FC2ブログ

「時計じかけのアンブレラ」
GreenLight(やま)

Green Light ⑤

 ←Green Light ④ →Green Light ⑥

おいらはショウより早く目覚める。

いつも目覚ましより先に目を覚ますのだが、

ショウが来てからは、寝たふりをしてショウを待つ。

今日もそうだ。

目覚めてはいるが、目をつぶり、ショウが来るのを待つ。

ショウは6時きっかりにおいらを起こしに来る。

ほら、やってきた。

ショウの静かな足音が近づき、寝室のドアが開く。

「サトシ、朝です。起きる時間ですよ。」

ドア付近で一度声を掛けてくれる。

でも、おいらはまだ目を開けない。

すると、ベッド脇まで来て、おいらの肩に手を掛け、少し揺する。

「サトシ、朝です。起きる時間です。」

それでもまだ目を開けない。

ショウにおいらの狸寝入りはわからない。

そんな情報インプットしてないから。

ショウは仕方なく、ベッドに腰かけ、体を捻るようにして、おいらの頬に手を添える。

「朝ですよ……起きないのですか?」

ショウの声色が柔らかい。

添えられた手が、そっと頬を撫でる。

くすぐったくて、ピクッと口角が上がる。

それに気づいたショウが、フワッと笑ったような気がした。

「サトシ……起きてください。」

仕方なく、うっすら目を開ける。

「おはようの……キスは?」

おいらは寝言みたいにそう言って、また目をつぶる。

ショウの体が近づいて、おいらのおでこにチュッと唇が当たる。

しっとりと柔らかい感触に湿り気はない。

サラッとしていて、やや冷たい。

今度は粘膜も……作ってみようか。

「さ、起きてください。今日は出かけるのでしょう?」

「ああ、そうだね。そろそろ起きないと……。」

目を開け、至近距離のショウに笑い掛ける。

すると、ショウがまたおいらのおでこに唇を当てる。

「これは……おはようのキス?」

おいらは笑いながら上半身を起こす。

それをショウが腰に手を当て、助けてくれる。

「違います。可愛いのキスです。」

ショウが生意気そうな顔で笑う。

「可愛い?おいらが?」

おいらの不満顔を見て、ショウがさらに笑う。

「はい。寝起きのサトシは可愛いです。」

ショウは立ち上がり、おいらの腕を引っ張り上げる。

「コーヒーが入っています。シャワーを浴びて着替えたら、朝食ですよ。」

おいらはショウに続いて立ち上がる。

「着替える前にご飯が食べたい。」

欠伸を噛み殺しながら言う。

「わかりました。先に朝食の用意をします。

 コーヒーを飲んで待っていてください。」

ショウが寝室のドアを開け、おいらを促す。

おいらが頭を掻きながら、寝室を出たると、ショウがパタンとドアを閉めた。



身なりを整えると、おいらはショウと一緒に海に向かう。

運転席にショウを乗せ、おいらは助手席に乗り込む。

ショウには運転技術も装着済みだが、車は自動制御で目的地に向かうから、

運転する必要はない。

それでも運転席のショウはハンドルを握り、車の状態を確認する。

「なんでそんなことするの?」

おいらが聞くと、ショウが爽やかに笑う。

「サトシが乗る車だから。間違って事故でも起きたら大変です。」

「んふふ。ショウは心配性だね。」

「サトシが心配しなさすぎなんです。」

「もし事故にあったりしても……ショウが助けてくれるだろう?」

「もちろん。」

ショウはにっこり笑って前を向くと、アクセルの代わりに右側のボタンを押す。

車が静かに動き出す。

左側のレバーを自動に切り替え、ハンドルから手を離す。

ハンドルがひとりでに動く。

後は海に着くのを待つだけだ。

「サトシは……。」

ショウはおいらの方を向き、人差し指で唇を撫でる。

ほぉっとちょっと驚く。

これはおいらが偶にするクセだ。

これが長じて爪を噛んでしまうので、できるだけやらないようにしてるのだが……。

きっと時々やってるんだな。

ショウはよく見ている。

おいらがクスッと笑うと、何か言い掛けたショウが、話を続けず、

不満そうに眉根を寄せる。

「なぜ笑うんですか?」

明らかに不満そうな声に、さらに楽しくなってくる。

「んはは……。笑っちゃいけない?」

「そうではありません。……私を見て笑ったから。」

ショウは、おいらより高い位置から上目遣いでおいらを見る。

「可愛いなと思ってね。」

「可愛いことなんか、何もしてません。」

「んふふ、ショウが何をしても、おいらには可愛くしか見えない。」

「サトシ……、今朝の……仕返しですか?」

ショウの顔が照れ臭そうな不満そうな、何とも言えない顔に変わる。

「ああ、その顔もいいね。おいら好みだ。」

おいらはショウの後頭部に腕を回し、頬にチュッと唇を付ける。

「サトシ……!」

「可愛いと思ったから、キスしたんだ。

 今朝のショウと一緒だよ。」

ショウは恥ずかしそうに睫毛を伏せ、視線をフロントガラスに向ける。

「そういうのを……意地悪と言うんじゃないですか?」

「そうかなぁ?こういうのは愛情表現と言うんだよ。」

「愛情表現……?」

「そうだ、愛情って言うのは……。」

言い掛けて口を噤(つぐ)む。

アンドロイドに愛情を教えるのは……難しい。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【Green Light ④】へ  【Green Light ⑥】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Green Light ④】へ
  • 【Green Light ⑥】へ