「season」
season(5人)【61~Last】

season (66) - タイムカプセル 高校生編 -

 ←season (65) - タイムカプセル 高校生編 - →season (67) - タイムカプセル 高校生編 -

なんとか、お風呂を済ませ、部屋に戻ると、夕飯の準備ができていた。

夕飯と言っても、もう9時近い。

早く食べないとおばさんに迷惑がかかる。

テーブルの上にはお刺身や天麩羅等、海の幸が並んでいる。

5人は浴衣姿で頭を拭きながら、適当にテーブルにつく。

入り口に近い方から、サトシ、ショウと並び、向かいにカズ、マサキ、ジュンと続く。

「うふふ。ランチの時もほとんどこの並びだよね?」

サトシがニコニコしながら、目の前の食事に目を輝かせる。

「そう言えば、5人でいる時はこの順番が多いかも。」

カズはしゃべりながらも、お櫃(ひつ)のご飯を混ぜる。

お櫃の隣には味噌汁。

お茶碗とお椀も重ねて並べられている。

脇にはおじさんからの差し入れのジュースが2本。

「不思議なもんだね~。落ち着く場所?」

マサキがカズからご飯を受け取り、みんなに回す。

ご飯、味噌汁がよそい終わると、カズはお櫃をマサキに差し出す。

「どうせ、あんたが全部食べるんだから。」

「え?いいの?全部食べて。」

マサキが喜んで自分の後ろにお櫃を置く。

「ばか!ダメに決まってんだろ?俺もお替りするから!」

ショウはお櫃を寄こせと、マサキに向かって手を差し出す。

「俺も食うから!」

ジュンも隣からお櫃を奪う。

「まずは食べてから!全部食べられるかどうかわかんないんだから。」

カズが一喝すると、三人は口々に小さな声で食べられるとつぶやく。

それを見て、サトシがクスクス笑う。

カズがパンパンと手を叩き、合図を出す。

「じゃ、いくよ……せーの。」

「いただきま~す。」

5人は声を揃えて言うと、一気にご飯をかっこんだ。

育ち盛りが半日、何も食べていないのだ。

それは勢いよく平らげていく。

「旨い!この天麩羅、最高!」

「美味しい♪さすが海の近く!」

「お刺身、プリプリ!」

「おばさんの煮物も絶品!」

「俺、ご飯、5杯はいける!」

マサキが言うと、カズが横目でじとっと見る。

「食べ過ぎて苦しくならないでくださいよ。」

「その前に、ご飯がなくなるよ!」

忙しそうに料理を口に運びながら、マサキが言う。

「なんでそんなに急いでるの。」

カズが溜め息交じりに言う。

「だって、早く食べないと、ショウちゃんとジュン君に取られちゃう!」

見ると、ジュンもショウも物凄いペースでご飯を飲み込んでいく。

「ショ、ショウ君、大丈夫?」

サトシが刺身を口に運ぶ。

「それで味わえるんですか?」

カズも天麩羅を頬張りながら、ジュンとショウを見比べる。

「味わってるよなぁ?」

口いっぱいに詰め込みながら、ショウがジュンを見ると、

ジュンもうんうん、とうなずく。

「そう言えば、さっきのお風呂、温泉だったね~。」

マサキが気づいてた?という風に、自信満々でみんなを見る。

「ばか。みんな気づいてるよ。」

ジュンが言い捨てる。

「え?本当?気づいてた?」

マサキはカズとサトシに聞く。

「気づいてましたよ。匂いが違うし、流しっぱなしだったでしょ?」

カズはマサキを見ずに刺身を口へ持っていく。

「サトシも?」

マサキが聞くと、サトシもふふっと笑って煮物を口へ入れる。

「な~んだ、じゃ、露天があるのは知ってる?」

「へぇ~、露天もあるんだ。」

ショウが興味ありそうに答える。

「後で行こうよ。」

風呂好きのマサキが嬉しそうにみんなを誘う。

「いいねぇ。」

ジュンは同意しながら、ご飯を運ぶ手を休めない。

それに気づいたマサキが、慌ててご飯をかっ込んでいく。

「あ~あ。」

それを見て、カズが大きく溜め息をついた。

テーブルの上の料理はあっという間になくなっていく。

ご飯も、お櫃のお替りをお願いし、お替りのお櫃も空になった。

「あの食べ物達はどこに行ったんでしょうね?」

カズは3人の体を見て、不思議に思った。

3人の細い体が、あの量を吸い込んだとはとても思えなかった。

「俺ら、食べてるそばから消化しちゃうから。」

マサキはそう言って、ああ~、と後ろに寝転がった。

サトシはお茶碗が並べてあったトレイの脇のジュースに手を伸ばす。

「このラベル、キレイ。」

「それ、この辺で作ってるジュースなんだって。サトシ、飲んでみれば?」

ジュンが笑いながら、目の前のお新香を摘む。

「うん。おいしそう。飲む?」

サトシが、みんなを見回すが、誰も手を上げない。

それを見て、ショウがそっと手を上げる。

「俺、いいや。味見だけさせて。」

お腹いっぱいで、お腹をポンポン叩きながらマサキが言う。

「マー君、おやじ。」

サトシはクスクス笑いながら、グラスにジュースを注いでいく。

「学校の女子に見せてあげたいですよね?この姿。」

カズは自分の鞄からカメラを取り出すと、寝ているマサキに向かってシャッターを切る。

「やめろよ~!」

マサキが顔の前で手でバツを作る。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【season (65) - タイムカプセル 高校生編 -】へ  【season (67) - タイムカプセル 高校生編 -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【season (65) - タイムカプセル 高校生編 -】へ
  • 【season (67) - タイムカプセル 高校生編 -】へ