「ココロチラリ」
ココロチラリ(やま)【41~57】

ココロチラリ その後(51) - タイムカプセル side story -

 ←ココロチラリ その後(50) - タイムカプセル side story - →ココロチラリ その後(52) - タイムカプセル side story -


「サトシ君。……とても……とても素晴らしい作品の数々で……。感動した。」

お父さんがおいらに近づき、右手を差し出す。

おいらはそれを両手で受け止め、ぎゅっと握ってお父さんの顔を見上げる。

「幼い頃から見ていた君が、こんな芸術家に成長するとは思ってもみなかった。」

「……ありがとうございます。」

おいらはにっこり笑って、もう一度、ぎゅっと手を握る。

「どれもこれも素晴らしいかった……どの時代も、君の葛藤や苦しみ、

 喜びや温かさ、時にはユーモアまでも溢れていて……。」

お父さんはゆっくりと丁寧に話してくれる。

「涙が出そうになる。」

「お父さん……。」

「そして、なぜか、描かれているわけでもないのに、ショウの存在を感じた。」

おいらはちょっと首を傾げて笑う。

そう、いつでも、おいらの感情の近くにショウ君がいる。

喜びにも、悲しみにも。

「……おいらの心の中には、いつでもショウ君がいるから。」

お父さんは、そっとおいらの手を離して、最後のブースの方へ目をやる。

「特に最後のSakuraという絵……胸に染みるものがあった。」

周りでおいら達を見ていた、父ちゃん達も目を細めてうなずく。

「君も、君の才能も……私は認めているし、前にも言ったが自慢にも思っている。

 そう、息子のように。」

おいらは、ただお父さんの言葉を黙って聞いた。

お父さんに、おいらの気持ちは十分伝わったことがわかったから。

でも、お父さんは顔を強張らせたまま、表情を変えない。

「本当に……あんなバカ息子と……一緒にいる気なのか?

 例え、想いが通じ合っているといっても、茨の道は必至だ。」

おいらは、お父さんを見つめ、大きくうなずく。

「君にだって好きな女性ができるかもしれない。

 それに……男女間だって、ただ好きという気持ちだけでは成り立たないのが現実だ。」

おいらは意思を込めてお父さんを見つめる。

「それがあのバカ息子が相手だ。苦労するに決まってる。

 君のその才能まで潰してしまうかもしれない……。

 君とお互いを高め合っていく、そんな相手がこれから現れるかもしれないよ。」

「おいらは……高め合っていくとか……いいです。

 ずっと……悩んできました。それこそ、10年以上。」

おいらは今までを思い出して、クスッと笑う。

「この気持ちをショウ君に拒否されたらどうしよう。

 幼馴染として、近くにいることもできなくなる……。

 そう思うと、伝えることもできなくて。

 だから、こんなに時間がかかってしまった。」

おいらは小さく息をつき、お父さんを見上げる。

「おいらに才能があるかどうかなんてわからない。

 あるとすれば……ショウ君を好きでい続けられるという才能……。それだけです。」

「サトシ君……。」

お父さんがおいらの肩に手を掛けて、引き寄せる。

「ありがとう……。そんなにショウのことを想ってくれて……ありがとう。」

おいらを抱きしめるお父さんの温もりが伝わってくる。

ショウ君に近い体温と、ショウ君に似た匂いがおいらを包む。

「お父さん……。」

チラッとお母さん達を見ると、みんな、嬉しそうに微笑んでる。

おいらはやっと安心して、お父さんの背中に腕を回し、伝わった喜びをかみ締める。

「ふざけるな!クソ親父!サトシから離れろ!」

ショウ君の声にびっくりして振り返ると、物凄い勢いで走ってくるショウ君が、

おいら達の間に腕を入れ、おいらをお父さんから引き離した。

「ショウ!」

お母さんの悲鳴のような声が響く。

「油断も隙もない。」

ショウ君はおいらを自分の後ろに隠して、お父さんを睨み付ける。

「黙って聞いてれば、何がお互いを高め合う、だ!そんなのクソくらえ!

 俺はサトシがいてくれればそれでいい、それ以上でもそれ以下でもない!」

遅れて、マー君、ジュン君、カズがやってくる。

「ごめん。サトシ!せっかくいい雰囲気だったのに……。」

マー君がすまなそうに頭を掻く。

「隣のブースでずっと様子を伺ってたんですけど……。」

カズは肩をすくめて首を傾ける。

「もうちょっと、待てって止めたんだけど……。」

ジュン君も溜め息交じりにチラッとショウ君を見る。

「な、なんだよ。クソ親父がサトシを抱きしめながら匂いなんて嗅ぐから!」

「い、いつ匂いなんて嗅いだ!」

お父さんがショウ君に食って掛かる。

ああ、ショウ君、ケンカはダメだよ~。

「嗅いで、鼻の下伸ばしてたくせに。」

「な、なんだと!」

「それとも、サトシの匂いに気づかなかったとでも言う!?」

「そ、それは……。」

「ほら、やっぱり!」

「う、うるさい!お前に言われる筋合いはない!お前だって、なんだ。

 あれくらいで飛んでくるとは。ああ、サトシ君もとんだヤキモチ焼きで、苦労するわ!」

「何だと!」

「二人とも!」

おいらとお母さんは、二人の間に入って引き離す。

「いい加減にして。みっともない!」

お母さんが目を三角にしてお父さんを睨み付ける。

ショウ君の怒った顔はお母さんゆずりらしい。

空気がシーンと静まりかえる。

「ま、でもこれで、ショウちゃんのお父さんにも認めてもらえて、

 サトシ、よかったね。」

マー君が固まった空気を和らげるように、おいらの隣にやってくる。

認めてもらえたと思って……いいのかな?

「私はまだ認めたとは……。」

「もう認めたようなもんでしょ?おじさん。」

ジュン君がお父さんの隣に並ぶ。

「それともサトシに不服がある?」

カズがおいらの父ちゃんと母ちゃんを見ながら言う。

「そんなことは……。」

「じゃ、いいのね?あなた?」

お母さんが優しい笑顔でお父さんに詰め寄る。

「う……う~。」

「よし!決まった!おめでとう!サトシ!」

「いや、認めたわけじゃ……。」

お父さんが困ったようにそう言ったけど、誰もそれを聞いてあげない。

「おめでとう!」

「おめでとう!」

マー君、ジュン君、カズが、ニコニコしながらおいらの手を握る。

「え?……いいのかな?」

おいらが小さくつぶやくと、カズがウィンクして見せる。

「いいんですよ、このままOKもらっちゃえば。」

カズも小さな声で笑う。

「そうそう。」

マー君がおいらの肩に腕を回す。

「空気?流れ?作ったもん勝ち。」

ジュン君はおいらの腰に手を添える。

「待て待て。」

ショウ君がやってきて、みんなを蹴散らそうとすると、

ジュン君がショウ君の手を握って、大きな声でおめでとうと笑う。

「おめでとう!」

「おめでとう!」

マー君もカズもショウ君の腰や、肩を叩き、一気におめでとうで包んでいく。

それを見ていた父ちゃんと母ちゃんは顔を見合わせて笑ってる。

お母さんと……お父さんも。

ショウ君がマー君達におめでとう攻撃を受けてるのを見て、おいらはお父さんの前に行く。

「本当に……いいんですか?」

お父さんはプイッと顔を逸らして、小さくつぶやく。

「仕方ない……。」

本当に、素直じゃないとこ、ショウ君にそっくり。

「ありがとうございます!」

おいらは深々と頭を下げた。

それに気づいたショウ君も、おいらの隣に並ぶ。

「……ありがとう。」

ショウ君も深々と頭を下げる。

「……喜ぶのはまだ早い……。」

「え?」

ショウ君が頭を上げてお父さんを見る。

「クソ親父、まだ何か……。」

「櫻井家のしきたりだ。仕方ないだろう?」

お父さんは気のせいか、ちょっと意地悪な顔をする。

「盆に親戚一同が集まるのはショウも知っているな?」

ショウ君がうなずくと、お母さんがおいらの隣にやってくる。

「おじいさんにお披露目して、お許しをもらわないと……。」

お母さんが静かに言う。

「櫻井家では認められないの。三十数年前、お父さんもやったのよ?」

お母さんが懐かしそうにお父さんを見る。

「おじいさんは……怖いぞ……。」

お父さんは楽しそうに笑う。

おいら達、結婚するわけじゃないのに……やっぱりそれはやらなきゃいけないの?










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【ココロチラリ その後(50) - タイムカプセル side story -】へ  【ココロチラリ その後(52) - タイムカプセル side story -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ココロチラリ その後(50) - タイムカプセル side story -】へ
  • 【ココロチラリ その後(52) - タイムカプセル side story -】へ