FC2ブログ

愛してると言えない(やま)

愛してると言えない 29話

 ←愛してると言えない 28話 →愛してると言えない 30話


電車の入口付近に寄りかかり、外を見つめる。

電車が走り出すと、ホームが流れ、明るい空が目に飛び込んで来る。

けれど、俺の心には、モヤモヤとした霧が立ちこめる。

なぜ大野は嘘をついた?

美咲はフラれていた。

付き合っていたわけではない。

ではなぜ大野はあんなに犯人を憎んでいる?

殺したいと思うまでに……。

電車がガタッと揺れる。

両足で踏ん張ったが、肘が窓に当たる。

軽く肘を撫で、先ほどの潤を思い出す。

憔悴し切った顔……。

最初に面会に行った時では、きっと話してくれなかったであろうことも、

今回素直に話してくれたのは、疲れ切っていたからだろう。

それは、潤が限界に来ているということ……。

急いであげないと。

急いで……真実を見つけ出して……。

最寄駅の名がアナウンスされる。

俺は帰りを急いだ。

大野にとって美咲は……。

……俺に隠していることを聞かなければ……。

俺達は一緒に犯人を捜すと約束したのだから。



アパートに戻ると、真っ直ぐ大野の部屋をノックする。

大野はすぐに顔を出す。

「行って来たか。」

コクリとうなずき、大野の部屋に入る。

「で、松本はなんて?」

大野が折り畳み式のテーブルの前で胡坐を掻く。

俺も大野のはす向かいに腰を下ろす。

「美咲さんと付き合っていたと……。」

「ほらな。」

大野は胡坐を掻いたまま手を後ろにつく。

「年明けに知り合って、付き合うことになって……、俺と付き合う少し前に別れたと。」

大野は目を細めて俺を見る。

「別れた原因は……潤は俺に告白する為……。」

そうだろ?やったのは松本だと言わんばかりに。

「美咲さんは……好きな人に告白する為に。」

「好きな人……。」

大野の顔から表情が消える。

その後は、俺の報告を終始無言で聞き続ける。

最後にメールの話をすると、大野の眉がピクッと上がる。

「自暴自棄?」

「はい……。もういい、潤君は幸せになってと……。」

「美咲……。」

大野がやっと俺を見る。

「大野さんですよね?告白の相手は。」

大野は何も言わず、ただ俺を見続ける。

「美咲さんのこと……断ったんですか?だったらどうして……。」

そんなに犯人を憎んでいる?

「俺じゃ美咲にもったいない。」

「そんな問題じゃないでしょう?美咲さんが好きなのはあなたなんですから!」

大野の目が寂しそうに歪む。

「イヤリングを貰って勇気が出たって相葉亭の店主も言ってました。

 親密になっていたんでしょう?」

大野は何か言い掛け、グッと胸元で拳を握り込む。

「店主の前で泣くほど悩んで……やっと告白したんです。

 たぶん、生まれて初めて……。」

視線が、俺に何かを求めるように揺れる。

「告白は……食堂ですね?

 美咲さんはあのイヤリングをして、大野さんに告白した……。」

大野の視線が下がる。

「二人に何があったかわからない。でも……イヤリングは落ちた。」

あの食堂で、落ちたのにも気づかないような出来事……。

それしか考えられない。

「あなたにとって美咲さんは何なんですか?

 恋人じゃなかった。でも、犯人を殺したいほど憎いと思うのは……。」

もう俺にはそうとしか思えなかった。

「美咲さんはあなたの……肉親?」

大野の肩がギクッとする。

大野は父親に育てられたと言っていた。

美咲は幼い頃に母を亡くしたと……。

「……そうだよ。美咲は俺の妹だ。両親の離婚でバラバラになった……。」

「…………!」

わかっていても息を飲む。

「美咲は知らない……。俺にも微かに記憶にある程度だ。

 ただ、親父はたまにこっそり様子を見に行っていたらしい。

 俺は、親父の遺品の中に美咲の写真を見つけて……成長した美咲を知っていた。」

大野は胡坐の膝に肘を付き、右手の甲を左手で撫でる。

「ここに……美咲が越して来た時はびっくりした。

 まさかと思った。

 一人っきりになった俺の為に、親父が寄越してくれたんだと思った……。」

大野はやけどや汚れの染みついた自分の手の甲を見つめる。

「でも、美咲には言えなかった。突然、俺が兄だって言われたらどうする?

 困んだろ?若い女と関わることなんてなかったからな……。

 戸惑っているうちに……言えなくなった。

 言わなくてもいいかと思った。

 美咲は兄がいることも知らないだろうし……。」

大野は拳を作り、それを覆うようにもう片方の手で握る。

戸惑いながらも、手助けしていた大野を想像する。

相葉亭の店主も可愛がっていたと言っていた。

それを美咲は……。

「美咲の態度が変わって来ていたことには気づいていた。

 でも、彼氏ができたからだろうと……。」

大野が軽く膝を叩く。










関連記事
スポンサーサイト






総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【愛してると言えない 28話】へ  【愛してると言えない 30話】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【愛してると言えない 28話】へ
  • 【愛してると言えない 30話】へ