FC2ブログ

Happiness(やま)

Happiness ⑧

 ←Happiness ⑦ →Happiness ⑨


ディナータイムのラッシュが終り、俺のバイトの時間が終わる。

「じゃ、俺、上がるわ。」

「お疲れ様ですぅ~。」

洗い場のバイトの女子高生が振り返らずに挨拶してくれる。

カウンターには山盛りの洗い物。

振り向いてる時間はないな。

もう一人は、さっき大量に入ったデザートと格闘していて、気付いているのかいないのか。

俺と交代の店長が、エプロンを結び直しながらやって来る。

「お先に失礼します。」

「おぅ、明日も頼むよ。」

明日か……。

1週間の内でシフト変更できる日あるかな?

だいたい3人で回す厨房。

今日はデシャップ。

デシャップはコンロやオープン担当で、全体のスピードに合わせて調理する。

入って半年の俺に任せるって、ここの人手不足も深刻。

急な変更は……無理か?

急いでコックコートを脱ぐ。

早くビール買って帰んないと!

ロッカーのある休憩室のドアを開けると、

2時間も前に上がったはずのフロアの子たちがしゃべってて。

「お疲れ様です~。」

「お疲れ。」

俺の方が後輩だけど、年が上だから敬語は使わない!

「あ、大野さん、今度海行きましょうよ。」

「海?」

「今年の水着、どれにしようか選んでてぇ。」

向けられたスマホをチラッと見る。

キラキラした海を背景に、赤いビキニから零れそうな胸!

「こっちとどっちがいいと思います?」

もう一つはフリルのついた薄い紫?ピンク?の水着。

脱いだコックコートをハンガーに掛け、その手でジーパンを掴む。

「どっちでもいいよ。」

「え~、悩んでるのに~。」

「ラインで送るから、返事してくださいね!」

もう一人が、パパッとスマホを操作すると、俺のスマホがピコッと鳴る。

ドアの外に出て、ジーパンに履き替え、財布とスマホをポケットに突っ込む。

ズボンをクリーニングの籠に放り込み、女の子たちの前を通って出口へ急ぐ。

「大野さん、今日、愛想悪い~。」

「急いでんだよ、お疲れ!」

「急いでるって、彼女ですか~?」

「ちげぇよ!」

ドアをバンと締め、階段を駆け下りる。

ビール買って早く帰んないと、ショウがどんな顔して待ってることか。

ビールを2セット、両手に下げてアパートに帰る。

階段を駆け上がってるつもりだったけど、ほぼ立ちっぱなしのキッチン。

終わると結構足に来るんだよ。

加えて両手のビールとツマミ。

気持ちだけ駆け上がって、ドアノブに鍵を差し込む。

「ただいま~。」

玄関に入ると部屋が暗くてびっくりする。

「ショウ?」

いないのか?

まさか一人で出て行った?

「……お帰り。」

声がしてホッとする。

何も知らないショウが一人で出て行ったりしたら!

考えただけでゾッとする。

スマホも持ってねぇし。

「なんだ、いるなら電気点けろよ。」

部屋の脇にあるスイッチを押す。

一気に部屋が明るくなる。

一瞬、眩しくて目を細める。

細めた目に飛び込んできたのは、

部屋の中央、俺がいつもフィギュアを作る位置に座るショウ。

「電気?智がいないのに電気点けても意味ないでしょ?」

え……?

「僕の目は……智を見る為にある。」

おいおい……。

ショウの大きな二重が俺を見つめる。

「遅いから……もう帰ってこないのかと思った。」

「そんなわけないだろ?ただバイトに行っただけで……。」

みるみるショウの瞳が潤んでいく。

え?なんで?なんで泣く?

「よかった……智が帰って来てくれて。智だけ、智だけいればいいんだ……。」

ショウがゆっくり俺に腕を伸ばし、半立ちになりながら、その腕で俺を抱き締める。

「ショウ……。」

「どこにも行かないで。ずっと側にいて……お願い……。」

俺の首筋に顔を埋め、俺に抱き着くショウに、どうしていいかわからなくなる。

明日になったらまたバイトに行く。

明後日も明々後日も。

1週間しかいられないのに、こんなショウを置いて……?

両手のビールをテーブルに置き、ショウの背中をゆっくり撫でる。

「ごめんな……、待たせて。」

ショウは小刻みに首を振る。

「今、一緒にいてくれるから……平気。」

潤んだ瞳で見上げるショウを見ていたら、グッと溢れて来るものがあって。

思いっきり、その唇に唇を押し当てる。

「んっ……。」

すぐに絡まり合う舌と舌。

ショウの腕に力が入る。

俺の腕にも……。

「智……愛して…る……。」

言いながら、俺の奥の奥へと侵入してくるショウの舌。

俺の舌も、ショウの舌の上をなぞりながら、奥へ奥へと押し込める。

男同士でも……いいか。

人形と人間だけど……こんなに愛されることあるかな?

こんなに求められること……きっとこの先ない。

ショウが望むなら……少しでも長く一緒に……。

熱いキスをしながら、手の平がショウの輪郭をなぞる。

頬、首筋、肩……。

腕を通って、脇腹。

「ん、ふぅっ……。」

「んん、はぁっ、んっ。」

唾液の音がクチュクチュ響く。

テーブルの上のビニール袋がカサっと鳴る。

脇腹を通った俺の手は、骨盤に沿って……。

「いい子で待っていたご褒美。処理してやるかんな。」

大きなソレを手の平で撫でると、ショウの首が、グンと仰け反った。










関連記事
スポンサーサイト






総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【Happiness ⑦】へ  【Happiness ⑨】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Happiness ⑦】へ
  • 【Happiness ⑨】へ