ナイスな心意気(5人)

ナイスな心意気 ⑪

 ←愛と勇気とチェリーパイ #6 下 →イチオクノホシ ~ Sleeping Beauty ~ ①


こんにちは。

僕です。

ショウです。

お忘れかもしれませんが、ゴールデンです。

血統書付です。

毛をなびかせて走る姿に、サトシも溜め息つきます。

……すみません、嘘つきました。

フリスビーは得意です。

相手が人間のショウじゃなければ。

そして、結構いい男です(笑)

いい男の定義がどこにあるかは……本人の主観ということで。

それはさておき、ここのところ雨続きで、散歩に行くのが大変です。

雨だとサトシは付いてきてくれないし……。

マサキが合羽を着せてくれるけど、お腹はびちゃびちゃで、

結局、帰ってくるとシャワーを浴びることになってしまい……。

俺はいいけど、マサキががシャワーで遊びたくなっちゃうから、長い!

え?遊びたくなるのは俺だって?

違う違う!

俺がマサキの相手をしてあげてるの!

マサキは彼女もいない三十路男。

俺が癒してあげないとね?

日々、仕事と俺らの世話に明け暮れて、本当に大丈夫なのかと心配になってきます。

ね?サトシも心配だよね?



なんて、一人ソファーの下で、寝そべりながら考えている俺は、

顔を上げてサトシを見上げる。

本棚の上のサトシは大きなあくび。

小さな口を顔いっぱいに広げるサトシに、クスッと笑って、窓に視線を移す。

今日は、ここ数日なかったようないい天気。

マサキがニコニコしながらリードを持ってやってくる。

「ショウ!散歩!」

俺は喜んでマサキの隣に走っていく。

それを見たサトシが、ピクッと耳を立て、本棚の上から飛び降りた。

スタッと前足で着地するサトシ。

なんて軽やかなんだろう。

俺が惚れ惚れ見とれていると、サトシが小さな声で鳴く。

「おいらも行く。」

サトシはマサキの足元に体を摺り寄せる。

「何?サトシも行きたいの?久しぶりのお天気だもんね~。」

マサキが嬉しそうにサトシのリードを取りに行く。

「サトシも散歩なんて久しぶりだね。」

俺は、鼻先でサトシの体を俺に寄せる。

サトシは俺の鼻をスルッとすり抜けて、玄関に向かって歩いていく。

「家で留守番はたいくつ?」

俺は嬉しくて、クスクス笑いながらサトシの後を追う。

「おいら、ウチでジュンと遊んでてもいいんだけど?」

チラッと振り返ってニヤリと笑うサトシ。

「そんなこと言うなよ~。」

俺が小さく鳴くと、マサキが二匹分のリードを持ってやってきた。

「さぁ、散歩に行こ~。」

鼻歌交じりのマサキが、俺とサトシにリードを付ける。

久しぶりの天気に、マサキが一番嬉しそう。



俺たちは玄関を飛び出して、いつもの散歩コース。

サトシは相変わらず、マサキの胸から降りてこない。

本当に、それで散歩の意味があるのかな?

俺はゆっくり歩く。

久しぶりの散歩。

堪能しなくちゃ。

すると、どこからか、甘い香りが鼻をつく。

サトシの匂いじゃないよ。

サトシの匂いも甘いけど、全然違う匂い。

サトシも気づいたのか、ツンと鼻を上に向ける。

マサキはニコニコで、足取りも軽くいつもの角を曲がる。

少し歩くと、マサキもその匂いに気づいたらしい。

ニコニコ笑っていたマサキの顔が、少し上を向いて、優しい顔になる。

「どうしたの?」

俺が声を掛けると、マサキは俺の顔を見て、クスッと笑う。

「いい匂いだね。俺の大好きな匂い……。」

マサキが嬉しそうな、でも切なそうな顔で空を見上げる。

青い空はとても遠く、陽射しはだいぶ柔らかい。

甘い匂いはどんどん強くなっていく。

その道の一番端まで来ると、むせ返るような甘い匂いに息を呑む。

「ああ、ここで咲いてたんだね。」

マサキは一番端に咲いている1本の木の前で足を止める。

「また、この季節……金木犀の季節。」

マサキは小さな黄色い花に手を添えて、優しい顔で笑う。

俺も顔を近づけて、花を見る。

小さな花がいくつも肩を寄せ、オレンジ色のきれいな花を咲かせている。

サトシには匂いがきつ過ぎるのか、鼻をマサキに押し付ける。

「なんだ、サトシはこの匂い、好きじゃない?」

マサキが胸のサトシの顔を覗き込む。

「人間のサトシは好きなんだけどな……。」

マサキは困ったように笑って、サトシをぎゅっと抱きしめる。

「苦しい!」

サトシは小さく鳴いて、マサキの胸から飛び降りる。

「サトシ!」

マサキがリードを引っ張っても、

「嫌だ、歩く。」

と、胸に戻る素振りはない。

「ごめん、ごめん。苦しかった?もうしないから。」

サトシはこの場から離れたいようで、俺らの先を一匹で歩いていく。

「ごめんてば!」

マサキは何を言っても振り向いてくれないサトシに、肩をすくめながら付いていく。

「……あの匂いには思い出があるんだよ。」

マサキが懐かしそうに笑う。

でも、ちょっと眉が寄ってる。

切ない思い出なの?

「もう、ずっと昔……中学生の頃……。」

マサキはそれ以上、何も言わずサトシの後をついていく。

いつも曲がる道で、サトシは曲がらずまっすぐ歩く。

「サトシ!どこ行くんだよ。」

俺が聞くと、サトシはチラッと振り返って、フンと鼻を上げて歩き続ける。

マサキも仕方なさそうに付いていく。

「マー君!」

声のする方に顔を向けると、人間のサトシがびっくりしたように、

でも、嬉しそうに立っている。

「サトシ!」

マサキは複雑そうな顔で、人間のサトシを見つめる。

びっくりと嬉しさと苦しさと……。

いろんな感情がまぜこぜになったような顔。

「みんなで散歩?いいね。」

人間のサトシがふにゃりと笑う。

「うん……久しぶりのお天気だから。」

マサキはいつものマサキの笑顔で、それがちょっと切なく感じるのは俺だけ?

さっきまで歩いていたサトシが、ぴょんとマサキの膝に飛び乗って、駆け上がる。

「おわっ!いきなり来るなよ~。」

マサキは笑いながらサトシを胸で抱く。

「うふふ。サトシ君、相変わらずだね。」

人間のサトシがマサキに近づいてくる。

「懐かしい匂いに誘われて来たら、マー君に会えた。」

人間のサトシは、サトシの鼻を人差し指で撫でる。

「覚えてる?中学の金木犀……。」

「うん……覚えてるよ。」

マサキがまた複雑な顔をする。

「懐かしいよね……。」

人間のサトシがふにゃりと笑うと、

サトシがマサキの胸を上って、マサキの唇を小さく舐めた。

「ふふふ。チューみたい。サトシ君はマー君が大好きなんだね。」

「いつもは全然してくれないんだよ。

 ウチのサトシは気まぐれで、ツンデレ。」

二人は笑って空を見上げる。

金木犀の香りと高い高い空。

「じゃ、おいら行くね。」

「うん。」

人間のサトシが行ってしまうと、マサキがサトシを両手で顔の前まで持ち上げる。

「なんだよお前。なんでも知ってるみたいなことするなよ。」

「マサキがあんな顔するからだろ?」

サトシがそう言うと、マサキはサトシにチュッと唇を当てる。

サトシはすかさず、マサキの顔を前足で押し返す。

「痛っ!サトシ、爪立てちゃダメ!」

マサキの顔に小さな赤い後が二つ。

「おいらの嫌がることするのが悪い。」

サトシに睨まれても、嬉しそうなマサキの顔。

俺もマサキの足に体を寄せる。

「ああ、ごめん、散歩、散歩。」

マサキが歩き出すと、またあの甘い匂い。

「ね?サトシ!俺にも帰ったら、チュー。」

「嫌だね。」

「なんで?」

「ショウちゃんの鼻、冷たいんだもん。」

「それはサトシも同じだろ!」

俺らは一人と二匹で散歩を続ける。

金木犀の匂いをかぎながら。










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【愛と勇気とチェリーパイ #6 下】へ  【イチオクノホシ ~ Sleeping Beauty ~ ①】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【愛と勇気とチェリーパイ #6 下】へ
  • 【イチオクノホシ ~ Sleeping Beauty ~ ①】へ