「Deepな冒険」
Deepな冒険(やま) 智Ver.

Deepな冒険 智ver. ②

 ←Deepな冒険 智ver. ① →Deepな冒険 智ver. ③


グゥ~~。

俺は智のお腹を見て、智の顔を見る。

「っふふ。」

智はお腹を押さえて、恥ずかしそうに笑う。

「お腹空いてる?」

「……うん……空いてるみたい……。」

俯いて、うなじを撫でる智を見たら、どうしてか、ほっておけなくなってくる。

「俺も……昼、まだだから、一緒に行く?」

智がパッと顔を上げる。

嬉しそうな明るい笑顔。

俺はにっこり笑って、この間行った定食屋に向かって歩き始める。

俺に続く智を見て、やっぱりどこかで会ったことがあると思う。

どこで会ったんだっけ……。

さっぱり思い出せん。

覚えてなかったら失礼だよな。

中学の同級生?

それとも取引先の誰か?

大学のサークルは……人数多かったもんな……。

あん中にいたらわかんないよ。

俺が首を捻っていると、智がクスクス笑いだす。

「おもしろいね、翔君。一人でいろんな顔する。」

「え?あれ?そうだった?」

「うん。」

智は腕を上に上げて、大きく伸びをしながら歩く。

「どこかで……会ったことある?」

思い切って聞いてみる。

智はきょとんと、俺を見つめて笑いだす。

「いんや、初めて。会ったことないよ。」

「そっかぁ。どっかで会ったことあるような気がしたんだけどな……。

 気のせいかぁ。」

「んふふ。気のせいだよ。それか……前世で会ってるかも?」

智が片目をつぶる。

「んはは。それじゃ、記憶にないわけだ。」

智は、ハッて気づいたように手の平の匂いを嗅ぐ。

「やべっ。おいら、魚掴んで、手ぇ、洗ってない~。」

手を広げて、俺の顔の前に突き出す。

その瞬間にする、磯の香り。

生臭さ。

「やめっ。」

俺は急いで顔を引き離す。

「翔君、この匂い、苦手?」

「苦手じゃないけど……臭くない?」

「臭いけど……きらいじゃない。」

智がまた、手の平の匂いをクンと嗅いで、臭そうな顔をする。

「臭いんじゃん。」

「んふふ。臭い~。」

俺らは笑って階段を上っていく。

そんな風に、他愛もない話をしていたら、あっという間に定食屋に辿り着く。

「ここ。旨いから。」

昭和の魚屋を思わせる、店構え。

どう見ても、木造住宅。

俺が先に引き戸を開ける。

帽子を目深に被りなおした智が、俺に続く。

もう昼の時間は過ぎていたから、店内はガランとしている。

「二階……いいかな?」

レジの女の子にそう言うと、ニコッと笑ってどうぞと手を差し出す。

俺らは並んで二階に上がっていく。

智はキョロキョロしながら、壁のポスターやら、オススメメニューやらを見ている。

二階には誰もいなくて、俺ら二人の貸切状態。

すぐに女の子がお冷とおしぼりを持ってくる。

当然、限定の海鮮丼はなくなってたから、俺は刺身の定食を頼む。

「何にする?」

俺が聞くと、口を尖らせ、眉間に皺を寄せて、真剣にメニューとにらめっこしてる智が、

「カキフライ定食……。」

ぼそぼそと小さな声で言う。

「かしこまりました。」

女の子は笑顔を残して戻っていく。

俺はタバコを出して、火を点ける。

「二階は、これが吸えるから。」

口から煙を吐きながら言うと、智がちょっともそもそする。

「あ、吸う?」

タバコの箱を智に差し出す。

「……いや……いい。」

タバコに手を伸ばしかけて、引っ込める。

「吸わないの?」

「うん……昔は吸ってたんだけど……やめた。」

「やめれたんだ。すごいね。俺は、一生無理。」

タバコを口に咥え、大きく吸い込む。

肺が膨らみ、入っていくのがわかる。

「翔君は……何の仕事してるの?」

「俺?俺は、普通のサラリーマン。」

「普通のって?」

「う~ん、研究・開発って言ってもわかんないよね……。アルミ蒸着の開発をしてるんだ。」

「アルミ……じょうちゃく?」

「アルミはわかるよね?」

「うん。缶ジュースの?」

「そうそう、そのアルミを細かくして吹き付ける……レトルトパウチの銀の入れ物。

 ああいうのを作ってるんだよ。」

「へぇー、難しそう。」

「ははは。そんなに難しくもないんだけど……。」

興味深そうに、俺の話を聞く智にドキッとしてタバコを口へ運ぶ。

キラキラと輝く目で俺を見る智が……可愛く見える。

どう見ても、俺より年下だよな……。

年下の男の子を可愛いと思うのは正常……?

うん。正常。

可愛い男の子を可愛いと思うのはしょうがない。

年下だから、可愛がってあげたくなる。

ほっておけなくなる。

先輩後輩な感じ?

また、俺の顔を見て、智がクスクス笑う。

「なんだよ。」

「別に。」

クスクス笑い続ける智がまた可愛く見えて、俺はタバコを灰皿にねじ込む。

なんだよ。クスクス笑われても可愛いじゃねーかよ!

そんなところへ、女の子が注文を運んでくる。

目の前に並べられた定食に、智の目がさらに輝く。

すると、女の子が、あれ?と首を傾げる。

それに気づいた智が、下を向いて顔を伏せる。

「これでご注文はお揃いですね?帰りに声を掛けてください。」

そう言って、女の子は智を気にしながら戻っていく。

あの子も智を知ってる……?

智は女の子がいなくなると、そっと顔を上げ、割り箸を割る。

美味しそうに、味噌汁を飲む智を見て思う。

もしかして……智は有名人?










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【Deepな冒険 智ver. ①】へ  【Deepな冒険 智ver. ③】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Deepな冒険 智ver. ①】へ
  • 【Deepな冒険 智ver. ③】へ