FC2ブログ

「ココロチラリ」
ココロチラリ 田舎編

ココロチラリ 田舎編 (23) - タイムカプセル side story -

 ←ハダシの未来 ~ やま ~ →愛と勇気とチェリーパイ #6 上

すぐに佳代子さんは戻ってきた。

若い女性と女の子を連れて。

マー君が小さな声で、あっと目を見開く。

「おじいさん、一兄ちゃん。」

佳代子さんが二人を前に立たせると、女性と女の子が頭を下げる。

長い髪の、線の細い大人しそうな女性。

白いワンピースがよく似合う。

その隣で、おかっぱ頭がかわいい7、8歳くらいの女の子は赤いワンピース。

お辞儀から上げた顔を見て、親戚の中の数人が息を呑む。

「……紀ちゃん?」

また、ざわざわしだす広間。

一茂おじさんは呆然と、ただ女性を見つめている。

おじいさんの顔からは何も読み取ることはできない。

おいらは、ショウ君の肘をそっと摘む。

ショウ君は、おいらを見て、ニコッと笑う。

そして、大丈夫だからと言う様に、ゆっくりうなずき、おいらの手を握る。

「舞香さんと飛鳥ちゃん。」

佳代子さんが、みんなに向かって紹介する。

「紀姉ちゃんの娘さんとお孫さん。」

舞香さんと紹介された女性は、緊張した面持ちでもう一度、軽く会釈する。

年配の親戚たちがざわざわし始める。

「まさか……。」

男性の声ががそう言うと、ショウ君のお母さんがそれに答える。

「そう。一兄ちゃんの娘よ。」

一段とざわざわする中、一茂おじさんは舞香さんを見つめ、目を見開く。

「紀ちゃんは……。」

一茂おじさんがつぶやくと、佳代子さんが首を横に振る。

「母は、3年前に亡くなりました……。」

舞香さんの声が広間をシーンと静かにする。

一茂おじさんは、愕然と舞香さんを見つめ、

おじいさんは目を瞑って、腕組みをする。

「私が……苦労かけたから……。」

舞香さんは目を伏せて、繋いでいた飛鳥ちゃんの手をぎゅっと握る。

「そんなことない。そんなこと言うもんじゃない。

 そんなこと言ったら……紀姉ちゃんが悲しむ……。」

佳代子さんが舞香さんを抱きしめるように腰に手を回す。

「……はい。」

舞香さんはその手に力づけられるように話し始めた。

「母は……女手一つで私を育ててくれました。

 病気がちだった私を育てるのは大変だったと思います。

 でも、いつも笑って私の手を握ってくれました。

 おかげで私は体が弱いなりに成長し、主人と巡り会い、飛鳥を産むことができました。」

舞香さんはここで一度溜め息をつくと、飛鳥ちゃんを見つめ、優しく笑う。

「3年前、母が亡くなる時、父の話をしてくれました。

 小さい頃から、聞けば話してくれたんですが、具体的な話は初めてで……。

 私の中では父は死んだものと思っていました。」

舞香さんは広間を見渡し、一茂おじさんを見つけると、小さく微笑む。

「……爪の形がそっくりなんだと……私の手を撫でながら……。」

確認するように自分の手をじっと見ると、話を続ける。

「その時、父が生きていることと、この家のことを知りました。

 でも、すぐに連絡する気にはなれなくて……。

 半年前、やっと決心がつき、ここに来てみました。飛鳥を連れて。」

舞香さんは飛鳥ちゃんと繋いだ手を見て、ニコッと笑う。

「そこで、佳代子さんに会ったんです。」

佳代子さんは舞香さんの隣で、大きくうなずき、

抱いたままの手で、舞香さんの肩を撫でる。

「会ってびっくりしたのよ。若い頃の紀姉ちゃんにそっくりだったから。」

佳代子さんは舞香さんを見ながら話す。

「すぐに二人に連絡して……。」

佳代子さんが、千賀子さんとショウ君のお母さんを見ると、二人もゆっくりうなずく。

「今日、来てもらったの。みんながいる時がいいでしょ。

 一兄ちゃんが申し訳なくて、会えないって言う心配もあったし。」

佳代子さんの言葉で、一斉にみんなが一茂おじさんに視線を移す。

「……本当に……紀ちゃんはもういないんだね?」

一茂おじさんの言葉に、舞香さんがうなずく。

おじさんの目がじわっと潤んで、必死で涙を堪えるおじさんが、

おいらの知らない若い頃のおじさんのようで、おいらはショウ君の腕をぎゅっと握る。

「……どこかで……幸せになってると思ってた……。」

おじさんは堪え切れず、涙を流す。

「みんな、また同じことを繰り返すの?」

ショウ君のお母さんが、親戚中を見回して言う。

「ルールや世間体に縛られた挙句がこれなのよ。」

「もう、やめましょう。」

千賀子さんがおじいさんの顔をじっと見る。

ショウ君のお母さん、佳代子さんもおじいさんを見る。

「おじいさん……。」

佳代子さんが言うと、おじいさんは瞑っていた目を開け、組んでいた腕を解く。

「すまなかったね……。苦労をかけて。」

舞香さんは首を横に振り、おじいさんを見つめる。

「紀子にも……一茂にも、謝らなければいけない……。」

おじいさんはおもむろに、舞香さんと飛鳥ちゃんの方に向かって座りなおす。

「すまなかった……。」

おじいさんが頭を下げると、舞香さんが駆け寄って、おじいさんの肩に手を添える。

「やめてください。母もおじいさんを責めてはいませんでした。

 あの時は仕方なかったと……そう言っていました。」

顔を上げたおじいさんは、目を細めてつぶやく。

「紀子……。」

おじいさんの目にうっすら光るものが浮かぶと、

ショウ君がおいらの肩をぎゅっと抱きしめた。










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【ハダシの未来 ~ やま ~】へ  【愛と勇気とチェリーパイ #6 上】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ハダシの未来 ~ やま ~】へ
  • 【愛と勇気とチェリーパイ #6 上】へ