FC2ブログ

愛と勇気とチェリーパイ(5人)

愛と勇気とチェリーパイ #20 上

 ←Love so sweet №93 →愛と勇気とチェリーパイ #20 下


眉は眉尻から描く。

その方が形が取りやすいから。

シャドーは薄め。

でもメリハリははっきり。

口紅はいつもより赤くして。

鏡に映るあたしを見つめる。

うん。可愛い。

可愛くなってる。

さ、行くぞ。

でもその前に……あたしに勇気を満タンにして!



「いらっしゃい。」

扉を開けるといつもの笑顔。

ニノちゃんが優しい顔であたしを迎えてくれる。

「カウンター?」

ちょっと肩を上げる仕草が可愛くて、うなずいて、いつもの席へ。

この店に初めて来た時、あたしの心は荒んでた。

それをこの店の5人が癒してくれた。

だから、今回も!

席に座って顔を上げる。

目の前ではアイバ君がサイフォンを掻きまわしながら、あたしに気付く。

太陽みたいな笑顔。

「あれ?ちょっといつもと雰囲気違くない?」

竹べらを置いて、コーヒーが落ちるのを待つアイバ君が、不思議そうに顎を撫でる。

「うふふ、気付いた?いつもと口紅の色が違うの。」

本当はいろいろ違うけど……イチイチ説明するのはめんどくさい。

聞かされても困るしね?

「あ~、そっか。うん、いつものお姉さんよりパキッとしてる!」

パキって……張り詰めてるってこと?

さすがアイバ君……見抜いてる。

「ばぁか、そんなの私だって気付いてるんですよ。

 それを言わないのが接客ってもんでしょ?」

「そお?気付いて欲しい時もあるよ?ね?」

最後の、ね?はあたしに向かって。

今日のあたしは、気付いて欲しいような、気づかれたくないような……。

どっちにしろ、あたしの前にイケメンがいる!

それだけで!

ニノちゃんは何を思ったか、カウンターに入って行く。

「で、お姉さん、ご注文は?」

ニノちゃんが落ちきったフラスコを持ち上げ、カップに注ぐ。

いつもはしないのに。

黙って見守るアイバ君。

「あぁっ。」

アイバ君が心配そうにニノちゃんの両脇から手を伸ばす。

「ニノ、熱いからね?気を付けてよ。」

「わかってるから。子供じゃないんだから。」

カップに注ぎ終え、ほらね?と振り返るニノちゃんが冷めた目でアイバ君を見る。

なのに、振り返った拍子にフラスコがニノちゃんの手に当たって、

アチッとフラスコを手放す。

ガタンとキッチンの上に投げ出されたフラスコ。

素早くそれを押さえ、さらにニノちゃんを抱え込むアイバ君。

「だから気を付けてって言ったのに。」

「え?今のはアイバ君のせいでしょ?」

「どうして俺?」

「そうでしょ。どう見ても。」

二人が言い争いを初めて……。

あたしはクスクス笑う。

そうそう、そういうのが見たいの。

何言い争ったって、イチャイチャしてるようにしか見えない。

アイバ君は心配して、ニノちゃんは甘えて、

そんな言い争い、可愛い以外の何がある?

クスクス笑うあたしに気付いて、二人が顔を見合わせる。

恥ずかしそうな二人の顔もまた可愛い!

「で、お姉さん、何にする?」

「うふふ。えっとねぇ。」

あたしはまだ笑いがおさまらない。

いいの。思いっきり楽しむの。

ここに来たら、あたしの心は開放されて、ただ楽しい時間なんだから。

「今日のケーキは?」

あたしが聞くと、ニノちゃんがキッチンに向かって声を掛ける。

「MJ!今日のケーキ何?だって!」

キッチンから、顔だけ出すMJ。

んっもう!それだけでこんなに可愛いなんて罪じゃない?

「あ、お姉さん、いらっしゃい!」

にっこり笑う天使。

ん~っ!

ありがとう!天使の笑顔!

「今日のケーキはね、チョコレートムース。

 中に洋酒漬けのチェリーとクルミが入ってる。」

あ、今日は大人のケーキなのね?

「じゃ、ケーキとコーヒーで。」

あたしが三人を見回すと、三人が了解!って感じでそれぞれの持ち場に戻る。

MJがキッチンに消え、アイバ君がサイフォンの用意をする。

ニノちゃんがお冷とおしぼりを持って来て……。

気付けばショウ君もレジに戻ってる。

「お姉さん、来てたの?いらっしゃい。」

にっこり笑顔はいつもと違って前髪がある……。

あたしが不思議そうに見ていると、ショウ君が恥ずかしそうに前髪を弄る。

「あ、これ、朝、時間なくて……。」

時間?

そういうの、ちゃんとしそうなのに。

「寝坊?」

あたしが聞くと、頬を赤くしたショウ君が、視線を外してフワッと笑う。

「うん……ちょっと……。」

ちょっと……?

ちょっと何?

「店長でしょ?」

アイバ君がニヤニヤしながら、話に入って来る。

え?まさか……まさか、とうとう店長と!?

あたしは瞬きもできず、ショウ君を見つめる。

あたしの目力に押されたのか、ショウ君が小さな声でつぶやく。

「うん……店長が夜やってきて……。」

ああ、とうとう!

おめでとう!ショウ君!

で?受けはどっちなの?

その時の流れを逐一報告してくれる!?

「あはははは。やっぱり行ったんだ。」

アイバ君が楽しそうに笑いながらサイフォンに火を点ける。

ん?アイバ君が知ってるって、どういうこと?

「酔っぱらってくると店長、必ずショウちゃんの話するから~。

 今回もそれかと思ったから、止めなかったんだよね~。」

あたしが首を傾げながらショウ君を見ると、ショウ君はサラサラの髪を掻きながら、

恥ずかしそうに口を尖らせる。

「店長……俺んち来て、ズカズカ上がり込んだと思ったら……。」

思ったら……?

「ショウ君!今から練習するから!って。」

……て?

なんの練習?










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Baby Blue(いちご)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 
【Love so sweet №93】へ  【愛と勇気とチェリーパイ #20 下】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Love so sweet №93】へ
  • 【愛と勇気とチェリーパイ #20 下】へ