FC2ブログ

「season」
season(5人)【41~60】

season (53) - タイムカプセル 高校生編 -

 ←season (52) - タイムカプセル 高校生編 - →Love so sweet ㊲
サトシは肩を叩かれて振り返った。

部活帰りの午後5時。

まだ陽は高く、夏の暑さが和らぐにはもう少し時間がかかる。

「大野君、久しぶり。」

「貴田君。」

サトシがにっこり笑うと、貴田が隣に並ぶ。

「今日はどうしたの?」

「部活。」

貴田もにっこり笑って、手提げ袋の中から箱を取り出す。

「え?貴田君て、部活やってたんだ。どこに入ってるの?」

「……調理部。」

貴田は手にした箱をサトシに差し出す。

サトシはそれを受け取ると、そっと蓋を開けてみた。

「うわ。ケーキ?」

箱の中のケーキは切り分けられ、きれいにラッピングしてある。

「うん。今日はチーズケーキ作ったんだ。ベイクドなんだけど……好き?」

「うん。大好き♪貴田君、ありがとう♪」

サトシは嬉しそうに蓋をしめる。

「あ、でも……あげたい人がいるんじゃないの?」

サトシが顔をしかめる。

「……うん。でも、あげられそうにないから……。」

貴田はうつむくと、寂しそうに微笑んだ。

「わかんないよ。あげてみればいいのに。」

「うん……。わかってるんだけど……。」

「大丈夫だよ。打ち明ける勇気があったんだから。」

二人は土手に上って行く。

この時期の土手は、風が気持ちいい。

まだ元気な太陽も、どこか柔らかく感じられる。

「そうかな?渡せるかな。」

「渡せるよ。大丈夫。」

サトシがにっこり笑うと、貴田もにっこり笑った。

おいらより全然可能性がある……。

サトシは川の向こうの町並みに目を馳せると、ため息をついた。

「どうしたの?何かあったの?」

「ううん。何もないよ。おいらのは、何もないのがいいんだよ。」

「そうかな……。僕が見た感じだと……。」

ふいに、遠くの方から声が聞こえてくる。

振り返ると、野球部が土手を一列に並んで走ってくる。

あっという間にサトシ達の前まで来ると、バタバタと通り過ぎて行く。

当然、ジュンも最後尾で走っていて、サトシ達の前で立ち止まる。

「ランニング?暑いのに大変だね。」

サトシがニコッと笑う。

「今日は貴田と一緒なんだ。」

ジュンが貴田をじっと見ると、貴田はうつむいてしまう。

「この間は悪かったな。二人で帰ってるとこじゃましちゃって。」

ジュンの言葉に貴田が顔をあげる。

「いえ、そんな……。」

何て言っていいかわからず、貴田が困っていると、

「ジュン君、同じクラスなんだよね?貴田君、何部が知ってる?」

サトシがニコニコしながら、会話に入る。

「知らない。何部なの?」

「うふふ。調理部だって。」

そう言って、サトシは手に持っていた箱を開ける。

ジュンが箱を覗き込むと、ワァっと大きな声をあげる。

「すげぇ。こんなの作れるの?」

ジュンが貴田を見ると、貴田は恥ずかしそうに首筋を擦る。

「チーズケーキは簡単だから……。」

「しょうがないなぁ。ジュン君、一口食べてみる?」

サトシがそっとケーキを取り出すと、貴田に差し出す。

「ラップ取るから持っててくれる?」

「うん……。」

貴田がおずおずとケーキを手にし、

サトシは丁寧に、巻いてあるリボンとセロファンを取っていく。

「え?いいの?もう俺、お腹空きすぎて死にそう!」

そう言って、貴田の手に大きな口を近づけると、パクッとケーキをほおばった。

貴田がびっくりしていると、

「ん!んまい!」

ジュンが満面の笑みで貴田とサトシを見る。

「サトシも食べてみ?旨いから!」

ジュンがもぐもぐしながら、手の甲で口の端を拭う。

まだびっくりしている貴田に向かって、

「悪い!俺今、手ぇ、汚いから。」

そう言って、片目をつぶって両手を顔の前で合わせる。

「おっと、そろそろ行かなきゃ!」

「うん。ジュン君がんばってね~。」

「おう!」

ジュンは前を向いて、走り出すと、あっと振り返った。

「貴田!すっごく旨かった!」

ジュンはキラキラの笑顔を放って、猛ダッシュでランニングを追いかけて行った。

二人はジュンを見送ると、顔を見合わせた。

「よかったね。食べてもらえたじゃん。」

サトシがふにゃりと笑う。

「うん。……食べてもらえると思ってなかったから……嬉しい。

どうしよう?嬉しくて……心臓がバクバクしてる。」

「んふふ。よかったね。」

サトシは、貴田の心臓の音が聞こえてきそうで、クスクス笑った。

「なんか、叫びだしそうだよ!」

「叫んじゃう?」

「う、う~ん、まだ……そこまでは…無理みたい……。」

貴田が苦笑すると、サトシは貴田の背中を叩いた。

二人は並んで歩き始める。

「そうそう、シャンプーありがとう。本当に、いい香り。」

「うふふ。そうかな?おいらにはよくわかんないけど……。」

「言わなかったっけ?松本君が、大野君の匂いが好きだって言ってたって。」

貴田がふふっと笑う。

「貴田君は、可愛いね。」

サトシもふふっと笑う。

二人の周りを心地よい風が駆け抜ける。

土手の上から見る空はパステルカラーで、川に映る雲はゆっくり流れて行く。

「大野君はどうなの?本当に何もないの?」

「実は……今日ね……。」

川面に浮かぶ鳥が二羽、仲良く並んで海に向かって泳いで行く。

もう少しで、青い空、白い雲の、暑い熱い……伊豆旅行だ。











関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【season (52) - タイムカプセル 高校生編 -】へ  【Love so sweet ㊲】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【season (52) - タイムカプセル 高校生編 -】へ
  • 【Love so sweet ㊲】へ