FC2ブログ

Your Eyes(やま)

Secret Eyes ⑦ - Your Eyes side story -

 ←Secret Eyes ⑥ - Your Eyes side story - →Secret Eyes ⑧ - Your Eyes side story -

「櫻井君……。」

指にローションを絡めながら、櫻井君を見つめる。

櫻井君の顔は穏やかで優しいサクランボ。

「僕も……大野さんとこうするの……楽しいです。」

櫻井君の長い指が、おいらのを撫でる。

くすぐったいくらい優しく撫でて、ローションを纏わせていく。

指の甲や爪の平らな部分、そんなところを使いながら絡めていく櫻井君の指使いに

バクバクと興奮していくおいら。

「楽しくて気持ちよくて、今までのはなんだったんだろーなんて、思ってます。」

「櫻井君……。」

「誤解しないでくださいね?僕、男性とは……もちろん大野さんが初めてです。」

それは櫻井君の反応見てればわかるよ。

「女性とするのも……もちろん気持ちよかったんですけど……違うんです。」

櫻井君の手がおいらの先端を丁寧に撫でつける。

くすぐったいくらいの撫で方に、思わず背筋が伸びる。

「大野さん……?」

「あ、いいよ、続けて……。」

少し膝を開いて、櫻井君の太腿を開く。

他じゃ絶対できないような恥ずかしい恰好。

そんな自分を見ないようにして、櫻井君が話を続ける。

「こんなに感じることはなかった……。

 もちろん勃つし、気持ちよかったんですけど……。

 感じ方が違うんです。」

そりゃ、立場が違うし……。

おいらにそっちの経験がないから、なんとも言えないけど。

「大野さんに触られると……それだけで震えるんです。

 ゾクゾクっとして、もっと触られたい、触りたいって……。」

おいらだって同じだよ。

櫻井君に見つめられただけでゾクゾクして、触れられたらたまんなくなる。

「入れられたいって思う僕って……変ですか?」

櫻井君は、分かって言ってるのだろうか?

それが、ほぼ殺し文句だってこと。

「おかしいんですよ。入れられたら痛いし、圧迫感すごくて苦しいし……。

 でも、大野さんと繋がってるって思うと……それだけで幸せを感じるんです。」

「幸せ……。」

櫻井君はわかってない。

櫻井君の言葉が、どれほどおいらを昂らせるか。

痛かろうが、苦しかろうが……ヤリたくてたまらなくさせるってこと。

おっさんだって、まだまだ性欲は十分あるんだぞ?

「だから……。」

櫻井君がおいらの首に抱き着く。

抱き着いて、肩に顔を乗せると、耳元で囁く。

「僕をもっと幸せにしてください。

 僕も……大野さんを幸せにしますから。」

「櫻井君……。」

ギュッと抱きしめて……。

「あ……大野さ……。」

櫻井君の骨が砕けちゃうんじゃないかってくらい抱きしめて。

ゆっくり唇を合わせる。

甘い果汁はさらに甘さを増し、匂い立って、おいらをグルグル巻きにする。

あまりの匂いに、唇が微かに触れ合うくらい離して、櫻井君の頬に手を添える。

「櫻井君が幸せだと思うなら……思ってくれる限りは、

 おいらが幸せにしてあげるから。」

櫻井君の瞳が細くなって嬉しそうに笑う。

「ずっと、ずっと幸せだと思いますよ?

 大野さん、覚悟はできてますか?」

「え?覚悟?」

「そうです。一生僕から離れられないって覚悟です。」

櫻井君から唇を押し当ててくる。

櫻井君はわかってるのかな?

おいら達は15歳も離れてる。

おいらの方が、ずっと早く歳を取る。

櫻井君の芳香に……苦しくなる日、

櫻井君を満足させられなくなる日が、いつか必ずやってくる。

それでも君は……。

いや、考えるのはよそう。

今は、櫻井君とこうしていられる。

今は櫻井君も幸せを感じてくれてる。

それでいい。

櫻井君が幸せを感じられなくなったら……別れるだけだ。

別れられるだろうか?

このフレッシュでキラキラな櫻井君と。

……無理だな。

大人だから、別れないでと縋ることはできないかもしれないけど、

別れても、ずっとぐちぐち思い続ける気がする。

おいら結構、そういうとこねちっこいから。

いかんいかん!考えるのは止めようと思ったのに!

「大野さん……?」

櫻井君がおいらの顔を覗き込む。

「僕も……大野さんに飽きられないよう、頑張ります。」

飽きるって……。

そんなことあるわけないのに。

「僕だって、いつまでも若いわけじゃないし……。

 今みたいに可愛いって言ってもらえる歳じゃなくなったら……。」

いやいや、櫻井君?

可愛いのは若いってだけじゃないんだよ?

おいらも同じく歳を取って行くわけで。

どこまで行っても、櫻井君は可愛い櫻井君なんだよ?

「僕、大野さんみたいに可愛くなれる気がしないんです。」

だから!

おいらは全然可愛くない、ただのおっさんだから。

てか、寝物語にする話か?

「もういいから。」

「大野さん……。」

「櫻井君はいくつになっても可愛いよ。おいらが保証する。

 可愛くて、キラキラで、イケメンで……。

 いくつになってもそんな櫻井君から……きっとおいらは離れられないから。」

「大野さん……!」

櫻井君の目がキラキラと輝く。

「だから……もう…しゃべんなくていいから……。」

おいらは櫻井君の口を塞ぎ、同時に後ろに指を押し込む。










関連記事
スポンサーサイト






総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【Secret Eyes ⑥ - Your Eyes side story -】へ  【Secret Eyes ⑧ - Your Eyes side story -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Secret Eyes ⑥ - Your Eyes side story -】へ
  • 【Secret Eyes ⑧ - Your Eyes side story -】へ