FC2ブログ

「短編」
短編(いろいろ)

Sugar 二人 ~やま~

 ←愛と勇気とチェリーパイ #18-④ →Sugar 一人 ~やま~
あなたは櫻井の頬を撫でる。

柔らかい仕草で、しっとりとその肌を味わう。

櫻井の溶けるような視線が、あなたに絡みつき、纏わりつき、

まだ重なっていない唇が、じんわり湿気を帯び始める。

「今日はもう時間がない……。」

あなたの唇から漏れる言葉は素気なくて、

なのに、唇よりさらに赤い舌が、誘うように唾液を光らせる。

たまらず櫻井があなたの唇に齧り付く。

温かく柔らかい感触があなたの唇を包み、

男らしい手があなたの背を撫でる。

「智……。」

櫻井の声が、閉ざされた鉄の扉に反響する。

非常階段の一階と地下の間。

おおよそ、人が来るような場所ではない。

唯一二人が会うことのできる、密会の場所。

ここで、あなたは櫻井に口付ける。

櫻井はあなたを抱きしめる。

一頻り唇を重ねると、櫻井が、あなたのおくれ毛を撫でる。

「時間……ないんだよね?」

「そうだね……。」

あなたは寂しそうに櫻井を見上げる。

潤んだ視線が、櫻井を迷わせる。

躊躇うように、再度あなたの唇に唇を重ね、あなたの腕を強く握る。

「んっ……。」

あなたは腕の痛みと、激しい口づけに、酔う様に身を委ねる。

櫻井の腕の中に落ち、逃れがたい甘さに身を捩る。

「ぁあ……ふぅ…ん……。」

なのに、甘く優しい吐息の中の、あなたの視線が冷たくて、

それが、櫻井をたまらなくさせる。

唇を離した櫻井が、ぎゅっとあなたを抱きしめる。

「もう……離したくない……。」

クリーニングされたシャツの匂いに顔を埋め、

あなたはそっと、左手のリングを撫でる。

緩くなったリングはクルッと回って、あなたを不安にさせる。

「離したくない……」

櫻井の言葉は、あなたの耳元をくすぐり、さらりと流れて消える。

流れた言葉が、あなたにキレイな仮面を付ける。

見上げるあなたを、非常灯の緑のランプが浮かび上がらせる。

「悔しいな……。」

櫻井がつぶやく。

「なんで……?」

あなたは少し首を傾げる。

「智の笑顔に……勝てる気がしない……。」

「櫻井らしくないね。勝つとか負けるとか……そういうのとは違うだろ?」

あなたはそう言って、櫻井の左手に指を絡める。

あなたの左手のとは違うリングが、緑の光を反射する。

「もう行かないと……。」

あなたは櫻井の袖を引きあげ、腕時計を確認する。

「行かせたくない……。」

櫻井の顔が真剣になる。

「俺だって行きたくない。でも……行かないと。」

あなたは笑って櫻井の頬に触れ、指先で生え際を撫でる。

甘く、優しい指の動きが、櫻井をジリジリと追い詰める。

「……もうすぐ、出会って一年経つ……。」

「そんなに経つ?」

あなたは思い出すように、視線を上に向ける。

「何か……欲しい物、ない?」

あなたの背を撫でながら、もう一度唇を重ねようと櫻井が首を傾ける。

「……形あるものなんて……何もいらない。」

あなたは自分のリングを、親指でクルッと回し、櫻井の肩を押す。

「もう、行く。」

階段の上の方から、カツンカツンと足音が響いてくる。

離れようとしたあなたを、櫻井が引き寄せ、唇を奪う。

柔らかい舌先とは裏腹に、激しい口づけであなたを壁に押し付ける。

「んっ……んぁ……。」

逃れようと思えば逃れられるのに、あなたは敢えてそうしない。

苦しいくらいに櫻井の唇を吸い上げる。

足音が徐々に大きくなっていく。

比例するように、あなたの口づけも深くなっていく。

絡めた舌ごと吸い上げて、一つに溶け合ってしまいそうな口づけを繰り返す。

足音が間近に迫って来る。

二階は過ぎたであろう足音にも、あなたは唇を離さない。

口づけながら、櫻井が階段を見つめる。

足音がゆっくり下りてくる。

あなたは櫻井の頬を両手で包み、自分の方に向けさせる。

足音がゆっくり階段を踏みしめる。

口を開き、舌が激しく絡まり合う。

足音が早くなり、あなたの口づけも激しさを増す。

櫻井の腕があなたの肩にかかる。

あなたは口づけを止めない。

ギギィー。

重い扉が開く。

次いで、すぐにバタンと扉が閉まる。

ホッと肩を下す櫻井から、あなたの唇が離れる。

櫻井の視線が揺れる。

あなたは櫻井を見上げ、クスッと笑い、櫻井の胸を押す。

「じゃ。」

あなたは櫻井から離れ、背を向ける。

「次、いつ会える?」

「わからない。連絡する。」

階段を上りかけるあなたを、櫻井の手が繋ぎ止める。

「待って。」

階段の手すりに手を置いたまま、振り返ったあなたは、

櫻井と繋いだままの手を見つめる。

憐れむようなあなたの視線に、櫻井が言葉を失う。

あなたは繋いだ手を口の前に持って行く。

カリッと櫻井の人差し指の関節を噛み、ビクッとした櫻井の手を離す。

あなたは櫻井に背を向け、階段を上り始める。

あなたの足音が、カンカンと正しいリズムを刻む。

あなたは振り返ることなく、一階の扉を開ける。

エレベーターホールに出ると、ちょうど、降りて来たエレベーターに飛び乗る。

締まるドアの中で、あなたはそっと関節を噛む。

人差し指の関節から広がる甘い痺れが、あなたの体を満たしていく。

エレベーターのドアが開き、あなたは口の端の唾液を拭う。

もうすぐ、今日が終わる。










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【愛と勇気とチェリーパイ #18-④】へ  【Sugar 一人 ~やま~】へ
  • Tag List 
  •  * |
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【愛と勇気とチェリーパイ #18-④】へ
  • 【Sugar 一人 ~やま~】へ