「テ・アゲロ」
テ・アゲロ the fake (5人)

テ・アゲロ  the fake ② -2-

 ←テ・アゲロ  the fake ② -1- →テ・アゲロ  the fake ② -3-
カランコロン。

ドアを開けると、元気な声が響く。

「いらっしゃい!……なんだ、大野さんかぁ。」

「なんだとはなんだよ。」

大野はカウンターに腰掛けると、コーヒーとチャーハンを注文する。

「ここ、喫茶店だから。チャーハンはやってないよ。」

「チャーハンも食べられないのに、ここのコーヒーなんて不味くて飲めるか。」

大野は手をポケットに突っ込んだまま、カウンターの中の相葉に向かって軽口を叩く。

「言ったね?飛び切り美味しいコーヒー淹れて上げるから、待ってて。」

相葉はサイフォンをセットし始める。

事務所の1階、喫茶マイガール。

昼は喫茶店、夜はバーになる、大野の行き着けの店だ。

ここのコーヒーは非常に不味い。

コーヒーメーカーで二宮が淹れるコーヒーの方が、遥かに旨い、と大野はよく言う。

それでもここに来るには理由がある。

大野が3本目の煙草を燻らせ、やはり不味いコーヒーを飲んでいると、

相葉がチャーハンを大野の前に置く。

「これは特別だからね。」

「待ってました!相葉ちゃんのチャーハン、めっちゃ旨いかんな。」

大野は大喜びでチャーハンにがっついていく。

喫茶店なのに、なぜかチャーハンが旨い。

メニューにはないのだが、大野は決まってチャーハンを注文する。

皿から半分くらいなくなった頃、メールの着信を知らせるランプが点る。

携帯を見てみると、櫻井の文字が光る。

『今日は時間ある?my honeyのいい時間でいいから、いつものバーで待ってる。』

大野はそのメールを冷めた目で見ると、メールを閉じる。

ちょっと考えて、チャーハンを食べながら電話を掛ける。

「あ、俺。」

「オレオレ詐欺は間に合ってます。」

「だから、俺だって。」

「だから、オレオレ……。」

「もういいわ!」

電話の向こうから、二宮の笑い声が聞こえる。

「何なんですか?」

「ちょっと調べて欲しいんだけど……。」

「大野さん、今日、何曜日か知ってますよね?」

「ん~、何曜日だっけ?」

大野は笑ってごまかそうとするが、二宮に通じるはずもない。

「日曜日。日曜日はウチ、お休みですから。じゃ。」

「ちょ、ちょっと待てよ。いいじゃん。ちょっとくらい~。

 どうせ、ゲームやってるだけなんだろ?」

「ゲームする間を惜しんで寝てる私にとっては死活問題。じゃ。」

「だぁ~!お願いします。調べてください!」

「最初からそう言えばいいんです。で?」 

大野は用件を伝えると、残りのチャーハンを頬ばった。

「わかりました。調べがついたら連絡します。

 あ、超過勤務手当はもちろん請求しますよ?」

大野には、ニヤリと笑う二宮の顔が見えた気がした。



いつものバーのいつものカウンター席。

グラスを口に運びつつ、煙草を燻らす。

マスターが慣れた様子でグラスを磨く姿を、大野はぼんやり見ていた。

櫻井と会う時は、毎回ここで待ち合わせするな。

大野はグラスに口をつけ、考える。

バラが送られたその日から、櫻井は大野のことを2日連続で呼び出した。

つまり、3日連続で体を重ねたことになる。

大野がどんなに断っても、櫻井の口車にまんまと乗せられ、会うことになってしまう。

会えば体を重ね、その快楽に酔いしれる。

体の相性がいいことは大野にもよくわかっていた。

それが、その後、パタリとなくなった。

大野からは、あえて連絡することはない。

飽きたのか?それならそれでいい。

大野は腹の奥の小さな疼きに気づかない振りをして、やり過ごす。

それが、今日、急に連絡があったのは、あれが原因か?

大野は煙草を吸い込むと、灰皿にぎゅっと押し付けた。

マスターがグラスから顔を上げ、出入り口を見つめる。

見慣れた顔が、大野目掛けてやってきた。

「早かったね。」

櫻井が笑顔で大野の隣に座る。

スコッチを注文すると、

「寂しかった?」

と大野を見ながら、胸ポケットから煙草を取り出す。

「…………。」

大野も煙草をまた口に咥え、火を付ける。

すかさず、櫻井もその火で煙草に火を付ける。

顔が近づき、いつもの櫻井のコロンの香りになぜか安心した。

二人が同時に煙を吐き出すと、お互い顔を見合わせる。

大野の訝しそうな顔つきに、櫻井も怪訝な顔で返す。

「何?どうしたの?」

「…………。」

「何かあった?」

マスターからスコッチを受け取り、大野に笑い掛ける。

「お前、誰だよ。」

大野はグラスを口に運び、ゴクリと飲み込む。

「誰って?」

櫻井は、何を言われてるのかわからないのか、首を傾げる。

「昼間、会ったんだよ。櫻井翔に。」

「……会ったっけ?昼間?」

櫻井は煙草を口にし、笑って大きな目を見開く。

「昼間、お前どこにいた?」

「どこって、今日は午前中ジムに行って、午後は家にいたけど?」

「今日、お前じゃない、櫻井翔に会った。」

「俺じゃない、櫻井翔?」

櫻井はさらに首を捻る。

大野が昼間のお見合いの話しを一通りし終わると、櫻井はクスクス笑いだす。

「そこで見た櫻井翔はお前じゃなかった。」

「で、俺が櫻井翔じゃなくて、別人だと?」

「そう決め付けたわけじゃない……。

 調べても写真付のデータには時間がかかる。

 でも、ウチのは優秀だから、時間さえあれば調べがつく。」

大野は口から煙を吐き出すと、それを目で追う。

「ふふふ。あなたのとこみたいな小さな事務所で?

 今は個人情報、うるさいよ?」

「だから、ウチのは特別優秀なんだって。」

「なるほど、必ず成功させる『なんでも屋』は優秀なんだ。」

「ふうん。調べたのか?」

「ネットで少しね。」

櫻井はグラスを揺らし、考える。

氷のカランという音が、気持ちよく響く。

「で、どうなんだ?」

「何が?」

「だから、お前は誰なんだよ。」

「俺?俺は櫻井翔だよ。嘘なんかついてない。」

櫻井は笑って、グラスに口を付ける。

「疑ってるの?」

大野は答えず、グラスを口へ運ぶ。

口の中に広がる酒の味が、大野の思考を敏感にする。

この男が嘘をついてる?

いや、むしろ、昼間の男が偽者?

「疑ってるんだ?」

櫻井が面白そうに大野を見据える。

「だいたい、わかった。どういうことなのか説明しようか?」

煙草を吸い、煙を吐き出すと、櫻井の目が妖しく光った。

敏感になった思考が囁く。

これは危険信号だと。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【テ・アゲロ  the fake ② -1-】へ  【テ・アゲロ  the fake ② -3-】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【テ・アゲロ  the fake ② -1-】へ
  • 【テ・アゲロ  the fake ② -3-】へ