FC2ブログ

Your Eyes(やま)

Secret Eyes ② - Your Eyes side story -

 ←Secret Eyes ① - Your Eyes side story - →Secret Eyes ③ - Your Eyes side story -



「あ!」

「あ……。」

触れた手はそのまま、顔を上げると、仄かに頬を染めた櫻井君。

「す、すみません……。」

「い、いや……。」

こんな反応も初々しくて可愛い。

「そんな顏で……見ないでください。」

そんな顏っておいら、どんな顔してる?

頬を擦り、手で顔を確認する。

「どんな顔してた?」

「どんなって……言わせないでください!」

櫻井君が資料をまとめてトントンと机で揃える。

おいらもファイルにしまった見積りを確かめ、櫻井君の顔を覗き込む。

「おいら、どんな顔してる?」

櫻井君は赤くなった顔を隠すようにちょっと右を向く。

「これから……ベッドに入る時…みたいな……優しい…顔です……。」

櫻井君にしては珍しく、しどろもどろになりながら説明してくれる。

まずいな。

櫻井君を前にすると、どうもポーカーフェイスになれない。

ビジネスはビジネス。

きちんと線を引かないと……。

今日も別々に帰った方が……。

「別々に帰ろうなんて言わないでくださいね。」

櫻井君が立ち上がる。

「え……。」

どうしてわかったんだろうと、不思議に思うおいらを置いて、櫻井君が一礼する。

「僕、エントランスで待ってますから。」

言い捨てて行ってしまう。

「あ……。」

仕方ない。

おいらも立ちあがり、エレベーターに向かう。

さっさと片づけてこよう。

エレベーターが開き、乗り込もうとすると、中から伊野尾が降りて来た。

「あ、大野さん、もう終りですか?」

伊野尾が嬉しそうにニコニコしながら寄って来る。

こういうとこ、室内犬みたい。

「ああ、最後の商談が終わったところだ。」

言いながら、エレベーターに乗る。

伊野尾が慌てて、エレベーターのドアを押さえる。

「じゃ、これからご飯……。」

「ああ、ダメだ。今日は先約がある。」

「先約……?」

「それにお前はランチだろ?」

「え~!俺だってお酒飲めます!」

「飲んだらつぶれるタイプだろ?

 もうちょっと強くなってから出直して来い。」

伊野尾の手を外し、エレベーターを閉める。

「大野さぁんっ!」

伊野尾の不満そうな顔が、徐々に細くなっていく。

さぁ、さっさと片づけて、櫻井君のとこに行かないと!

振り返って、ニヤけた男がこっちを見ていてびっくりする。

相手もびっくりして……。

なんだ、鏡か……。

ここのエレベーターは、鏡が付いてるエレベーターと、付いてないエレベーターが

交互になっている。

このエレベーターは付いてる方だったわけだ。

って、待てよ?

櫻井君のこと考えるとこんな顔になるのか……。

まずい!

これじゃただのスケベ爺ぃだ!

イケメンじゃないのはわかっているが、さすがにこれじゃ……櫻井君も興ざめ?

鏡に向かってキリッとビジネスモードの顔を作る。

少しはマシだ。

スーツ姿もまぁまぁ、様になっている。

エレベーターがチンと鳴る。

ゆっくりドアが開くと、思いがけない顔があって、またびっくりする。

「坂本部長!」

「おぅ、大野。」

坂本部長は笑顔でおいらが降りるのを待つ。

「どうしたんですか?」

「あぁ、城島部長に話があってな。」

おいらが降りて、手でドアを押さえると、坂本部長がエレベーターに乗り込む。

「部長に?」

「ま、野暮用だよ。」

坂本部長が快活に笑う。

誰が見てもいい男。

イケメンで、スタイルも良く、仕立てのいいスーツが似合う……。

しかも仕事もできる。

自分に厳しく、人にも厳しい。

城島部長のふんわり部を包み込む包容力ともまた違って、率先して先頭に立つタイプ。

男から見ても……魅力的だ。

「そう言えば……大野、J社も担当してたよな?」

「はい。ウチの取引先です。」

坂本部長が、少し考え込むように、首を傾げる。

「何か……ありますか?」

「いや、近い内に飯でも食いに行くか?」

「はぁ……。」

何か不穏な空気を感じ、曖昧に返事する。

「お前は……相変わらず欲がないな。」

「欲……ですか?」

「愛想ともいう。……少しは上司にいい顔しろよ?」

「ははは、愛想ないですか、俺。」

「ないな。普通上司に誘われたら、二つ返事でOKするだろ?」

「す、すみません。」

おいらは頭を掻いて苦笑いする。

そんなおいらを見て、坂本部長がニヤッと笑う。

「お前、結構、俺好みなんだから。

 いや……好みが似てるのか?」

坂本部長が。ポンポンとおいらの肩を叩き、開閉ボタンを押す。

坂本部長のスレンダーな体が、どんどん細くなっていく。

好みが似てるって……どういう意味だ?

まさか、やっぱり……櫻井君?

ドアが締まりきり、エレベーターが動き出す。

しまった!エントランスに櫻井君がいる!

おいらは慌ててデスクに戻り、パソコンをシャットダウンする。

「大野さん、これ……。」

事務の女の子が、伊野尾に頼んでおいた資料を指さし、何か聞きたそうに寄って来る。

「すまない。急いでるんだ!」

めずらしく慌てているおいらに、事務の女の子もそれ以上は言わず……。

ガタガタと櫻井君の資料を引き出しにしまう。

「明日の朝、速攻で見るから!」

上着をひっつかみ、エレベーターホールに引き返す。

「お先っ!」

「お疲れ様です!」

女の子の声に軽く手を上げ、オフィスを出る。

ちょうど来たエレベーターに乗り込む。

櫻井君……坂本部長と遭遇してるかな?

櫻井君は愛想がいいから……。

部長に誘われたら……取引先だし、NOと言えないんじゃ……。

急げ!エレベーター!

いつものエレベーターが、遅くてもどかしい。

1階に付き、ゆっくり開くドアを押し開けるようにして、エントランスに走った。













関連記事
スポンサーサイト






総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【Secret Eyes ① - Your Eyes side story -】へ  【Secret Eyes ③ - Your Eyes side story -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Secret Eyes ① - Your Eyes side story -】へ
  • 【Secret Eyes ③ - Your Eyes side story -】へ