FC2ブログ

「Sunshine(やま)」
Sunshine(やま)【41~60】

Sunshine (47)

 ←Sunshine (46) →Sunshine (48)


「ショウ君、あの言い方!」

店を出て、ショウ君は足早に駅に向かう。

「わかってる!俺だって大人げないなぁと思ってるよ。」

小走りにショウ君を追いかけてたおいらは、ショウ君の背中にぶつかって、

パフッと顔を打つ。

「痛っ……。」

鼻を押さえて見上げると、振り向いたショウ君がおいらの肩に両手をかける。

「でも!俺の中の危険信号がピコピコ鳴るんだよ。

 あいつは危険だって!」

「危険て……。」

「なんかわからないけど……花沢さんに感じたのと似てるんだよ。」

「そんなことあるわけ……。」

おいらは笑って否定する。

だって、東山さんだよ?

あんな貫禄もあって、社会的地位も高い人が……。

「絶対なんかある!何かサトシと……深いとこで繋がりそうで……怖いんだ。」

ショウ君がぎゅっとおいらを抱きしめる。

ショウ君……。

勘違いだと思うけど、おいらが東山さんの先祖と会ったことがあるのはたぶん、事実で……。

だから、繋がりがあるって言えばあるけど……。

おいら達に特に何かあったわけでもないのに……。

でも……。

ショウ君がそう思うんなら……。

おいらもぎゅっとショウ君を抱きしめる。

「わかった。大丈夫だから。」

「サトシ……。」

ショウ君の背中をトントンと叩いて、体を離す。

「こんなとこでショウ君と抱き合ってたら、みんなに注目されちゃう。」

ニコッと笑うと、ショウ君がまた不満そうな顔をする。

「いいじゃん、注目されても。」

「いいけど、ダメ。」

そうだよ。

ショウ君がどんな顔でおいらを抱きしめるか、みんなに見せるわけにいかないじゃん?

その顔は、おいらだけの顔だから!

「早くジュン君とこ行こ。土曜日だから込んじゃうよ!」

今度はおいらがショウ君の手を引っ張った。



ジュン君の新しいお店は上野から一本。

20分位電車に揺られてれば最寄駅に着く。

もちろん、今回も女性達の視線はショウ君に注がれ……。

なのに、ショウ君はおいらの頬を撫でたり、揺れる度に庇ってくれたり……。

二駅くらい過ぎた頃、揺れたおいらを庇うように、ショウ君がおいらの腰を引き寄せると、

ちょっと離れた席からキャァと小さな悲鳴が上がった。

びっくりして振り返ると、女子高生の二人連れで。

二人は慌てて口を隠し、一人は違う違うとなぜか顔の前で手を振ってて。

おいらが首を傾げると、女子高生は顔を赤くしてさらに顔をブンブンと横に振る。

「な、なんでもないんでございます!」

「イケメン同士なんて、こんなラッキー……あ、いや……。」

「気にせずお続けになっていただければ、感謝この上なく……。」

変な敬語で、おいら達に続けろとジェスチャー。

続けろったって、何を?

問いかけるようにショウ君を見上げると、ショウ君も、さぁ?って感じで首を竦めた。



ジュン君のお店は駅から歩いて10分弱。

駅からそんなに遠くないのに、静かな裏通りにあって、

ジュン君には珍しく、ナチュラル感のある緑の多いお店。

白い壁のところどころに貼られた古いタイルと引き戸が、

古民家みたいな雰囲気で、庭の緑も眩しい。

中に入って行くと、まだ人はまばらで、ジュン君は鍋を掻きまわしながら指示を出してる。

忙しそう……。

「ジュン君。」

来たことだけは知らせようと思って声を掛ける。

おいら達を見つけたジュン君が笑顔で近寄ってくる。

「来てくれたんだ。あ、ショウちゃんまで!」

「もちろんだよ。ジュン君のコーヒー飲みたいもん。」

「サトシ一人で来さすわけにいかないからな?」

ジュン君が笑う。

「ふふふっ、その方が俺は嬉しかったけどね~。」

ジュン君は心にもないこと言って、面白そうに笑う。

「スミレ!」

カウンターに両手を付いて、顔だけで呼ぶ。

ジュン君に呼ばれて、すぐスミレさんもやってきて。

「あら、サトシ君とショウ君。いらっしゃい!」

綺麗な人はジーパンと白Tでもオシャレなんだよね~。

スレンダーなスミレさんは足も長くてジーパンが似合う!

しげしげとスミレさんを見たショウ君が、顎を撫でてうなずく。

「やっぱりお前にスミレさんはもったいないな?」

「そう思う?俺に言わせれば、ショウちゃんにサトシはもったいないけどね!」

「ばか。俺らはお似合いって言うんだよ!」

ショウ君がおいらの肩を抱いて、胸を張って見せる。

「そう思ってるのはショウちゃんだけだって知らないの?」

「ほらほら、お客さんに何言ってるの。」

スミレさんに、メッて睨まれて、ジュン君がクスッと笑う。

「ゆっくりしてって。お昼は込むからあんまり相手できないけど。」

「ううん、コーヒー飲めれば十分!」

「ランチも食べるでしょ?」

「うん、その為にお腹空かせて早く来た!」

おいらがそう言うと、ジュン君が優しい顔で笑う。

うん。

この店にその笑顔、すっごく似合ってる!










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【Sunshine (46)】へ  【Sunshine (48)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Sunshine (46)】へ
  • 【Sunshine (48)】へ