘なんて、さすが有名人!

おいらなんて、今住んでる所も賃貸なのに……。

「すげぇな。さすがスーパーアイドル櫻井翔。」

おいらは鼻をすすりながら、窓の外を見る。

窓の外は鬱蒼(うっそう)とした森の中。

もう陽は沈み、暗くなってる。

「ね、雅紀はマー君で、俺は櫻井翔って、フルネーム?」

「え……間違ってないし……。」

「今日一日一緒にいて、それ?」

「よ、呼び方なんて、な、なんでもいいだろ?」

櫻井翔が、おいらを見て、ニヤッと笑う。

「なんでもいいんだ?じゃ、俺、あなたのこと、智って呼ぶわ。」

「な!……おいらの方が年上だぞ!」

「なんでもいいんでしょ?」

「いい……けど……。」

「不満?」

櫻井翔の高慢ちきな顔でおいらを見る。

なんだよ、その勝ち誇ったような顔は!

「じゃ、じゃ、おいらも翔って呼ぶぞ!」

「いいよ?」

また、櫻井翔がクスクス笑う。

な、なんだよ!その笑い!

「しょ、翔は……。」

い、言えねぇ!

舌かんじゃう!

「何?」

クスクス笑いの櫻井翔は、ハンドルを左に切りながら答える。

「いや……おいら、大丈夫だから、帰るよ。」

「帰るって、どこへ?」

「家だよ。」

「どうやって?」

「え?どうやってって……。」

帰りは送ってくれるんじゃねーのかよ!

「一人で帰れないでしょ?ここはなかなか車も通らないよ?

 タクシーなんて、通るわけもない。電車なんて、駅まで歩いたら半日かかる。」

「う、うそだろ?」

「うそついてどうするの?」

車が大きく左に曲がる。

「だから、観念して俺に看病されとこ?」

櫻井翔は車を止めると、サイドブレーキを引く。

「着いたよ。」

フロントガラス越しに、櫻井翔の別荘が見える。

コテージといった感じの、思ったより小さな造りに、なぜかホッとする。

櫻井翔は、車を降りると、おいらの方に回り込む。

おいらが、どうしたもんかと考えて、動けないでいると、ドアが開く。

おいらは仕方なく外に出る。

外は……やっぱり寒くて……。

体を小さくして、コテージの玄関へ走る。

櫻井翔も急いで鍵を開ける。

中に入ると、櫻井翔が玄関脇の壁に手をかける。

パチッと音がして、電気が点く。

外観は小さなコテージに見えたのに、中は意外と広くて、

玄関だけでも6畳はありそう。

遠くに見えるリビングには、暖炉まである!

櫻井翔がスリッパを出して、おいらの前に置く。

おいらは素直にそれを履き、中に入っていった。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【Deepな冒険 翔ver. ⑤】へ  【Deepな冒険 翔ver. ⑦】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Deepな冒険 翔ver. ⑤】へ
  • 【Deepな冒険 翔ver. ⑦】へ