FC2ブログ

「ふたりのカタチ」
On Sunday(天然)

On Sunday ②

 ←On Sunday ① →On Sunday ③
「いらっしゃい。」

「こんにちは~。」

マー君ちのドアが開いて、満面の笑みがおいらを迎えてくれる。

マー君の後ろでは、ピョンピョン跳ねるショウ君と、

尻尾をピンと立てて、じっとおいらを見るサトシ君。

相変わらずの2匹に、おいらもクスッと笑う

「入って入って。ちょうど焼けたとこ!」

家中が餃子の美味しそうな匂いに包まれてて、

あったかくって楽しいマー君ちが、さらに熱くなってる感じ!

「おじゃまします。」

おいらが靴を脱ぐと、ショウ君がすぐ寄り添ってくる。

「ショウ君、久しぶり。」

頭を撫で、その毛触りに懐かしくなる。

ショウ君が後ろ足で立ち上がっておいらに抱き着いたから、おいらもぎゅっと抱きしめる。

大きくて、あったかくて、優しい、

名前の通りショウ君みたいに頼りがいのある犬のショウ君!

猫のサトシ君は、そんなショウ君を、綺麗な宝石みたいな目で見てる。

「サトシ君も相変わらず可愛いね。」

おいらが声を掛けると、じっとおいらを見つめる黄色く光る瞳。

ちょっと考えるように小首を傾げ、

あっという間に、ショウ君の足を踏み台においらに飛び乗る!

「ひゃっ!サトシ君!」

おいらの肩に乗り、おいらの頬をペロッと舐める。

「歓迎してくれるの?嬉しい。」

おいらがサトシ君の方を見ると、サトシ君がちょっと体を引く。

片手でサトシ君が堕ちないように抑えながら、

腰に抱き着いたショウ君を下してリビングに向かう。

「もうすぐショウ君も来るからね。」

猫のサトシ君も、おいらと一緒でショウ君が大好き。

きっとおいらのほっぺにショウ君の匂いがついてたんだ。

「あ、ショウちゃんも来るの~?」

マー君がキッチンで、餃子を焼きながらおいらを見る。

「うん、帰りに寄るって~。」

「じゃ、ちょっと焼くの待って取っておこうか?」

「うん、焼き立てが一番おいしいからね!」

マー君はフライパンに蓋をして、優しい顔で笑う。

ほら、マー君の頬のクシャッとした皺!

おいら、大好きなんだよね。

サトシ君が、おいらの胸を蹴って、ソファーに飛び乗る。

おいらはキッチンに入って、マー君の隣に並ぶ。

おいらとマー君の間で、おいら達を見上げるショウ君が、ハァハァと舌を出す。

「マー君の餃子、本当に美味しいよね?

 何が違うんだろ……。」

おいらがじっとフライパンを見つめると、隣でマー君がひゃひゃひゃと笑う。

「そりゃ、企業秘密です!」

「え~、おいらには教えてよ~。」

わざと拗ねたみたいに言ってみせると、マー君がお兄ちゃんみたいな顔をする。

「じゃ、サトシにだけ、ちょっと教えてあげようか?」

「うん!」

マー君が手を口に添えて、内緒話みたいに、おいらの耳に顔を近づける。

間にショウ君がいるから、肩を近づけて聞こうとしたら、マー君がおいらの肩に手を掛けた。

その拍子に、スルッと体を抜くショウ君。

おいらとマー君はちょっとバランスを崩して、びっくりするくらい顔が近づく。

チュッ。

慌てたマー君の口から、可愛い音が零れる。

あんまり一瞬で、何が起こったのかわからない。

「ご、ごめん!」

「え?何が?」

おいらが首を傾げると、マー君が赤い顔でブンブンと手を横に振る。

「わ、わざとじゃないんだよ。」

「だから、何が?」

マー君は何をそんなに慌ててるの?

「だから、その……チュー……。」

マー君の声がどんどん小さくなる。

なんだ、そんなこと?

おいらは、おかしくて、ふっと声を漏らす。

照れたマー君が可愛くて、逆にチューしたくなっちゃうじゃん!

「んふふ、いいよ~。全然気にしてないよ~。

 さっき、サトシ君にもされたし。」

「え?」

「ほっぺをペロッて。」

おいらがクスクス笑うと、マー君も照れ臭そうに笑う。

「ショウちゃんにばれたら怒られちゃうね?」

「怒んないよ~、ショウ君は。」

「え~、絶対怒ると思うよ?」

「そうかなぁ?ショウ君、そんなに心狭くないと思うよ?

 それに、幼馴染は特別だもん。」

「いや、ショウちゃんは絶対怒るよ!」

「口だったら怒るかもしれないけど、ほっぺにチューだもん。」

おいらがクスクス笑うと、マー君がいやいやと首を振る。

「サトシ、全然わかってない!」

え?そんなことないよ?

ショウ君に関しては、おいら、結構知ってると思うよ?

「じゃ、試してみる?」

「え?やだやだ!ショウちゃん、怒ると鬼みたいになるじゃん!」

マー君が怒ったショウ君の真似をして、目を三角に引っ張る。

「あはは、そこまで三角じゃないよ~。」

「え?こんなんになるじゃん!」

真似をし続けるマー君がおかしくて、目尻に溜まった涙を拭う。

「ははは……、じゃ、おいらがすればいい?」

「え……?」

釣り上げた目が下がって、きょとんとするマー君。

「だから、おいらがすればマー君は怒られないよ?」

マー君の顔が、みるみる真っ赤になっていく。










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【On Sunday ①】へ  【On Sunday ③】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【On Sunday ①】へ
  • 【On Sunday ③】へ