FC2ブログ

「Sunshine(やま)」
Sunshine(やま)【61~80】

Sunshine (71)

 ←WONDER-LOVE Ever -111- →WONDER-LOVE Ever -112-


「やっぱ、業界を牽引する男は違うね?」

ショウ君が興奮気味に話す。

カズの個展からの帰り道。

自分の態度、忘れちゃった?

知り合い?なんて、だいぶ嫌な言い方だったよ。

「オーラっていうか、風格?醸し出す雰囲気が、全然違う!」

でも、ショウ君がこんなに興奮するの久しぶり。

停留所で待っているおいら達の前にバスが停まる。

「おまけにイケメンだし、スマートだし。」

言いながら、開いたドアからバスに乗り込むショウ君。

そうそう、確かにイケメンでスマートだった!

「田渕さんにも負けず劣らず。」

そうだね。田渕さんもイケメンだもんね。見た目も中身も!

おいらも続いてバスに乗る。

「あの、花沢さんの憧れる東山さんだって!」

ああ、確かに。

だいぶタイプは違うけど。

車内を見回すと、昼間だからか、ガランとしていて、乗ってる人は数人。

空いてる席に並んで座る。

すぐにバスは発車する。

揺れる体がショウ君の方に倒れる。

「でも、一番すごいのは、見る目。だって、カズを見つけ出したんだもん!」

おいらが言うと、ショウ君はおいらを支えてにっこり笑う。

「それを言ったら、田渕さんだって、俺に目を掛けてくれてたよ?

 言いたくないけど、東山さんも花沢さん……。」

そうそう、つまり、いい男にはいい男がわかるってこと!

「んふふ、そうだね。三人ともすごいイケメン!」

やっぱりちょっと羨ましい。

憧れの上司って言うの、おいらは絶対持てないもん。

窓の外を街並みが流れていく。

長閑で穏やかな日常が、太陽を反射してキラキラして見える。

おいらの顔を見たショウ君が、ちょっと眉尻を下げる。

「つまり、サトシの周りはイケメンばかりだってことだ。」

「そうだね、おいらの周りはイケメンばっかり!」

ショウ君を筆頭にね?

「だから!いつでも気を付けてよ?」

おいらは首を傾げてショウ君を見上げる。

「イケメンはサトシが好きだってこと!」

おいらは笑って手を振る。

「んふふ、そんなことないよ~。」

「サトシはイケメンに好かれるんだよ。

 まだわかんない?」

おいら、イケメンに好かれてる?

そりゃ、ショウ君は……好いてくれてると思うけど……。

「そろそろ自覚しよう。

 世間一般の中にイケメンって人種がそんなに多くないのはわかってるね?」

「う、うん……。」

道を歩いてても、あ、イケメン!って思う人は確かにあんまりいない。

「そのイケメンが、こんなにいっぱい周りにいるんだ、

 サトシに吸い寄せられてると思って間違いない!」

え?そう?そんなことないと思うけど……。

「なぜサトシに吸い寄せられるのか……。」

ショウ君やカズがイケメンだからでしょ?

イケメンにはイケメンがわかるから!

だから、おいらの周りはイケメンがいっぱいになっちゃうんじゃない?

「サトシがフェロモン出すからだよ。」

「フェ、フェロモン?」

「そう、この香り……。」

ショウ君がおいらの首筋の匂いを大きく吸い込む。

「プハァ~ッ!今日もしてる!」

「え?おいら臭い?」

おいらは自分の匂いを嗅ぐ。

「チッチッチ。わかってない!」

ショウ君は顔の前で人差し指を左右に揺らす。

「サトシのフェロモンは甘いんだよ。甘くてフワッとしててグッとくる。

 わかる?」

わかんないけど……おいらがショウ君の汗の匂い好きなのと一緒?

汗ばむショウ君は……ちょっと獣?雄?って感じがしてズンッてくる。

すぐ抱きしめたくなっちゃうって言うか、抱きしめられたくなっちゃうって言うか……。

ムラムラさせる匂い。

一番するのは……Hの時……なんだけど。

「サトシのフェロモンに群がるのは、

みんなサトシを食っちゃいたいってやつばっかだからね?」

「そんなことないと思うけど……。今日の木村さんだって、そんな感じじゃなかったし。」

「木村さんは大人だから外に出さないだけだよ。」

「田渕さんだって。」

「田渕さんのタイプはちょっと違うからな。」

ほら!みんなじゃないじゃん!

「でも、東山さんは明らかにサトシ狙いだったからね?」

え?そうだった?

「どこに行っても何をしてても、イケメンがいたら、危ないと思ってまず間違いないから。」

「そんな~。」

ショウ君がまたおいらの匂いを嗅ぐ。

首筋にショウ君の鼻が当たってくすぐったい!

「ん~~~!いい匂い!」

ショウ君の手がおいらの手を握る。

「ま、サトシのフェロモンが濃くなってるのは、若干俺のせいでもあるけど……。」

ショウ君がニヤッと笑って、おいらの耳に口を寄せる。

「昨日の残り香。」

小さく囁くショウ君の唇が、バスの揺れに合わせておいらの耳を噛む。

「やんっ。」

びっくりして慌てて耳を押さえる。

「ショウ君っ!」

「ほら、フェロモン増した!」

ニヤニヤ笑うショウ君を見て、おいらは頬を膨らませる。

そんなことばっかりしてると、

おいら、フェロモンまき散らして歩くことになっちゃうからね!










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【WONDER-LOVE Ever -111-】へ  【WONDER-LOVE Ever -112-】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【WONDER-LOVE Ever -111-】へ
  • 【WONDER-LOVE Ever -112-】へ