FC2ブログ

夏疾風(やま)

夏疾風 そして、パンツは今…… 後編

 ←夏疾風 そして、パンツは今…… 中編 →Sunshine (29) -ふたりのカタチ side story -

「え?お、俺だって……。」

松本が見つめた先にいたのは二宮で……。

「え?え~~っ?」

相葉、大野、櫻井が驚いて振り返って二宮を見る。

「可愛いなと思ってずっと見てました!お願いします!」

サッと松本が右手を差し出す。

「む、無理!無理無理無理!私は相葉先生が……。」

二宮は、女子高生のように胸の前で両手を振る。

「と言うことは……。」

櫻井は一同を見回し、大きく腕を組む。

「3人には動機がない。」

ハッと気づいた3人が交互に視線を合わせ、力強くうなずく。

「そりゃそうだよ。櫻井さんのパンツなんて……。」

松本が、外国人よろしく、手の平を上げる。

「お、俺も!だってお気に入りあるし!」

相葉が思いっきり手を挙げる。

「私だって、どんな珍しい繊維でできていても、櫻井さんの使用済みパンツなんて……。」

二宮は鼻で笑って横目で櫻井を見る。

「と言うことは……。」

松本、二宮、相葉、櫻井の視線が大野に向けられる。

「え……あ……。」

4人の視線に、キョロキョロ視線を泳がす大野。

「そうなの?智君なの!?」

櫻井の膝が一歩前に出る。

4人の視線から、逃げ場はないと観念した大野が答える。

「そ、そうだよ!翔君のパンツ盗ったの、俺だよ!」

叫ぶ大野に、仰け反る4人。

「ええ~?」

「なんで?」

「大野さんがっ?」

「智くぅ~んっ!言ってくれればそんなのいくらだって……!」

4人を見回し、口を尖らせた大野がボソボソと話し始める。

「パ、パンツが欲しかったわけじゃ……。

 ただ、掃除しようと思ってシャワー室入ったら、見覚えあるパンツがあって……。」

静かに話を聞く4人。

「パ、パンツも見せる仲?」

興奮ぎみの相葉が隣の二宮に聞く。

「そりゃそうでしょ?付き合ってるならパンツくらい……。

 なんなら、パンツの中身だって……。」

「きゃあ~っ!な、中身まで~?」

わざと指を開いた手で、口を抑え、女子のような仕草をする相葉。

「うるさいっ!」

松本に怒られ、シュンとした相葉が、どうぞ続けてと大野を促す。

「あのパンツ……相葉先生からのプレゼントだって嬉しそうに翔君が話してて……。」

「バカ?あなたそんなこと話したの?」

二宮に睨まれ、櫻井が言い訳する。

「それは……隠し事のないカップルになりたくて……。」

「カ、カップル!」

反応する相葉の頭を、二宮の手がゴンと叩く。

「痛っ。」

頭を撫でながら、大野の続きを待つ。

「他の人のプレゼントしたパンツが、翔君のを包んでると思ったら……。」

「つ、包むって……。」

顔を赤くし、想像する相葉をもう、松本も二宮も止めはしない。

「翔君を包んでいいのは俺だけだろ!?」

「智君……。」

櫻井が大野を見つめる。

大野も櫻井を見つめ返す。

「そうだよ、俺のを包んでいいのは智君だけっ!

 未来永劫、智君だけに包まれていたい!」

「翔君っ!」

手を取り合い、見つめ合う二人を、茫然と見守る3人は……。

「ね?これ何?」

「さぁ……。」

「愛だよ、愛っ!」

興奮した相葉が松本の手を握る。

「俺らも愛を育もう!」

「相葉さんは私とね!」

「いやいや、二宮先生は俺と……。」

「じゃあさ、三人で育もうか?」

「三人で?」

戸惑う松本と二宮の手を取り、相葉が目を輝かせる。

「男同士を受け入れられるんなら、三人も受け入れればいいじゃん!」

「え?」

「そういうもん?」

「そうだよ!三人で愛し合おう!」

「……まぁ、いっか?」

仕方なく、松本も二宮の手を取る。

「二宮先生も一緒なら。」

「え?」

驚いた二宮も首を振り、二人の手を握り直す。

「仕方ありませんねぇ。固定概念に縛られていたら、新しいものは生まれない。」

見つめ合う三人に気付いた大野と櫻井が、不思議そうに首を傾げる。

「で、どんなパンツだったの?」

松本が相葉に聞く。

「ああ、夏っぽいやつ。」

「夏?確か、櫻井さんの誕生日って……。」

「そ、冬だったから、3枚1000円!」

「なるほど!」

「じゃ、それ履いて……打ち上げちゃう?」

相葉が言うと、大野と櫻井の顔が、サッと赤く染まる。

「こっちは3人って……どうするの?」

「どうしよっか~。」

相葉は悩むわけでもなく、ニコニコ笑いながら、二人の肩を叩く。

「大丈夫。なんとかなるから!」

心配する素振りのない相葉に、松本と二宮が顔を見合わせる。

大野がごそごそとポケットからパンツを取り出す。

大輪の花火を模ったパンツ。

それを櫻井に差し出す。

櫻井は首を振り、大野の肩を抱く。

「俺らにパンツなんか必要ない。」

「翔君……。」

「さ、今すぐ大きな花火を打ち上げよう!」

「ちょっと待て!ここ学校……。」

「じゃ、すぐ家に帰ろう!」

櫻井が大野をグイグイと押し、用務員室から出て行こうとする。

「待て待て。今日はフェスティバルに行くって……。」

「じゃ、速攻で見て、速攻で帰ろ!」

「ノーパンでか?」

「パンツなんて履いてない方がすぐできる!」

「大して変わんねぇだろ!」

「とにかく、すぐに花火打ち上げたいっ!智く~んっ!」

「ばかっ、離れろ!」

「今日は離れないっ!」

「ば、ばか……。」

嬉しそうな大野を抱きかかえるように、櫻井は自分の車に向かう。

「櫻井さんっ!」

後ろから声を掛ける3人に、振り向かずに手を振る二人。

「じゃ、俺らも行く?」

「どこへ?」

「フェスティバル!いろいろあるらしいよ?」

「もう帰る時間ですし……付き合ってあげてもいいですよ。」

「行こ行こ。パンツ履いて!」

松本が声を上げて笑う。

「大丈夫。履いてないの櫻井さんだけだから!」

「違う違う、三人でオソロで履いてこ。」

「あなた、何枚持ってるの?」

「ん~、9枚?安かったから3セット買った~。」

山の方から、大きな音がする。

今日は山の日。

山フェスティバル。

まだ暗くならない空に、大きな花火が打ち上がる。





「しょ、翔君っ!……んあっ!」

「どう?今の花火、おっきかった?」

「……翔君のは、いつも大きいよ……。」

「智君っ!」

「でも……もっと大きいの欲し……。」

「ナイアガラにする?それともスターマイン?」

「ぁあっ……!」

「今日は、二人だけの花火大会だ!」

「ん…はぅ……俺、体持つかな……。」



こっちの花火も……無事打ち上がり、

大野のポケットでクシャクシャになったパンツは……。

洗濯機の中で、華麗な花火を打ち上げる。










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Baby Blue(いちご)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
【夏疾風 そして、パンツは今…… 中編】へ  【Sunshine (29) -ふたりのカタチ side story -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【夏疾風 そして、パンツは今…… 中編】へ
  • 【Sunshine (29) -ふたりのカタチ side story -】へ