FC2ブログ

愛してると言えない(やま)

愛してると言えない 47話

 ←愛してると言えない 46話 →愛してると言えない 48話


「そっかぁ、引っ越しちゃうのかぁ。」

相葉が生姜焼き定食を置きながら、残念そうな顔をする。

「はい……。」

置かれた定食から、美味しそうな匂いが漂う。

俺はそれを、クンと嗅ぎ、割りばしを割る。

「いつ?」

「今月末には……。」

お椀を取り上げ、味噌汁を混ぜる。

味噌の香りが食欲をそそる。

「寂しくなるね……。」

「短い間でしたが、お世話になりました。」

ペコッと頭を下げると、釣られるように相葉も頭を下げる。

「俺の方こそ。」

「食べに来ます!きっとここのご飯、食べたくなると思うから。」

そう言うと、相葉が嬉しそうにクシャッと笑う。

「来てよ、来てよ。待ってるから。」

「はい。」

味噌汁を啜り、お椀を置くと、通り過ぎようとした相葉が半歩戻る。

「今月末なら花火は見れるね?絶対見てってよ、花火。」

「引っ越し当日だからどうかな……。見れたら見ますね。」

「うん、商店街あげてのイベントなんだ。結構感動するから!」

相葉は俺の肩を叩いて、今度こそ通り過ぎる。

花火大会……。

もうここに来ることもないだろう。

最後に見られるようなら……。

引っ越しと言っても大してやることもない。

荷物もないし、引っ越した後で必要な物は買うことになるだろう。

俺は生姜焼きを口に入れる。

この味も最後だ。

濃い目の醤油を味わいながら、茶碗を手にし、ガツガツ口いっぱいに頬張った。



引っ越し当日、オーナーに挨拶を済ませ、二宮の部屋をノックする。

ノックしてもすぐには出てこない。

暫くしてもう一度ノックすると、戸が細く開いて、二宮が顔を出す。

「……なに?」

もうとっくに昼も過ぎているのだが、

寝起きなのか、半分目の閉じた二宮がゴシゴシと目を擦る。

「あ、今日、引っ越しなのでご挨拶に……。」

「そうなんだ……、ご苦労様。」

ご苦労様と言う挨拶は、この場に似つかわしいのか?と思ったが、

二宮にとっては合っているのだろう。

俺は笑顔で返す。

「お世話になりました。」

「何もお世話してないよ?」

年齢の割に小さな丸い手が、まだ目を擦っている。

お世話……されてはいないか。

してくれたのは……。

俺は笑ってごまかし、軽く会釈する。

「それじゃ……。」

「……あ。」

二宮の声に振り替えると、目の開いた二宮が、思い出したように言う。

「冷蔵庫のビール……。」

「ああ、飲んじゃってください。持って行くのも面倒なんで。」

二宮がニコッと笑う。

「ご馳走様で~す。」

俺はまた会釈し、二宮に背を向ける。

「大野さんには挨拶したのー?」

俺の背に向かって二宮が叫ぶ。

「まだ……ですが?」

再度振り返った俺に、二宮がクスッと笑う。

「ちゃんと挨拶して来なよ?お世話してもらったんだから。」

意味深に笑う二宮に、そうですねとだけ告げ、廊下を大野の部屋まで歩く。

二宮はそのまま戸に肩を預け、俺を見ている。

戸の閉まる音がしない内に大野の部屋の前に立つ。

ノックしようとして戸惑う俺に、二宮が顎で行けと促す。

仕方なく、大野の戸をノックする。

すぐに戸は開き、出て来た大野が俺を見て驚いた顔をする。

「……どうした?」

「あ……引っ越しの……ご挨拶に……。」

大野を直視できず、つま先を見ながら答える。

「今日か……。」

「はい……。」

「……何時頃……出て来んだ?」

「荷物も少ないので……夕方には……。」

「そうか……。」

会話が続かない。

挨拶に来ただけなのだから、続ける必要もない。

俺は会釈し、最後にひと目だけ大野を見ようと顔を上げる。

上げた瞬間、大野と目が合う。

黒く焼けた精悍な顔に、優し気な瞳……。

グッと込み上げる何かを抑え込もうと、唇をかみしめる。

大野は瞬きもせず、じっと俺を見つめ、ほんの少し頬を緩める。

「元気でな……。」

「……はい。」

一瞬目をつぶり、小さくうなずく。

最後に見る大野の顔が、優しく笑う顔でよかった。

俺も笑顔を作り、大野を見返す。

「花火……見てくのか?」

「……時間があったら……。」

「見ていけるといいな……。」

「はい……。」

俺は会釈し、戸を閉める。

振り返ると、ニヤニヤしながら見ている二宮と目が合う。

全部見ていたのかと、ムッとすると、二宮が小さな声でつぶやく。

「花火……見て行けば?あのチラシ、作ったの俺だし。」

それがどうした?と言いたかったが、グッと我慢する。

「花火の題字書いたの大野さんだし。」

題字を大野が……?

二宮は、言うだけ言って部屋に戻って行く。

変わった人だったと、ここで二宮と関わった事柄を思い起こす。

引っ越してきた当日のこと、盗聴器の件……。

漫画家志望の引きこもり……。

ここを出て行けば、たぶんもう二度と会うこともない。

二宮にも、大野にも……。










関連記事
スポンサーサイト






総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【愛してると言えない 46話】へ  【愛してると言えない 48話】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【愛してると言えない 46話】へ
  • 【愛してると言えない 48話】へ