FC2ブログ

「時計じかけのアンブレラ」
GreenLight(やま)

Green Light ⑬

 ←Green Light ⑫ →Green Light ⑭


目覚めたショウが、おいらを探すように首を左右に動かす。

「おはよう。よく眠れた?」

ショウは静かに笑う。

「はい。すっかり充電できたようです。」

立ち上がろうとして、動きを止める。

ショウに繋がれた無数のコードがショウを引き留める。

「サトシ……?」

「もう少し、待ってて。」

マツモト君がニヤニヤしながらそう言うと、おいらの腰に腕を回す。

ショウの視線がマツモト君の腕に集中する。

マツモト君はクスクス笑いながら、もう片方の手でおいらの頬を撫でる。

「ドクター……綺麗な肌ですね。」

彫りの深い顔が色気全開で迫って来る。

おいらが後退りすると、マツモト君の体が、グッとおいらに寄って来る。

「ね、いいでしょ?……ドクター……。」

「マ、マツモト君……。」

さらに後退ろうとするおいらを、逃がさないとばかりにマツモト君の腕に力が入る。

「ちょ、ちょっと……。」

逃げ腰のおいらの背を、マツモト君がギュッとつねる。

「い、痛っ。」

小さな声で叫ぶと、マツモト君の目がキッと睨んで小さく首を振る。

仕方なく体をこわばらせながら、後ろに出した足を引く。

ニコッと笑うマツモト君は、いつも通りさわやかで……。

「ドクター…。」

マツモト君の顔が近づく。

ホクロの位置までしっかりわかる距離のマツモト君の迫力はすごくて……。

圧倒されていると、マツモト君の唇がおいらの唇に重なった。

マツモト君の唇は弾力があって主張が強い。

押し付けられる感触も、ショウとは全然違う。

ショウの唇は、いつも遠慮がちで、おいらの唇を探すように重なって来る。

されるまま、抵抗せずにいると、マツモト君の顔がゆっくり離れる。

「ドクターの唇、柔らかいですね。」

笑うマツモト君が、チラッとショウを見る。

ハッとして、おいらもショウを見ると、ショウは大人しく椅子に座ったまま、

おいらとマツモト君をじっと見ている。

「ショ、ショウ?」

おいらはマツモト君の腕を払い、ショウに駆け寄る。

「なんでしょう?サトシ?」

ショウの腕に触る。

……?

熱くなってはいないようだ。

フリーズも……してない?

モニターに見入っているマツモト君を見ると、マツモト君の眉間に皺が寄る。

「マツモト君……。」

「変化、ないですね……。」

出力された帳票を二人並んで確認する。

確かに波形に変わった所はない。

「ショウ……。」

おいらはショウの方を向く。

「はい。なんでしょう?」

「おいらと……その、マツモト君を見て、何か思わなかったか?」

「サトシとマツモトさん……?」

「ああ、今の……おいら達を見て……。」

言い辛そうなおいらに、ショウがクスッと笑う。

「ええ、マツモトさんはサトシが大好きなんだと認識しました。」

「大好き?」

おいらとマツモト君が顔を見合わせる。

「はい。大好きのチューでしょ?可愛いのチューですか?」

おいらはホッとして、だいぶがっかりして、ショウの手を握る。

「そうだね。マツモト君はおいらが大好きみたいだ。」

冷たいショウの手を離し、ショウに付けられたコードを外していく。

「ドクター……。」

マツモト君は面白くなさそうに口を歪める。

「この実験は失敗だ。ショウにはわかるんだよ。

 君の好意が師弟愛以上でないことが。」

おいらはクスクス笑う。

ショウは学習している。

人間の表情を読み取って、何が正しいのか、瞬時に判断している。

実験は失敗だったが、おいらは満足して、うんうんとうなずく。

「じゃ……相手を変えて実験です!」

「え?」

思わず手にしていたコードを落とす。

「相手……?」

「そうです。被験者を10名ほど用意しますので、待っててください!」

マツモト君は、善は急げと言わんばかりに研究室を飛び出していく。

おいらとキスしてくれる相手を10人も集めるなんて……。

今日中には無理だろう。

そう思い、コードを外したショウを立たせる。

「さ、帰ろう。」

ショウの手を引こうとして立ち止まる。

ショウは帰る気がないのか、動こうとしない。

「ショウ?」

おいらが振り返ると、ショウが言いにくそうに小さな声で言う。

「私にも……してくれませんか?大好きのチュー……。」

おいらは笑ってショウを引き寄せる。

「当たり前だろ?大好きだよ、ショウ……。」

ショウの後頭部に手を回し、ショウの唇に唇を重ねる。

ショウの舌がおいらの舌を舐めるように絡め、おいらの唾液で、動きがスムーズになる。

「ショ……。」

絡めた舌はやっぱり冷たいけど、おいらの背中に回った腕は、仄かに温かいような気がして、

おいらはさらに唇を押し付ける。

唇で唇を撫で、舌で冷たいショウを感じる。

「ショウ……大好きだよ……。」

「私も……大好きです……。」

おいら好みのイケメンが優しく笑い、おいらの背を押す。

「さ、帰りましょう。

 今日は、コーヒーの新しいブレンドをサトシに試してもらいたい。」

「今までと違うの?」

「酸味をさらにおさえてみました。気に入ってもらえるといいのですが……。」

「大丈夫。ショウの判断に間違いはないよ。」

おいらは笑って研究室のドアを開く。

そうだ。ショウの判断に間違いはない。

今回も、これからも。










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【Green Light ⑫】へ  【Green Light ⑭】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Green Light ⑫】へ
  • 【Green Light ⑭】へ