FC2ブログ

ワイルドアットハート(やま)

ワイルドアットハート 10

 ←ワイルドアットハート 9 →Petit Love so sweet 3


次の日はグループでの収録。

もちろん一緒に仕事に向かう。

「ほら、行くぞ。」

「待ってよ、智君っ!」

相変わらずの朝なのに、なぜだかニマニマする。

「何ニヤけてんの?」

振り返って、不思議そうな、でもちょっと意地悪そうな智君に、

いいからいいからと玄関を出る。

「昨日のあれ、恥ずかしがってるかと思ったのに。」

クスッと笑う智君。

昨日、バスルームから出た俺を、智君はちゃんと待っててくれて、

仲良くコーヒーを飲んで、寝た。

シャワーを浴び、酔いの冷めた俺は、自分のしたことを思い出し、顔厚忸怩(じくじ)……。

そんな俺を、ふんわり笑顔でただ見守ってくれた智君……。

大人だな、俺もちゃんとしなきゃな……そう思って……。

だからかな?

意地悪そうに笑う智君も、俺にとってはふんわり笑顔の智君と変わりない。

俺もボソッと答える。

「あれだけ恥ずかしいことしちゃったから、開き直り!」

「あはは。翔君らしい。」

収録現場には、相葉君だけ先に来ていて。

「おはよ。」

挨拶すると、智君がサッと俺から離れる。

やっぱり知ってる?

気を……使ってるよね?

すぐにニノもやってきて、相葉君に昨日の舞台の話を振る。

「そう言えば、どうだったの?昨日の舞台。」

「よかったよ~。みんな頑張ってて。」

相葉君が楽しそうに昨日の話をしだす。

智君はそれを聞いているのかいないのか、スマホを弄って、何か見てる。

「翔ちゃんも行ったんでしょ?」

ニノがスマホを開きながら聞いてくる。

「ああ、行った。面白い演出だったよ。」

「へぇ、どんな?」

「舞台がね……。」

俺は話しながらチラッと智君を見る。

智君は変わらずスマホを見続けてる。

「で、終わってから飲みに行ったの?」

ニノの問いに相葉君が答える。

「行った行った!翔ちゃんのおごり~。」

相葉君が嬉しそうにそう言うと、ニノが間髪入れず頭を下げる。

「じゃ、俺もゴチになりま~す。」

「ははは。行ったらね?」

「当然!それくらいいいでしょ?私の相葉さんを譲るんだから。」

部屋中の空気が止まる。

え?なんですって?

私の相葉さん?

譲る?

二宮さん、もう一度言ってもらってもいいですか?

ビクッと固まった相葉さんに、スマホを見たままの智君。

そんな二人を気にすることもなくニノが話し続ける。

「だって、そうでしょ?」

ニノはスマホを弄って、俺の顔を見もしない。

「長年連れ添った相葉さんが、突然、

 翔君が好きになった、別れて欲しいなんて言い出すんだから!」

「ニノ!」

相葉君が叫ぶ。

え?ええ~っと、待って、待って!

長年連れ添った……?

誰と誰が?

ニノと相葉君が?

その二人が別れて、俺に……?

え?男同士って全然ありだったの~?

「言わなくていいのに。」

「言いたくなっちゃったんだから、しょうがないじゃん。」

悪びれた様子もなくニノが笑い、困った顔の相葉君が、申し訳なさそうに俺を見る。

「私から相葉さんを奪っておいて、大野さんと暮らすなんて言い出して……。

 全く翔さん、わけわかんないんだから!」

「それは俺が……。」

智君が口を挟もうとして、相葉君に遮られる。

「違うんだ、俺翔ちゃんとは……。」

「何?まだ告ってもないの?」

「それはしたけど……。」

「だったら幸せな二人でしょ?俺との時みたいに隠したいの?

 隠す必要ないでしょ?いいよ、隠さなくて。ね?リーダー?隠される方が嫌だよね?」

「う、うん……。」

智君は眉を八の字にして返事する。

そんな風に聴かれたら、うんて言うしかない!

はっ!

まさか、智君、誤解しちゃった?

誤解する?

それは……。

智君を悲しませることなんて……。

「ニノ!」

俺が呼んでもチラッと見るだけで、スマホを離さない。

「俺が付き合ってるのは智君だから!

 俺、智君と付き合ってるから!」

「翔君!」

「翔ちゃん……!」

「え……?翔さん?」

やっと顔を上げたニノに向かって、もう一度言う。

「俺は智君と付き合ってる。相葉君は……ごめん。」

相葉君に向かって頭を下げる。

「え?あ?翔ちゃん?リーダーと……?」

俺は頭を上げ、力強くうなずいて……また頭を下げる。

「翔君……。」

智君の声だけで困ってるのがわかる。

でも、こういうのはちゃんとしないと!

「まさか、相葉さん、断ったわけ?」

ニノの言葉に抑揚がない。

すっかり俺と相葉君が上手くいったんだと思ってたんだな……。

「返事は要らないって言われてたんだけど……智君とこうなったから、

 ちゃんと話そうと思ってた。」

「はぁ?ばっかじゃないの!相葉さん振るなんて!」

そんなこと言われても、俺が付き合うことになったのは……、付き合ってるのは智君で……。

第一、男同士で付き合うって……俺にはクリフの壁より高いハードルなんだよ!

爆弾発言の連続に、4人が無言でお互いの顔を見比べていると、ドアがガチャッと開いた。

入って来たのはもちろん松潤。

「おは……あれ?どうしたの?なんか雰囲気ヤバくない?」

松潤がいつもの席に荷物を置く。

「ヤバイも何も……。」

ニノが一部始終を説明すると、松潤の顔色が変わる。

「それ、本当なの?」

松潤が聞いたのは智君。

智君は黙ってコクッとうなずいた。










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【ワイルドアットハート 9】へ  【Petit Love so sweet 3】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ワイルドアットハート 9】へ
  • 【Petit Love so sweet 3】へ