ナイスな心意気(5人)

ナイスな心意気 ⑥-7

 ←ナイスな心意気 ⑥-6 →ココロチラリ その後⑦ - タイムカプセル side story

玄関を開けると、外はすっかり暗くなっていて、寒さが体に染みる。

俺は大好きだけどね~♪

俺とサトシはリードを付けられ、みんなと歩く。

でも、この間と同じでサトシはマサキの胸の中に入り、まったく散歩の意味がない。

「うふふ。サトシ君は外が好きなんだね。」

人間のサトシがマサキの胸元を覗き込んで笑う。

「いやいや。あれ以来、行きたがったの初めてだよ。

 よっぽど寒かったんだなと思ってたんだけど。

 今日はみんながいたから行きたくなったんじゃない?」

「ふうん。みんながいたからなのかな?」

人間のサトシがふふっと笑う。

サトシはマサキの胸の中でフンっと鼻を鳴らす。

「いいんだよ。サトシは大事にされて。」

ショウがサトシの鼻を指先で撫でる。

サトシは気持ちよそうに目を細め、ショウの指にじゃれる。

俺はくそおもしろくない。

ショウの袖を口にくわえ、引っ張る。

「なんだよ。俺にサトシに触るなって言いたいの?」

ショウが笑いながら、俺の顎を持ち上げる。

そうだよ。わかったんなら、もうするなよ!

俺が睨むと、クスクス笑いながらマサキの胸元を覗き込む。

ショウはニヤッと笑って、サトシを取り出し、自分のコートの中に入れる。

「ああ、ショウちゃん、意地悪なんだから。」

カズが両手を頭の後ろに回してニヤニヤする。

俺は猛烈におもしろくなくて、ショウの周りをピョンピョン飛び回る。

「俺のサトシなんだから、サトシをそんなとこに入れるなよ!」

俺がちょっと大きな声で吼えると、ショウはニヤニヤしながらサトシを隠す。

「あはは。ショウちゃんみたいだよ?こいつ。

 そうやって、いっつもサトシに近づくヤツ、妨害してたじゃん。」

カズがそう言うと、ショウは俺をじっと見て考える。

「俺、こんな感じだった?」

人間のサトシに向かって聞く。

「うふふ。どうだろ?」

人間のサトシは笑って俺を撫でる。

「もろ、そのまんま!」

マサキに言われ、ショウは困ったような顔をする。

「そう言われると……お前が可愛く見えてくるよ。

 大事にしてるんだよな。この子のこと。」

それを見て、今度は人間のジュンがサトシをショウから奪い取る。

「ショウちゃんはサトシがいるんだからいいだろ?こっちのサトシは俺が……。」

ジュンが大事そうにサトシを胸に抱えると、サトシが小さく鳴く。

「どうでもいいけど、早くあったかくしてよ。」

「ほら、俺のとこ来て喜んでる。」

人間のジュンは勘違いしたままサトシを胸にしまうと、サトシの鼻に唇を当てる。

キスってやつ?

「ジュン!お前、それはダメだろ?仮にもサトシと名前がついてるんだから!」

ショウが怒ってサトシの取り合いになると、

人間達はお腹をかかえて大笑いした。

サトシは取り合いされるのが面倒になったのか、

ジュンの手を引っかいて地面に飛び降りた。

「痛っ!」

「お前ら、うざい!」

二人を見比べながら一言言うと、マサキの体を駆け上っていく。

マサキの胸元へストンと収まり、ジュンとショウを見ながら、

小さく鳴いて、マサキの中へもぐりこんだ。

「おいらはおいらだから!」

「うひゃひゃひゃひゃ。サトシを手荒く扱うからだよ。

 この子、ウチの箱入りなんだから。」

マサキがコートの上からサトシを撫でる。

「じゃ、俺たち、こっちだから。」

カズが、ジュンと二人で曲がり道で手を上げる。

「久しぶりに楽しかった。」

ジュンも、カズの隣でそう言って笑う。

「うん。また遊びに来てよ。」

マサキもにっこり笑い、ショウと人間のサトシも笑った。

カズとジュンが人間のサトシに抱きつき、ひとしきりさよならをするのを、

ショウも何も言わず見守っていた。

「ショウちゃんにひどいことされたら、すぐに言うんだよ!」

カズが離れる時にそう言うと、

「そんなことするか!」

と、ショウがコートのポケットに手を突っ込んだ。

じゃ、と言って、二人は角を曲がっていく。

あの二人は人間のサトシが大好きなんだな。

俺にもわかるよ。

居心地がいいんだよね。人間のサトシの周りは。

俺はクゥ~ンと小さく鳴いて、人間のサトシの隣に行く。

もうすぐ、この間、人間のサトシと出会ったところに着く。

この人と別れるのはちょっと寂しい。

人間のサトシは俺の背中を撫でながら歩く。

サトシが、マサキの胸から顔を覗かせてボソッと言う。

「ショウちゃん、その人と離れるの寂しいんだろ?」

「うん……ちょっとね。」

「じゃ、その人について行っちゃえば?」

「そんなこと簡単にできないだろ?」

「……ついて行っちゃえよ!ばか!」

サトシが頭を引っ込めた。

話をしていた人間達も、最後のサトシの声にびっくりして、

みんなでマサキの胸元を見る。

サトシはマサキのコートから出てこない。

「どうした?サトシ。」

マサキがコートの中に手を入れても、サトシはシャツにしがみ付いて離れない。

もうすぐお別れの場所だ。

ショウがマサキのコートに手を差し入れる。

「ふ~ん。お前、俺と来るか?」

サトシが顔を出すと、ショウはサトシを取り出し、自分のコートの中に入れる。

「いいよ。ショウちゃんと一緒にいるよりずっといい。」

「ダメだよ!」

「ふん!ショウちゃんなんか知るか!」

「ダメだ!」

俺が太く短く吼える。

ショウの顔を見て、訴える。

「サトシはずっと俺といるの!」

ショウは俺の顔をじっと見て、コートの中のサトシの頭を撫でる。

「俺といるより、このワンコと一緒の方がいい?」

「ショウちゃんが……どうしてもって言うなら……いてあげてもいいよ。」

サトシは小さく鳴くと、俺のことをチラッと見た。

「ショウ君、意地悪しない!」

人間のサトシが眉の間に皺を作り、頬を膨らませる。

サトシをショウのコートの中から受け取ると、マサキの胸へ返す。

「猫のサトシ君は犬のショウ君が大好きなんだよ。」

「違うわ!ショウちゃんがおいらのこと好きなの!」

サトシが抗議すると、人間のサトシがクスッと笑った。

「素直じゃないんだけどね。」

俺はマサキの隣に行って、後ろ足で立ち上がるとマサキの胸の辺りの匂いを嗅ぐ。

サトシの匂いがする。

「サトシ……。」

「ショウちゃんがどうしてもって言うからだよ!」

コートの中からサトシの声が聞こえる。

「それでもいいよ。サトシがいてくれるなら。」

そのまま、サトシの匂いを嗅ぎ続けた。

尻尾がリズミカルに振れる。

「どうでもいいけどさ……飼い主の俺はまったく無視?」

マサキが呆れたように笑った。



この間の道で、ショウと人間のサトシは手を振って帰って行った。

仲良さそうに寄り添う二人の後ろ姿を見送って、俺らはいつもの散歩を続けた。

「楽しかったな。大騒ぎだったけど。」

マサキが嬉しそうに笑った。

俺はマサキの手をペロッと舐めた。

マサキが飼い主でよかったと、その顔を見て思ったから。

サトシもマサキの首をペロッと舐めた。

「クッ。くすぐったい!」

マサキは首をゴシゴシ擦った。

「そう言えば、この間もここで舐めなかった?」

マサキが俺を見ながら言う。

俺はわからないフリして首をかしげた。

マサキはサトシをコートの上から撫で、俺のリードを引っ張った。



マサキとサトシとジュンとカズナリと……。

俺たちも、楽しい我が家に向かって帰って行った。










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【ナイスな心意気 ⑥-6】へ  【ココロチラリ その後⑦ - タイムカプセル side story】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ナイスな心意気 ⑥-6】へ
  • 【ココロチラリ その後⑦ - タイムカプセル side story】へ