FC2ブログ

「ココロチラリ」
ついておいで(やま)

ついておいで 上 - ココロチラリ side story -

 ←ココロチラリ その後(40) - タイムカプセル side story - →ついておいで 中 - ココロチラリ side story -
「櫻井さぁん。」

会社の前で声を掛けられた。

先月入ったばかりの派遣の女の子。

にっこり笑った顔が可愛いとみんなが騒いでたっけ。

「ああ、おはよう。」

俺はチラッと見て挨拶だけする。

まあ、可愛いけど大したことはない。

サトシと比べれば。

「あのぉ、昨日頼まれた資料なんですけどぉ。」

そのしゃべり方、なんとかならないのか?

俺はそのまま会社のエントランスを通過する。

「待ってくださぁ~い、櫻井さぁ~ん!」

エレベーターで追いつかれ、一緒に乗り込んでくる。

朝から、そういう顔で見られるの、気分が悪くなる。

「ひどいですぅ。先に行っちゃうなんてぇ。」

小首を傾げて俺を見上げる。

それがお前の決めポーズ?

俺はふふんと鼻で笑う。

同じポーズをサトシがやったら、俺は一日仕事が手につかなくなるな……。

俺が笑ったのを勘違いしたのか、嬉しそうに手を伸ばしてくる。

「ネクタイ、曲がってますよ。」

そう言って、ネクタイに手を掛けようとするのを払いのける。

朝、サトシに直してもらったものを、こんな女に触らせるか。

「大丈夫。自分で直すから。」

ネクタイを自分で直すと、その様子をじっと見ていたその子がボソッと言った。

「櫻井さん、女に興味ないって本当なんですね。」

え?そんな噂が出回ってるのか。

「そんなことないよ。ただ、今は好きな人がいるからね。他は眼中ないだけだよ。」

「好きな人?どんな人なんですかぁ?」

そこでちょうど、エレベーターが止まる。

「どんな?……一言では言えないな……魅力的すぎて。」

俺はニヤッと笑ってエレベーターを先に降りる。

続いてその子も降りてきた。

「そんな素敵な人なら……会ってみたいな……。」

もったいなくて会わせられるか。

「そのうち、機会があったらね。おはよう!」

俺はチームのメンバーに挨拶すると、自分の席に座り、パソコンを立ち上げた。



「すまない櫻井!昨日話してた件、急遽、今日会うことになったんだ。」

「よかったじゃないか。会ってくれるって?」

同期の内山が腕組みしながら、俺の隣に立つ。

「そうなんだよ。で、昨日お願いしてた資料、もうできてる?」

「ああ、大体できてるけど……。」

俺は鞄を出して中に手を入れる。

鞄の内ポケットに入れてあるはずのUSBを探すが、見当たらない。

そうだ。昨日家で続きをやって、パソコンに刺しっぱなしだ。

「悪い。家に忘れた。」

「まじか。」

「ちょっと、待ってて。確認してくる。」

俺は携帯を持ってフロアを出る。

今朝の女の子が俺を目で追っているのがわかったが、そんなのにかまってる暇はない。

そのまま廊下でサトシに電話を掛ける。

「もしもし?どうしたの?」

サトシの優しい声が響いてくる。

無機質な廊下に、春の風が流れる。

「ああ、仕事中?ごめんね。」

「ううん、大丈夫。もうすぐ家、出ちゃうけど。」

んふふっと笑うサトシの声が耳にくすぐったい。

「じゃ、俺のパソコン、見れる?」

「待ってね……うん、あるよ。」

「脇にUSB刺さってない?」

「うん。ついてる。」

「ああ、やっぱりか。今から取りに戻るから。」

「え?今から?……おいら、新橋まで行くから、持って行こうか?」

俺は考える。

往復するよりは時間が短い。

もう一度、見直さなくちゃいけないから……。

「お願いしてもいいかな?駅に着いたら電話して。取りに行くから。」

「わかった。今から出るから1時間もかかんないよ。」

「ありがと。助かる。」

俺が携帯を切って振り向くと、今朝の女の子が立っていた。

「彼女と同棲中ですか?」

「関係ないだろ。」

俺は彼女の隣をスタスタと通り過ぎる。

「彼女が持ってきてくれるんだ。」

声が聞こえたが、俺は一人でフロアに戻る。

絶対会えないここで、サトシに会えるのが嬉しくて、ちょっと気持ちが浮ついてくる。

机の上の書類の山ですら、愛おしく見えるから不思議だ。

お昼、一緒に食べられるかな?

俄然、やる気が出てくる。

次々、書類に目を通していくと、斜め前に座る岡林がニヤニヤしながら俺を見る。

「なんだよ。気持ち悪いな。」

「気持ち悪いのは櫻井さん。何ニヤついてるんですか?」

「え?俺、ニヤついてた?」

「ニヤついているというより、デレてる?すべてが垂れてますよ。顔。」

俺は両頬に手を当て、グイッと押し上げる。

まずい。サトシのことになると、すぐ顔に出ちゃうから。

「いいから、ほら、仕事しろ。」

顔を直し、岡林と共に仕事に戻る。

1時間後が待ち遠しい。



俺が打ち合わせから戻ってくると、携帯が光っていた。

あ、サトシ、もう着いたのかな?

携帯を開いてみると、着信は5分前。

「俺、ちょっと出てくるから。」

岡林にそう言って、俺はエレベーターに駆け込んだ。

サトシを一人で立たせてたら、涎を垂らした狼が寄ってきちゃう。

急いで1階に降り、エントランスを抜けようとしたら、受付にサトシがいるのが見える。

「サトシ!」

駆け寄ると、サトシがにっこり笑って手を振った。

「今、呼び出してもらおうとしてたとこ。」

サトシがふにゃりと笑う。

「ごめん。暑いのに。」

「いいよ~。はい。これ。」

サトシがUSBを俺に差し出す。

「ありがと。この後、すぐ打ち合わせ?時間あるなら飯、行こう。」

「ごめん。田村さんとすぐ打ち合わせなんだ。」

「そっか。じゃ、帰り、待ち合わせしてご飯食べて帰ろ。」

「うん。」

サトシが満面の笑みで笑う。

ああ、エントランスに花が咲くよ。

「その人が、一緒に暮らしてる人ですか?」

突然の声に俺とサトシが振り返ると、今朝の女の子が立っていた。










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【ココロチラリ その後(40) - タイムカプセル side story -】へ  【ついておいで 中 - ココロチラリ side story -】へ
  • Tag List 
  •  * |
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ココロチラリ その後(40) - タイムカプセル side story -】へ
  • 【ついておいで 中 - ココロチラリ side story -】へ