FC2ブログ

ナイスな心意気(5人)

ナイスな心意気 ⑲ 上

 ←風雲(かざぐも) 下 →ナイスな心意気 ⑲ 下


「ほら、尻尾振らない!」

ショートパンツをギリギリまで捲ったマサキが、俺の耳の裏をゴシゴシ擦る。

温かいバスルームで、体中泡だらけにされてる俺。

「尻尾振るなって!」

マサキが俺の体を擦りながら、顔に跳ねた泡を拭う。

だって、シャンプー大好き!

ゴシゴシ擦られるのも、アワアワにされるのも、

あったかいのも、全部大好き~♪

マサキの大きな手が、ガシガシと腹を洗う。

うっはっはっはっは。

くすぐったいよ!

最後に全身シャワーを掛けられて、いつもの半分くらいの大きさになった俺を、

脱衣所の入口から、遠巻きにサトシが見てる。

「まだ、ブルブルするなよ?」

マサキが急いでバスルームから出る。

パタンとドアを閉め、

「いいよ~。」

の合図と共に、一気に体を震わせる。

ブルブルブルッ!

バスルームのドアに飛沫が飛び散る。

毛と毛の間に空気が入って、体の大きさが元の2/3位に戻る。

「終わった~?」

ドアの向こうからマサキの声。

「終わったよ~!」

俺が答えると、マサキがそっとドアを開けて俺を見る。

「もう、ブルブルするなよ?」

そう言って、俺の体にバスタオルを掛ける。

そんなの使うより、後2回位ブルブルした方が渇くのに。

洗面所に行くと、バスタオルでガシガシ拭いて、

ゴォーとすごい音のするドライヤーを俺に当てる。

それを、円い目を、よりまん丸にして見つめるサトシと目が合う。

もちろん、脱衣所には入ってこない。

サトシはシャンプーが大嫌い。

ついでに言えば、ドライヤーも大嫌い。

でも、興味はあるのか、俺がシャンプーする時は必ず入口のとこからこっそり見てる。

俺の体は大きいから、マサキはドライヤー掛けるのも一苦労。

でも、楽しそうに俺の体にブラシをかける。

「ショウはいつもふわっふわだね~。ショウちゃんと一緒でイケメン~!」

あいつと一緒は心外なんだけど。

フリスビー、ちょっとは上達したかな?

首回りの毛を乾かしながら、マサキが俺の顔をじっと見る。

「顔もさ、ショウはイケメン!

 ウチの子達はみんなイケメン~♪」

マサキはやたら楽しそうに声を張る。

これはいつものこと。

この後……サトシのシャンプーがあるからね。

少しでも、シャンプーは楽しい!をサトシに植え付けたいらしい。

無理だと思うけど……。

サトシはきれい好きでさ、いつも毛を舐めてキレイにしてるのに、

どうしてシャンプーは嫌いなんだろ?

一気にさっぱりしてキレイになるのに。

「さ、ショウは終わった。」

マサキがドライヤーを止めて、洗面台に置く。

できるだけ自然を装って、バスルームの入口の方を向く。

「サトシ。サトシも洗うよ~。」

猫なで声で笑顔を浮かべるマサキ。

もうその時点で全然自然じゃないけど。

案の定、サッと体を隠すサトシ。

「ほら、サトシ。怖くないよ~、気持ちいいよ~。」

サトシは顔を出したりしない。

きっと今頃はソファーの上で丸くなってる。

「しょうがないなぁ。」

マサキは濡れた足を軽く拭いてリビングに向かう。

俺もマサキの後ろを着いて行く。

ソファーの上で何事もなかったように丸くなるサトシ。

素知らぬ風で寝たふり。

「サトシ、サトシちゃ~ん。」

マサキがサトシを抱きあげようとお腹の下に手を入れる。

サッと避けようと後ろ足を上げるサトシ。

すかさずサトシを抱きあげるマサキ。

「ニャァ~。」

可愛い声で甘えた振りして、逃げる隙を狙うサトシ。

ガシッと両手で胸に抱き、絶対逃すまいとするマサキ。

いつもの攻防の始まり。

マサキはそのままバスルームに向かう。

危険を察知して、マサキの胸を昇ろうとするサトシ。

「ダメだよ~。今日はちゃんとシャワーしないとね。」

マサキがニヤッと笑う。

前回は、バスルームまで連れて行って、ギリギリで逃げられたからなぁ。

棚の上に上られると、マサキでも捕まえるのが難しい。

サトシの後にカズナリも控えてるから、仕方なく諦めたんだよね。

マサキはサトシを抱いたまま、バスルームに入って、ドアを閉める。

「や、やめろよっ!いいって言ってんだろ!触んな!」

サトシのヤサグレた声。

「さぁ、キレイにしまちゅよ~。サトシちゃんはいい子でちゅね~。」

なんとか大人しく洗われて欲しいマサキ。

俺はバスルームの前で聞き耳を立てる。

シャワーの音がして、バタバタとサトシが逃げる音がする。

「うわっ!痛いって!爪立てんな!」

「だったらおいらから離れろっ!」

「今日は絶対洗ってみせる!」

何かが落ちる音がして、サトシの悲鳴がこだまする。

「ギャ~~~っ!そんな気持ち悪いもん、かけんな!」

「すぐ気持ちよくなるよ~。ショウなんて、すぐ尻尾振るのに。」

「犬のプライドを捨てたショウちゃんと一緒にするなよな!

 おいらは猫の本能に忠実なの!」

俺、プライド捨てたつもりないけど?

「ギャギャ~っ!気持ち悪ぃっ!嫌だ嫌だ嫌だっ!」

「うっ、ばか、爪出すな!」

「やだやだやだっ!マサキなんか大っ嫌い!近寄んなっ!」

「ほら、もうすぐ終わるから!」

「ばかっ、よせっ!そんなとこ触んな!」

「キレイになってきたよ~。」

「おいら元々キレイだから!」

「ダニとかいたら嫌でしょ?ちゃんと洗わないと!」

「いい、いい!ダニだろうが、虫だろうが、全然気にしない!」

「はいはい。後は流せば終わるから!」

「マサキが終わるって言って、終わったためしないじゃん!」

二人の攻防は続き……。

俺はだんだん眠くなってくる。

あったかくって気持ち良くって、サトシの声が聞けて……。

「ほら、終わった。気持ちよか……うわっ、やめろって!

 まだブルブルしちゃダメ!」

バスルームが開いて、慌てたマサキが俺につまずきそうになって、

その隙にサトシが逃げて、それをマサキが追いかけて……。

いつもの光景ながら、俺も後に続く。

今頃リビングで……。










関連記事
スポンサーサイト






総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【風雲(かざぐも) 下】へ  【ナイスな心意気 ⑲ 下】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【風雲(かざぐも) 下】へ
  • 【ナイスな心意気 ⑲ 下】へ