FC2ブログ

「タイムカプセル」
手つなごぉ

手つなごぉ ①

 ←イチオクノホシ ~ Swan Lake ~ ⑥ →手つなごぉ ②
「マー君、もう帰る?」

下駄箱から靴を取り出してたら、サトシがやってきた。

「うん、帰る。サトシも?」

「うん。一緒に帰ろ?」

サトシの後ろを見ると、誰もいない。

ラッキー。

サトシ一人だ!

いつもはショウちゃんとかカズとかジュン君がやってきて、

サトシと話したくても話せない。

オレも頑張ってるんだけど、ジュン君睨むし、カズはブツブツ言うし、

ショウちゃん割って入って来るし!

サトシと一緒にいると、なんでだか和むんだよなぁ。

ちょっと嫌なことがあったり、落ち込んでる時とか、サトシといるだけで、元気になる。

嫌なことがあったわけじゃないけど、そんなサトシとは一緒にいたいじゃん?

二人並んで昇降口を出る。

パラパラ帰って行く色とりどりのランドセル。

ショウちゃん達がいないか遠くの方のランドセルも確認する。

大丈夫。近くにはいない!

「マー君のミニバス、決勝なんだって?」

サトシが話し掛けて来る。

くふふ、いつ聞いても綺麗な声。

この声が落ち着くのかなぁ。

「うん、来週の日曜。」

「マー君、出る?」

「出れるかなぁ、出れないかも。」

「そっか。出れるといいね。」

「うん。でも、出れなくても、思いっきり応援してくるから!」

「うん!おいらも応援してる!マー君が出れるように!」

「んはは、オレの応援?なんか力出る!」

オレが力こぶを出してニカッと笑うと、サトシも笑ってぴょんと飛ぶ。

ランドセルにぶら下がった給食袋もぴょんと跳ねて、なんだかどんどん楽しくなってくる。

「ちょっと寄り道して帰らない?」

「寄り道?」

サトシがちょっと首を傾げる。

「うん、河童沼の所にさ、でっかいどんぐりがいっぱい落ちてるんだって。」

河童沼は近くにある池のこと。

むか~し、河童が住んでたんだって。

たぶん、もう住んでないと思うけど。

今も住んでたら大騒ぎになってるはずだもんね?

なってないから、オレらが池に行っても怖くない。

ちょっと会ってみたい気もするけど。

「いいよ。おいらも今度の図工でどんぐり使いたいし!」

サトシと顔を見合わせ、ニッと笑って、河童沼に向かって駆け出す。

駆け出す必要はないんだけどさ。

駆け出したくなっちゃうじゃん?

河童沼に着いて、はぁはぁ言いながら、右側の池の辺を回って行く。

池の奥の方の大きな木にどんぐりがなるらしい。

足元の草を踏みしめて、奥の林の中に入って行く。

河童沼の前は道路だけど、奥は林みたいに木がいっぱい生えてるんだ。

森ってほどいっぱいじゃないから、林なんだと思う。

「あ、あった!」

サトシが、ちょっと前の木の根元にしゃがみ込む。

振り返ったサトシの親指と人差し指が大きなどんぐりを挟んでる。

あんまり見たことのない、大きくて丸いどんぐり。

「へぇ~、面白い形だね!」

オレもサトシの隣にしゃがみ込む。

オレの知ってるどんぐりは、縦長で座薬みたいな形のやつ。

夏に熱出した時、母ちゃんに入れられたんだ。

弟たちに見られて、すっげぇやだったんだよ?

おかげで熱はすぐ引いたけど、オレ、もう三年生なんだからね!

あんなの、赤ちゃんじゃなきゃできないよ!

木の根元をじっと見て、草の中のどんぐりを探す。

土の上ならすぐわかるけど、落ち葉や草に埋もれてるとすぐにはわからない。

手で避けてどんぐりを探す。

大きいのは数が少ないのか、なかなか見つからない。

「またあった!」

サトシがまた拾ったのを見せてくれる。

さっきと同じくらい大きい。

「サトシすげぇ、オレ、全然見つかんない。」

「大丈夫だよ。マー君ならすぐ見つかるよ。」

サトシが笑って、左の方の木の根元を指さす。

「あっちは?」

サトシはしゃがんだまま左の方に移動する。

転んじゃうって一瞬心配だったけど、サトシの足元はしっかりしていて、

全然転びそうじゃない。

サトシ、ああ見えて運動神経いいかんな。

サトシの靴の踵のところで、キラッと光る物が見えた。

オレもしゃがんだまま近づく。

何がキラッとしたんだろう?

落ち葉を軽く払うと、大きなどんぐりが顔を出した。

「あった!」

それをサトシに見せると、サトシもニコッと笑う。

「ほらね。すぐ見つかった!」

「うん。」

二人でうなずき合って、どんぐりを探し続ける。

「あった!」

「これ、すげぇでっかい!」

「こっちも、形がチョーおもしろい!」

二人で見せ合いながら探してたら、どんどん楽しくなって。

給食袋の中を空にして、その中にポイポイ入れていく。

その中が半分くらいいっぱいになった頃、見上げたら空が真っ赤に染まってた。

「あ、結構時間経っちゃったかな?」

サトシを見ると、サトシも立ち上がって空を見上げた。

「ほんとだ。寄り道したの、バレちゃうね。」

サトシが心配そうに眉を下げる。

「大丈夫だよ。図工で使うんだもん。必要!」

「そうだよね?必要だもんね!」

二人でうなずき合ってたら、キラッと光るものが枝の間を通り過ぎた。

どんぐりって飛ぶっけ?

そう思ってたら、今度は、池に波紋が広がるのが見えた。

え?と思って波紋の中心の方を見てみる。

池の右端、ちょっと大きめの岩が突き出てるところに……、

河童が立って、こっちを見ていた。










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【イチオクノホシ ~ Swan Lake ~ ⑥】へ  【手つなごぉ ②】へ
  • Tag List 
  •  * |
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【イチオクノホシ ~ Swan Lake ~ ⑥】へ
  • 【手つなごぉ ②】へ