FC2ブログ

「Sunshine(やま)」
Sunshine(やま)【21~40】

Sunshine (39) 虎次郎とお団子

 ←愛してると言えない 36話 →ナイスな心意気 (22)


台風一過の今日。

ショウ君は欠伸を噛み殺しながら仕事に行った。

んふふ。

「台風だから、どんなに声だしても大丈夫だよ?」

そう、耳元で囁いてキスしてきたの、ショウ君だからね!

だから、おいらもちょっと寝不足。

ふぁ~あ。

眠い……。

でも、やっと晴れたから!

洗濯もしなくちゃだし、それに……。

おいらはリビングのカーテンをシャッと開ける。

外の光が眩しい!

でも……。

やっぱり庭はすごいことになってて!

ハーブはなぎ倒されてるし、どこから飛んできたかわからないゴミ箱の蓋はあるし。

夏野菜は終わっちゃってるから大丈夫だけど、葉っぱや小枝もたくさん!

これ、いったい何だろうってものも!

プラスチックの何かの部品?

シャワーキャップみたいなビニールのカバー。

スーパーでよく見る、お肉やお魚の容器も。

「はぁ~、これは掃除が大変だ!」

庭を見回して溜め息をつく。

でも、ちゃんと掃除しないと虎次郎、来てくれなくなりそうじゃない?

なんか、すっごく綺麗好きな気がするんだよね、虎次郎。

おいらは庭に下りて、箒と塵取りを出す。

「まずは大きなゴミからかな?」

空を見上げると、青空で。

太陽の光はあったかくて。

「う~ん!」

箒と塵取りを持ったまま、伸びをする。

風が汚い物を全部持ってっちゃったみたいに気持ちいい空気。

「さ、がんばろ!」

おいらは箒をサッサッと動かす。

早く掃除終わらせないと、虎次郎が来ちゃう!



やっと掃除が終わって、洗濯機から洗濯物を持って庭に下りると、

見計らったみたいに虎次郎がやって来る。

生垣は壊れることなく無事でホッとする。

あそこが壊れたら、虎次郎、来れなくなっちゃうかもしれないから。

「おはよ、虎次郎。」

虎次郎はチラッとおいらを見て、のっそのっそと定位置に向かう。

「昨日は大丈夫だった?風の音、すごかったよね。」

おいらが話し掛けても、虎次郎はふてぶてしい顔で、いつもの場所で丸くなる。

「んふふ、虎次郎が無事でよかった。心配したんだよ?」

丸くなった虎次郎は目をつぶって……もう昼寝?

あったかい太陽の光を浴びてたら、眠くなっちゃうよね。

ふあぁ~、おいらもまた欠伸が……。

「タマ!」

半分欠伸したまま、突然の声に振り返る。

隣のおばあちゃんが、生垣の向こうから虎次郎を見てびっくりした顔してる。

「あんた、大丈夫だったのかい?心配したんだよ。」

虎次郎はおばあちゃんに気付くと、スタスタと寄って行く。

「ちょっと待っておいでね。あんたの好きなの持ってくるから。」

おばあちゃんはニコニコ笑って、家の中に入って行く。

「虎次郎の好きなもの?」

おいらが首を傾げると、虎次郎がニャ~ゴと小さく喉を鳴らす。

しばらくして、隣の庭に戻ってきたおばあちゃんが、お皿に乗った何かを差し出す。

「ほら、お食べ。」

おばあちゃんは虎次郎の前に皿を置き、虎次郎を覗き込むようにしゃがむ。

「あんたが大好きなみたらし団子だよ。」

お皿の上には小さめのみたらし団子が2本。

それを、虎次郎がペロペロと舐め始める。

ピンクの舌が、みたらしを舐める度、虎次郎の目がさらに細くなる。

「兎屋の団子、好きだっただろ?」

おばあちゃんはにこにこしながら、虎次郎が食べやすいよう、皿の向きを変える。

虎次郎は、嬉しそうにおばあちゃんを見上げ、

これまた嬉しそうにニャ~ゴと鳴く。

「そうかそうか、美味しいかい。」

しゃがむと本当に丸く小さくなっちゃうおばあちゃんが、

コロコロ笑顔を振りまく姿に、おいらもなんだか嬉しくなってくる。

「お団子、好きなんですね……その…タマ?」

おいらにとっては虎次郎。

でも、おばあちゃんにとってはタマ。

虎次郎にはいっぱい名前があるらしい。

「そうなんだよ。特にこの兎屋の団子が好きでね。」

「兎屋さん……この辺にあるんですか?」

「いんや、上野の方なんだけどね。

 遠いからなかなか買いに行けなくて。

 私も大好きだから、娘が買って来てくれてね。」

「優しい娘さんですね。」

「そんなことないんだよ~。」

そう言いながら嬉しそうに笑うおばあちゃんは可愛くて。

「おいらも近くに行ったら買ってきますね。兎屋さんのお団子。」

「美味しいから、絶対食べてごらん。」

それからおいらとおばあちゃんは娘さんの話やお孫さんの話を一頻りして。

気付けば、皿の上には串が2本残ってるだけで(笑)

虎次郎は……と思ったら、案の定、いつもの場所で、のんびり日向ぼっこ。

温かいし、気持ちいいし、お腹いっぱいだし。

今日はずっとおいらんちでお昼寝してくれそうだね。

娘さんに呼ばれて、おばあちゃんが戻って行く時、

おばあちゃんがおいらの手にお団子の包み紙を握らせる。

「これがあれば迷わないよ。」

そう言って、にっこり笑って帰って行くおばあちゃん。

手の中の紙を広げて見る。

茶色い包み紙には、兎の絵と屋号が散りばめられてる。

あれ?なんか、これ……どっかで見たことあるような……。

気のせい?










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【愛してると言えない 36話】へ  【ナイスな心意気 (22)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【愛してると言えない 36話】へ
  • 【ナイスな心意気 (22)】へ