FC2ブログ

ワイルドアットハート(やま)

ワイルドアットハート 1

 ←WONDER-LOVE Ever -31- →ワイルドアットハート 2
「俺さ、翔ちゃんのこと好きみたい。」

え?なんですと!?

「だから、翔ちゃんのこと好きみたいなんだ。」

相葉君が、照れ臭そうにポジポジとこめかみを掻く。

「え、あ……そうなんだ……。」

ふわっと笑った相葉君の顔にドキッとする。

「男同士だし、メンバーだし、どうこうしようなんて思ってないから、気にしないで。

 ただ、言ってすっきりしたかっただけだから。」

言ってすっきり……するのか……?

俺なら絶対すっきりしない!

……しない、ような気がする……。

「それだけ!ごめん、呼び留めて。」

相葉君は爽やかな笑顔を残して行ってしまう。

その後ろ姿を見送りながら、羨ましいような、切ないような気持ちになる。

男が男を好き……あり……なのか?

いや!ありえないでしょ!



「ドラマ、お疲れさん!」

松本がニノの肩を叩く。

「これでやっとゲームに集中できる。」

ニノは、スマホからチラとも視線を上げず、答える。

松本も、気にする風もなく、いつもの席に座る。

「でもまだ映画の番宣あるじゃん。」

「それね。ま、番宣だけだから。」

いつもの風景、いつもの楽屋。

俺もいつも通り、新聞とスマホを交互に見る。

スマホのカラフルなアイコン。

その一つに指を乗せ、躊躇して離す。

アイコンは開かない。

見たい。

でも今はまずい。

後ろから覗かれたら大変だ。

変に思われるどころか……人格さえも疑われる。

もちろん、言い訳は考えてある。

だけど……。

もう一度アイコンを見つめ、小さく息をつく。

いやダメだ。

まずは新聞に目を通そう。

俺は新聞を持ち直し、続きの記事に視線を向ける。

「はよ。」

ドアが開いて、チラッと見ると、入ってきたのは相葉君で、

一瞬目が合って、ドキッとする。

相葉君は何もなかったような笑顔で、ニノに近づいて行く。

え?本当にすっきりしてるの!?

「ニノちゃん、お疲れさま~。」

「まだ仕事、始まってないけど?」

「違うよ、ドラマ~。」

相葉君の笑顔は曇り一つない。

マジか。

マジですっきりしちゃってるのか。

メンバーだし、男だし……と悶々とした俺はなんだったのか。

「翔ちゃん、翔ちゃん!ニノのドラマ、翔ちゃんも見てた?」

相葉君はフツーに話しかけてくる。

「あ、ごめん、全部は見れてないや。」

「ニノちゃんがべらぼーにカッコいいよね!

 俺、絶対ケンカしないようにしようと思った!」

「なんで?」

聞いたのはニノ。

「あんなドスの利いた声で言われたら怖いじゃん。」

「少しは怖がれ!」

ニノがゲームしながら笑う

「でもきっと、ニノだから怖くない~。」

相葉君もニノのスマホを覗き込みながら笑う。

「それよりさ、あのドラマのカメラアングル!」

「カメラ……?」

「俺がニノ見てるアングル!」

「なんだそれ!」

二人は笑いながらニノのゲームの話に切り替わる。

昔からいつも一緒の二人。

一緒に頑張って、一緒に泣いて……。

でも、そんな相葉君は俺のことが好きだと言った……。

俺はテーブルに肘を付き、相葉君とニノを見つめる。

やっぱり相葉君は気にしてないように見える。

俺も……気にしなくていいのかな……?

そこへドアがガチャっと開いて、智君が入って来た。

「おはよ。」

眠そうな智君が、眠そうに笑う。

みんな、それぞれに挨拶を返す。

「おはよ。」

「珍しいね、一番最後。」

「昨日遅かったんでしょ。」

松本が、智君に寄って行く。

「お前と違って仕事な?」

智君がクスクス笑っていつもの席にドカッと座る。

「それより……マンション、バレたらしくって。」

智君の言葉に、みんな一斉に振り返る。

「バレタ?」

「今のマンション?」

「バレタって?」

「何かあったの?」

最後に俺が聞くと、智君が俺を見る。

「何かあったわけじゃないんだけど……そろそろ引っ越さなきゃかなぁと思って。」

智君は溜め息混じりにテーブルの上のペットボトルを掴む。

「張られてるっぽい。」

「張られてるって……なんか、心当たりあるの?」

ペットボトルの水をゴクゴクと飲み、視線だけ俺に向ける。

「ないよ、全然。でも居心地悪いじゃん?」

そりゃそうだ。

誰かに監視された生活なんて、居心地いいわけない。

「じゃ、すぐに引っ越し?」

「そうもできないから……ちょっとの間、ホテルにしようかな。」

「ホテル?」

「ほとぼり冷めたらいなくなるかもしんないし、様子見るのに。」

智君が、ペットボトルのキャップを閉め、トンとテーブルに置く。

「ホテルじゃ、いろいろ面倒じゃない?」

「そうでもないよ。寝に帰るだけなら……。」

皆に注目されて、智君がクスッと笑う。

「何もないから心配すんな。」

心配そうな三人が顔を見合わせ、微妙な顔をする。

そりゃ心配だよな。

何かあってからじゃ遅すぎる。

「じゃ、じゃあさ、ほとぼり冷めるまでなら……俺んち来る?」

思わず出た言葉に、自分でもびっくりする。

こういうのって、どうなの?

嫌だと思っても、断りづらかったりする?

誘うのって変?

一瞬の間に次々言葉が頭の中に溢れてくる。

「え?翔君ち?」

驚く智君に、うなずく。

智君も複雑そうな顔をする。

「なんか、不都合ある?俺は全然かまわないけど。」

言ってしまった手前、ちょっと押し気味の俺。

「え?でも……、迷惑じゃない?」

「全然!気にしなくていいから、来なよ。」

智君が三人を見回し、最後に俺を見て、申し訳なさそうに眉を下げる。

「いいの?」

「もちろん!」

そこへスタッフが入って来て、話は中断されたけど……。

智君が、俺の家に来る?










関連記事
スポンサーサイト






総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【WONDER-LOVE Ever -31-】へ  【ワイルドアットハート 2】へ
  • Tag List 
  •  * |
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【WONDER-LOVE Ever -31-】へ
  • 【ワイルドアットハート 2】へ