FC2ブログ

「短編」
短編(いろいろ)

モノクロ 中

 ←モノクロ 上 →モノクロ 下


翔君と一緒にいると時々顔を出すモヤモヤに気付いて、

翔君といると、さらに笑えなくなった。

「大野君、どうする?俺、蕎麦。」

翔君がキラッキラの笑顔で笑う。

「あ、俺、てんぷら定食。」

本当は蕎麦くらいでよかったのに、翔君と同じのにしたくなくて……。

……子供っぽいのはわかってる。

「そんなにお腹空いてる?さっき弁当食べたばっかじゃん。」

翔君がふふっと笑う。

「す、空いてんだよ。」

翔君が眩しくて、翔君に背を向け、頬杖をつく。

それでも翔君が笑ってるのがわかって……。

モヤモヤが顔を出そうとしたのを、無理やり押し返す。

「大野君、舞台、始まるんでしょ?」

「ぅん、まぁ……。」

最近売り出し中の劇団の舞台に出ることになった。

若い劇団が求めてるのは新しい客。

舞台なんか見たことない人達にも、舞台の面白さを伝えたい。

その為においらを呼んでも無駄なのに。

おいらじゃ、きっと役に立たない。

翔君とかなら、きっと……。

でも、舞台はやりたかったし、社長の意向は絶対で。

テレビを避けたかったおいらにはちょうどいい。

舞台が始まれば、忙しくなる。

翔君との仕事も減る。

おいらにとっても好都合だと、自分を奮い立たせて仕事を受けた。

「頑張ってね。俺も楽しみ。」

翔君の声は優しい。

いつでも……。

それにさえイライラするのは、きっとおいらが悪いんだ。

「ん。」

小さく答えて、机の端の傷をポリポリとひっかいた。

剥き出しの木の切れ目から、棘が爪の間に刺さる。

「痛っ。」

本当に小さな声だったのに、気付いた翔君が近寄って来る。

「どうしたの?」

「だ、大丈夫。」

「大丈夫じゃないでしょ?見せて。」

「いいから!」

優しい翔君を両手で振り払う。

ああ、ダメだ。

翔君といると、おいらがどんどん嫌な奴になる。

こんなおいらを見せたくなくて、

この間の翔君みたいに机に突っ伏して、寝たふりを決め込む。

おいらの様子を遠巻きに見ていた翔君だけど、寝たと思ったのか、

静かな足音が遠のいて行く。

ピタッと右の方で立ち止まって、しばらく動かない。

何してんだろ……。

気になったけど、寝たふりしたせいで、そっちを見ることもできない。

もう少ししたら、顔の向きを変えよう。

そう思って様子を窺(うかが)っていたら、背中がフワッと温かくなる。

この間のおいらみたく、翔君も背中に何か掛けてくれた……?

翔君の……上着……?

少しだけ目を開けると、目の前にコートの襟が見える。

背中はとってもあったかくて、翔君の優しい匂いがした。



「お疲れさま~。」

「お疲れさま~。」

グラスを合わせて、ビールを煽る。

最初こそ観客も少なかったが、舞台は徐々に盛り上がって、

劇団のみんなとも打ち解けられるようになった。

余計なことを考えず、ただ舞台のことだけに集中できたのは、

おいらにとってもよかったのかもしれない。

ひたすら体を動かして役になりきれば、翔君のことを忘れていられる。

心の中のモヤモヤも……。

「いやぁ、大野君がこんなにやるとは思わなかった。」

一緒に舞台に立った劇団の人がおいらの肩を叩く。

おいらはこそばゆくてモジモジ笑う。

「正直さ、アイドルに芝居なんてできんの?って思ってた。

 でも、大野君はさ、そんなちっぽけな俺の考えを覆してくれた。

 ありがとう!」

だいぶ酒の入った劇団の人は、大きな声と赤い顔で、

おいらの手を握って、ブンブン振り続ける。

「やめなさいよ。ほら、大野君だって迷惑そう。」

「そんなことないよな?」

褒められて嬉しかったおいらは、小さくうなずいて、にっこり笑う。

気を良くした劇団の人が、どんどんおいらのグラスに酒を注ぐ。

「ま、ま、今日は飲も。飲も~っ!」

乾杯すると、みんな一斉に半分ぐらい飲み干す。

それを何度も繰り返し……。

何度目の乾杯か……。

舞台が終わった達成感と、褒められた嬉しさとアルコールの力で……。

本当にビールが美味しくて……。

すっかりモヤモヤしたものを忘れていた。



「ん、ん~。」

うすぼんやりと目を開ける。

霞む視界に映るのは……白い天井……?

どう見てもここは居酒屋じゃない。

動こうとしたら、頭がズキッと痛んだ。

ここは……?

「あ、起きた?」

この声……。

体を起こそうとして、ガンガンする頭に死にそうになる。

気持ちも悪い……。

「んっ……。」

思わず胸を押さえる。

「水……。」

翔君に背中を支えられながら、ペットボトルを渡される。

「グラスの方がいい?」

「だいじょ…ぶ……。」

蓋を外されたペットボトルから、水を一気に流し込む。

早くアルコール、薄めないと……。

これ以上、醜態をさらしたくない。

ゴクゴク水を飲むおいらを見て、翔君が嬉しそうに笑った。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【モノクロ 上】へ  【モノクロ 下】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【モノクロ 上】へ
  • 【モノクロ 下】へ