FC2ブログ

STORY

STORY scene#5

 ←STORY scene#4 →STORY scene#6


大野さんの動きは静かでね。

最小限しか動かないって感じかな?

見た目とはうらはらに、音のない、重さのない動きで男の前までやってくると、

見上げる男に向かって、小さな声で言ったんだ。

「……描いてもいいか?」

イーゼルに掛かってる、描きかけの絵を描くって言う意味だと思ったから、

男はうなずいて、また大野さんを見上げた。

大野さんはさっきいた椅子まで戻ると、

後ろの棚に立てかけてあったスケッチブックを引っ張り出して、鉛筆を手に取る。

まだ長さのある黒い鉛筆でね。

じっと男を見ると、その鉛筆がカリカリと動き出す。

またじっと見て、今度はシャッシャッと……。

そう、男の想像とは違って、

大野さんが確認したのは、男を描いてもいいかってことだったんだ。

意図せず、モデルを引き受けてしまった男は戸惑ったよ。

戸惑ったけど、OKしてしまったのは自分だからね。

大野さんが描きやすいよう、ちょっと大野さんの方を向いて、

斜に構えてポーズを取った。

自分の一番カッコいい角度だと思っていたんだよ。

左斜めのその向きが。

でもね、大野さんは鉛筆をピッと横に揺らして、元に戻せと合図を送ってきた。

え?って首を傾げると、もう一度ピッと。

大野さんはストーブを覗き込む男が描きたかったんだね。

仕方なく、男は元の角度に戻して、ストーブを見つめたよ。

でも、こうすると、描いてる大野さんが見えない。

どんな風に見てるのか、どんな風に描いてるのか、気になるけどしょうがない。

男はストーブの前でしゃがみ込んで、じっと耳を澄ます。

耳なんか澄まさなくても、この家に音なんかなかったけどね。

ああ、時折吹く風に、壁や戸板がバタバタ鳴ったり、車かな?トラクターかな?

そんなのが通り過ぎる音はしたけど、ずっと続くわけじゃない。

部屋の中で響くのは、大野さんが動かす鉛筆と、

時々パチッと弾かれたような音を立てるストーブだけでね。

静かで、落ち着いていて、逆にドキドキするような、そんな時間を過ごしたんだ。

10分位して……ああ、もちろん時間を計ってたわけじゃないけど、

たぶん、そのくらいだったんじゃないかな。

大野さんの鉛筆の動きが止まって、スケッチブックを動かす音がして。

振り返ろうかと思ったけど、また鉛筆で怒られるのも嫌だったから、

男は大野さんがいいよと言ってくれるのを待っていた。

何度かスケッチブックを動かす音がした後、大野さんの声にピクリと体が反応する。

びっくりしたんだね。

とんでもない言葉に。

そりゃびっくりするよ。

きっと君でもびっくりすると思うよ。

「脱いで。」

大野さんは一言、そう言ったんだから。

脱いで?何を?上着?この部屋で?

ストーブが付いてたって、自分の家よりだいぶ寒い。

このストーブ一台で家中を温めているんだから。

「脱いで。」

大野さんは同じ言葉を繰り返す。

リラックスして欲しいってことなのかな?

男はいいように解釈し、着ていたコートを脱いで隣に置いた。

いくら相手が芸術家だからって、突然ヌードを描きたい、なんてことにはならないだろう。

男はそう思ってコートを脱いだんだけど、

コートを脱いだだけで、ヒンヤリしたような気がしてブルッとする。

大野さんをチラッと見ると、鉛筆を構えたまま、男を待っている。

上着のことじゃないのか?

まさか、やっぱり……。

男が困って大野さんを見つめると、大野さんはまたピッと鉛筆を振って言う。

「脱いで。」

もっと脱ぐのか?

セーターを?シャツを?まさかもっと?

男はだんだん不安になってくる。

なぜ脱がなきゃいけないのかもわからない。

ヌードが描きたいなら、そう言ってくれた方が断りやすい。

男同士だ、脱いだってさほど恥ずかしいわけじゃないし、

見せられる程度の体ではある。

だが、初めて会う相手の前で裸は……。

そんな風に逡巡していると、

「セーター、脱いで。」

大野さんが低い声でそう言って男を見つめる。

男は仕方なくセーターを脱ぎ、コートの上に重ねた。

シャツにチノパン姿。

今度こそ、本当に寒い。

ストーブで温まっているからまだマシだが、そんなのすぐ冷える。

「シャツも……。」

これ以上は無理だ。

そう思って大野さんを見ると、

今までにない鋭い視線で自分を見る大野さんに気付いて……。

逆らえなかったんだね。

もちろん、それだけじゃない。

男は……見てみたかったんだ。

大野さんが自分を、どんな風に描いてくれるのか。

本当の自分を……大野さんなら、武装してガッチガチになっている自分を、

丸裸にしてくれるんじゃないかって、そう思ったのかもしれないね。

男はゆっくりシャツのボタンを外していった。

大野さんをじっと見つめながら。










関連記事
スポンサーサイト






総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【STORY scene#4】へ  【STORY scene#6】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【STORY scene#4】へ
  • 【STORY scene#6】へ