「ココロチラリ」
ココロチラリ 田舎編

ココロチラリ 田舎編 (24) - タイムカプセル side story -

 ←Love so sweet №57 →ココロチラリ 田舎編 (25) - タイムカプセル side story -
「いいの?本当にこのまま世間体にしばられて、この二人を認めなくても。」

佳代子さんが言うと、みんな、何も言わずに顔を伏せる。

「俺は……。」

ショウ君が広間に向かって小さくつぶやく。

みんなが一斉に振り返る。

「俺は、小さい頃からサトシが好きでした。

 穏やかで優しくて、でも優しいだけじゃない、芯の強さもあって……。

 そんなサトシが大好きでした。

 いつか、そんな気持ちもなくなるのかな……と、思ったこともないわけじゃない。

 でも、その想いはどんどん強く大きくなって……。」

ショウ君がおいらを見つめる。

おいらもじっとショウ君を見つめる。

おいらも同じ。

ショウ君と同じように、この想いに悩んで、

でも、この想いはいつまで経っても消えなくて……。

それどころかどんどん好きになって……。

「本来なら、ここに連れてくるのは結婚を決めた相手。

 日本の法律ではサトシと結婚することはできません。

 子孫を残すこともできない。

 僕たちの関係が、自然の摂理に反していることも重々承知しています。

 でも、この想いを消すことは、どうしてもできなかった……。」

また、ショウ君がおいらを見る。

おいらはゆっくりうなずく。

おいらの気持ちも同じだから。

「最初は反対していた父も、最後は認めてくれました。」

おおーっという喚声が広間に広がる。

注目を集めたショウ君のお父さんは、ちょっと周りを見回して、小さく咳払いする。

「父は……小さな頃からの僕達を見ていたから……。

 その父に言われました。

 堂々と連れて行け。それがお前の気持ちならばと。

 父に背中を押され、僕もその通りだと思い、ここに来ました。

 僕たちには紙の契約もありません。

 世間で言ったら、いつまでもただ付き合ってるのと同じこと。

 だからこそ、深い愛情が必要なんです。

 経済的な理由も、環境的な理由も一切なく、ただ愛情だけで繋がっているんです。

 そんな僕たちを、認めてはもらえませんか?

 認めないまでも、煙たがらないで欲しい。

 これが、僕たちの選んだ未来なんです。」

最後まで堂々と、ショウ君は前を向いて話した。

おいらは、そんなショウ君を見て、今にも泣きそうだった。

ショウ君……ありがとう。

ショウ君がそう思ってくれるだけで、そう言ってくれるだけで、

おいらどんな結果になっても満足だよ。

すると、佳代子さんがパチパチと手を叩いた。

続いて、ショウ君のお母さんと千賀子さん。

舞香さんと飛鳥ちゃんと沙良ちゃん。

ショウ君のお父さんと一茂おじさん、ショウ君の従兄弟達。

どんどん拍手の輪は広がって、広間中が拍手の渦に変わる。

最後におじいさんがゆっくり手を叩く。

襖の陰に目をやると、ジュン君達3人も力いっぱい手を叩いてる。

マー君なんて、手が千切れちゃうんじゃないかってくらい思いっきり。

カズは優しい顔でおいらを見てる。

「どうだろう。過去の過ちは全て私のせいだ。

 私は、血の近い結婚が不幸をもたらすことを経験していた。

 誰も不幸にしたくなかったから、一茂と紀子の結婚に反対したが……。

 それが返って二人を不幸にしてしまった。

 もう、そんな過ちは繰り返したくはない。

 二人が……自分達の置かれた立場をこれだけ理解し、それでも先へ行こうとするなら、

 私は応援してあげたいと思っている。

 みんなはどうかな?」

おじいさんがゆっくりと、本当にゆっくりと広間中を見回す。

一人ひとりの顔を見て、確認するように。

誰も、異議を唱える人はいなかった。

みんな小さくうなずきながら、おじいさんを見てる。

あの、キモいと言った男の人もうなずいてくれてる。

「異論は……ないようだな?」

みんな一斉にうなずく。

そして、おじいさんがおいらに視線を向ける。

不思議な沈黙が流れる。

おいらの……言葉を待ってる?

広間中の人がおいらに視線を合わせてる。

おいらが戸惑ってショウ君を見上げると、

ショウ君は、本当に優しい顔で、おいらを見つめてる。

おいらは困って、カズ達に助けを求めようと襖の陰を見て、え?と驚く。

3人が……変顔……してる?

ジュン君、あんなにイケメンなのに。

カズ、どうやったらそんな顔できるの?

マー君の顔なんて、原型がない!

おいらはあんまりのことに驚いて、目をパチパチさせると、隣のショウ君を見る。

ショウ君は3人にまったく気づいてない。

もう一度3人を見ると、3人はまだ変顔をし続けてる。

おいらは思わずクスリと笑う。

笑ってショウ君を見上げる。

ショウ君は、うん、とうなずいて、おいらの手を握る。

おいらは大きく息を吸って、前を向く。

「こんなおいらですが……ショウ君と……歩いていこうと思っています。

 よろしくお願いします。」

おいらは深々と頭を下げた。

ショウ君も少し遅れて頭を下げる。

広間から拍手が沸き起こり、おいら達は頭を上げる。

「幸せにね。」

佳代子さんが、拍手にかき消されないように叫ぶ。

「よかった……本当によかった……。」

ショウ君のお母さんが、感慨深そうに手を叩く。

「おめでとう。ショウちゃん。」

千賀子さんも嬉しそう。

おいら達は顔を見合わせて、照れたように笑う。

自分達のことを認めてもらえることが、こんなに嬉しいなんて……。

襖の陰に目を向けると、3人が親指を立ててニコニコ笑ってる。

ありがとう。

みんなのお陰だよ。

おいらがもう一度ショウ君を見ると、ショウ君は感無量といった感じで……。

うっすらと目を潤ませて、おいらをぎゅっと抱きしめた。

おいらもぎゅっと抱きしめ返す。

体を離したショウ君が、顔を斜めに傾けた。

え?これって……。

おいらがそう思った瞬間、ショウ君の唇がおいらの唇に重なる。

「こら!ショウ!人前で何やってるんだ!」

ショウ君のお父さんの怒鳴り声が響いた。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【Love so sweet №57】へ  【ココロチラリ 田舎編 (25) - タイムカプセル side story -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Love so sweet №57】へ
  • 【ココロチラリ 田舎編 (25) - タイムカプセル side story -】へ