Sunshine

Sunshine (23) -ふたりのカタチ side story -

 ←Sunshine (22) -ふたりのカタチ side story - →Sunshine (24) -ふたりのカタチ side story -


「二人だけでお出かけしたの?」

おいらが聞くと、言い辛そうに二人がうなずく。

「それは怒っちゃうよ。おいらだって、昨日、ほんとに心配したんだよ。」

おいらはノアとブランをぎゅっと抱きしめる。

「どこかに入って出られなくなっちゃったんじゃないかって、

 心配で心配で……。

 たったあれだけの時間であんなに心配だったんだから、

 ママンとパパは相当心配したんじゃない?」

二人は顔を見合わせる。

「それは大丈夫。ちゃんと同じ時間に帰ってきたから……。」

……同じ時間?二人はどこへ……おでかけしたの?

「よ、よくわからないけど、でも心配したんだと思うよ。

 二人だけで出かけちゃったんでしょ?

 まだ二人だけで出かけるのは……どうなのかな?」

二人を交互に見つめると、二人の顔がどんどん下を向いて行く。

「素直に謝った方がいいんじゃない?」

二人の頭を撫で、二人の顔の高さまでしゃがみ込む。

「謝るなら早い方がいいよ。時間が経つと謝りづらくなるんだよ。」

二人がチロッと横目で視線を合わせる。

どうする?

謝った方がいいのかな?

って、目で会話してるみたい。

「ちゃんと謝って、それでもおいらんちに来たいなら……その時は考えてあげる。

 でも、心配かけたのに、謝りもせず、おいらんとこに逃げて来るのはダメ。」

「ん……。」

ノアは切なそうな顔をし、ブランがふて腐れたような顔をする。

「だから、ちゃんと謝っておいで。

 ショウ君だって、小さい頃、お父さんとよくケンカしてたんだけど、

 自分が悪い時はちゃんと謝ってたよ。」

「ショウ君って……あのおじさん?」

おじさんって!

おいらも同じ歳なんだけど……。

ノア達から見たら、十分おじさんか……。

「あいつ、帝王様そっくりなんだもん。」

ブランが片頬を上げ、面白くなさそうにつぶやく。

「だから、朝、後ろの髪、ピンと立たせてやった!」

立たせて……?

あの跳ね、ブランの仕業?

どうりで直らないと思った!

ブランには不思議な力があるんだね。

ノアもかな?

パパは火を吐くらしいし……猫ってすごい。

人間が知らないだけで、いろんな力があるのかもしれないね。

でも、これ夢だから……。

おいらの想像?

でもおいら、こんなに想像力あると思えないんだけどなぁ。

う~む、どうなんだろ?

でも……。

「じゃ、きっと、パパも二人のこと考えて怒ったんだと思うよ。」

これだけは確か!

「どうして?」

「だって、ショウ君に似てるんでしょ?

 ショウ君に似てる人が悪い人なわけないし、

 第一、二人のこと、とっても可愛がってたでしょ?

 きっとパパも同じだよ。」

二人がまたチロッと視線を合わせる。

「大丈夫。ちゃんと聞いてくれるから。

 ショウ君だって、自分が悪い時は泣きながら謝ってたんだよ。

 悔しいけど、自分が悪いからって。

 そんなショウ君だから、好きになった。」

そう。小さい頃のショウ君は今以上に負けず嫌いで、正義感が強くって。

だから悔しい思いもたくさんしてた……。

どんなにお父さんに怒られても、悪いことした友達の名前、言わなかったり、

あの竜の木の時だって、残りたがったのはおいら達なのに、

お父さんには本当のことは言わなくて……。

それでも笑って、ちょっと腫れた頬をポリポリ掻いてたショウ君。

そんなショウ君に似てるパパだもん。

きっと情が深くてあったかい人に決まってる!

二人はチロチロ視線を合わせ、下を向いたと思ったら、

ブランが口を開く。

「わかった。ママンに話してみる。」

「うん。」

おいらはにっこり笑って二人の頭を撫でる。

「えらいね。ちゃんと二人で考えられて。」

二人は照れ臭そうに笑って、ノアがおいらを見上げる。。

「戻るけど……また来るね。」

「うん、待ってる。」

ノアの目がウルウルと潤んできて……。

おいらの腰に抱き着いてくる。

うん、ちゃんと謝って、遊びにおいで。

夢の中でもいいから。

ノアの背中を撫で、もう片手でブランを抱き寄せる。

「あ……。」

声を上げ、ちょっと嫌がる素振りを見せるブランを、ギュッと抱きしめる。

「ブランともっと遊びたかったな。」

頭を撫でると、何も言わず、ブランもおいらの腰に抱き着く。

「早く行っておいで。おいらが別れづらくなっちゃうから。」

「うっ、うっ、うん~っ。」

ノアが泣き出して、ブランの目も赤くなってくる。

「そんな顔したら、おいらだって~。」

三人で抱き合いながらおいおい泣いて。

夢の中だってわかってるのに、なんか現実みたいで……。

泣いてるうちに目が覚めた。

目が覚めると、目尻をツーッと涙が零れた。

おいら、現実でも泣いちゃってる……。

目をゴシゴシ擦って起き上がり、庭を見る。

庭の真ん中の一番日当りのいい場所に、煮干しの頭が二つ落ちてた。

「虎次郎は頭が好きなのに……。」

おいらは庭に降り立ち、煮干しの頭を拾う。

二匹を……連れて帰ってくれたかな?

虎次郎、よろしく頼むね!










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png BORDER
【Sunshine (22) -ふたりのカタチ side story -】へ  【Sunshine (24) -ふたりのカタチ side story -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Sunshine (22) -ふたりのカタチ side story -】へ
  • 【Sunshine (24) -ふたりのカタチ side story -】へ