ナイスな心意気(5人)

ナイスな心意気 ⑨-17

 ←ナイスな心意気 ⑨-16 →ナイスな心意気 ⑨-18


ショウの手からフリスビーが離れる。

俺は落下地点を見極めて走りこむ。

フリスビーの速度が落ちたところで、飛び上がる。

俺の口に咥えられたフリスビー。

「上手いぞ。」

ショウの声が聞こえる。

俺は毛をなびかせて走る。

土手はどこまでも緑が生い茂り、空はどこまでも青い。

対岸では野球をする子供達。

すぐそこで体を丸くして転寝するサトシ。

それを見つめ、鉛筆を走らせる人間のサトシ。

俺はフリスビーをショウに渡すと、ショウの顔を見上げた。

ショウは珍しく、柔らかい顔をしていて、俺の頭を何度も撫でる。

「よし、今度は高く投げるからな。」

ショウがフリスビーを構える。

「いくぞ。」

ショウの目が空を目指す。

「いつでも来い!」

俺が答えると、ショウが空目掛けてフリスビーを放つ。

ショウの手から離れたフリスビーは在らぬ方向へ向かって進む。

おいおい、それはわざとじゃないよね?

俺はそれでも夢中で走る。

あわや川に落ちる?……というギリギリのところでキャッチする。

遠くで人間のサトシの笑い声が聞こえる。

俺がフリスビーを咥えて戻ると、ショウが申し訳なさそうに眉を下げて笑っていた。

「よし、そこからダッシュ!」

それでもえらそうにそう言って、しゃがんで両手を広げる。

俺はそこに向かってダッシュする。

走って、ショウの手ギリギリのところで右に曲がり、

人間のサトシにフリスビーを持っていく。

あんな投げ方して、ごまかせると思う?

俺は人間のサトシにフリスビーを渡し、ショウを振り返る。

ショウは怒った振りして、こっちに向かって歩いてくる。

「仕方ないよね?あんな投げ方するんだから。」

人間のサトシが俺の背中を優しく撫でる。

人間のサトシのいい匂いがして、俺は思わず人間のサトシの首を舐める。

「ちょっと、すっぽ抜けただけだよ。」

ショウは言い訳がましくそう言うと、人間のサトシの隣に並んで座った。

サトシは相変わらず丸くなっている。

すると、モンシロチョウが近づいてきて、サトシの頭に止まった。

それがとっても可愛くて、人間の二人は顔を見合わせ携帯を取り出す。

モンシロチョウがゆっくり羽を動かすと、サトシも気づいたのか、そっと目を開ける。

モンシロチョウはそれでも飛んでいこうとはせず、サトシの頭でくつろいでいる。

人間の二人が写真を数枚取ると、サトシの頭が動いた。

モンシロチョウも飛び上がる。

「気安くおいらの上で休むなよな!」

サトシが前足でモンシロチョウを捕まえようとすると、

モンシロチョウはヒラリと飛び上がり、風が吹いたら飛ばされてしまいそうなほど、

儚い様子でジグザグに飛び続ける。

「なんだ、こいつ!」

サトシが何度も小さなジャンプを繰り返す。

クローバーの上でモンシロチョウを追いかけるサトシがあんまり可愛くて、

俺もショウも人間のサトシも、一列に並んで頬が緩む。

とうとう、サトシの前足はモンシロチョウには届かず、

追いかけっこに飽きたのか、モンシロチョウはどこかに行ってしまった。

のどかな日曜日の、太陽のまだ昇りきらない頃。

俺達はそんな調子で遊び続け、おにぎり(人間たち)とおやつ(俺ら)を食べて、

家に帰った。

もうすぐマサキがお迎えに来ると、人間のサトシがちょっと寂しそうにつぶやいた。



家に帰ると、俺は風呂に入れられた。

と言っても湯船に浸かったわけじゃない。

シャワーで、ここにはペット用のはないから、人間のシャンプーを薄めて

人間のサトシが洗ってくれた。

人間のサトシの手は優しくて、マッサージしてもらってるみたいに気持ちよかった。

お風呂上りに、人間のサトシが体を拭いてくれたけど、

全然拭きが甘いから、体をブルブルっと震わせて水を飛ばしたら、

人間のサトシが、冷たっ、と体をすくめた。

ごめんね。人間のサトシに意地悪したわけじゃないんだよ。

俺は申し訳なくて、小さな声で鳴くと、人間のサトシが笑いながら、

ドライヤーで丁寧に乾かしてくれた。

サトシはどうしようと人間たちは悩んでいたが、とりあえずやってみようと、

ショウがサトシに水をかけると、サトシは悲鳴を上げ、

思い切りショウの手を引っ掻いて、濡れたままソファーへ逃げた。

「な、何するんだよ!気持ち悪いだろ!!」

ショウが近づくと、サトシは背中を丸め、威嚇する。

「ごめんごめん。もうしないから。」

「信じられるか!」

ショウがサトシに手を近づけると、サトシはショウの手に噛み付いた。

「痛っ。もうしないって。」

それでもショウはサトシを抱き上げ、タオルで拭いてあげる。

徐々に落ち着いたサトシがショウを見上げる。

「今日、帰っちゃうから、きれいにしてあげたかったんだよ。ごめんね。」

「なんだよ、そんな顔すんなよ。」

サトシはショウから顔を逸らす。

ショウも本当はいいやつなんだよな。

今日だって、たくさん遊んでくれて、ちょっとフリスビーは下手だけど、

でも、サトシも人間のサトシも笑ってて、楽しかった。

いっぱい走って、体も温まって、俺が大きな欠伸をすると、サトシが近づいてきた。

俺は床に体を横たえる。

サトシは俺の前足の間に入ってくる。

俺はサトシをつぶさないように避けて前足の上に頭を乗せる。

サトシも前足を枕にして目を閉じる。

俺らはいつものように昼寝する。

気づいたら、ソファーの上で寄り添って、人間のサトシとショウも目を閉じていた。










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【ナイスな心意気 ⑨-16】へ  【ナイスな心意気 ⑨-18】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ナイスな心意気 ⑨-16】へ
  • 【ナイスな心意気 ⑨-18】へ