FC2ブログ

「大人の童話」
15th moon(やま)

15th moon ⑧

 ←15th moon ⑦ →15th moon ⑨
「翔ちゃん……お願いがある。」

智は翔を目の前に正座させると自分も正座し、真剣な面持ちでじっと見つめます。

「何?智の願いなら、なんでも聞くよ?」

智の前に座った翔は、体も大きくなり、顔付きもすっかり青年となっています。

「……もう、毎日は止めて欲しい。」

「……どうして?智だって喜んでるじゃない。」

翔は聡明そうな瞳をキラキラと輝かせます。

「そりゃ……翔ちゃんは……上手いし……俺の体、よく知ってるし……。」

「じゃ、問題ないでしょ?」

翔は智の手を握り、さわさわと撫でます。

「で、でも!毎日へとへとで、このままじゃ仕事もままならないし……。」

智の言葉を聞いているのか、翔は、握った智の手の平の真ん中を、

円を描くように指先で撫でます。

「ほんとに……しなくていいの?」

翔の挑戦的な視線に、智は、うっと息を飲みます。

「ま、毎日は……。」

「じゃ、十日に一度にする?」

智は考えて、ブルブルと首を振ります。

それはさすがに少なすぎます。

「ほら、やっぱり毎日だ!」

翔は喜んで智の手に指を絡めます。

「ま、毎日でもいいけど……でも、せめて回数を……。」

「回数?」

「それと、体位も……。」

「体位?」

「あ、あんな曲芸みたいのばっかりじゃ……。」

翔はクスッと笑います。

「ばっかりじゃないけど、たまにはいろいろ試さないと、

 俺が智に飽きられちゃう。」

「あ、飽きたりしないから!」

「ほんと……?」

もうすでに翔の方が大きいのに、翔は小さな子供のように智を上目遣いで見上げます。

智は翔のこの顔に弱いのです。

可愛かった翔は、一段と綺麗な男に成長しました。

綺麗なだけでなく、魅惑的な笑みも浮かべるようになりました。

テクニックもさることながら、精力も絶倫です。

智の危惧した、女子(おなご)達を泣かせる男、間違いなしです。

智は溜め息と共に翔の頬を撫でます。

「ほんとだよ。俺は翔に飽きたりしないし、離れたりもしないから。」

翔は満足したように笑って、智の体を引き寄せます。

「あ……。」

智を抱え込み、智の唇に吸い付きます。

「しょ……まだ昼……。」

「大丈夫……ちょっとだけ……。」

「ちょっとって……。」

智が翔の腕の中でもがいていると、玄関の方から声がします。

「誰か~、誰かおらんかぁ?」

聞き覚えのない声です。

智は立ち上がり、翔に乱され始めた襟元を直します。

戸を開けると、見知らぬ男が立っています。

「右大臣、安倍和也様より預かって参りました。」

使者は腰を屈め、智に手紙を差し出します。

山梔子(くちなし)色の手紙には、落ち葉のような匂いが炊き込められています。

「う、右大臣~?」

智が驚いている内に、使者は帰って行きます。

隣にやってきた翔が智から手紙を取り上げます。

「あ、ちょ、待って!」

「いいじゃん!智に来た手紙なら、俺が読む!」

二人が取り合っていると、次の使者がやってきます。

「雅紀皇子より賜って参りました。」

使者が差し出す翡翠色の手紙からは、蓮の花の涼し気な香りがします。

智と翔は顔を見合わせ、首を傾げます。

すると、次の使者がやってきます。

「大納言大伴潤様より、これを……。」

使者の差し出した手紙は、菖蒲色で、梅の香がします。

使者は続々とやってきて、智に手紙を渡していきます。

翔も智も驚きのあまり声も出ません。

全ての使者が帰って行くと、智の周りには数十通の色とりどりの手紙が残りました。

「これ……。」

翔が、最初の手紙を読み上げます。

『可愛い私の姫。君の声を近くで聞きたいな。

 ちょっとだけでいいんだよ。ソッポ向いて拗ねてる君もきっと可愛い。

 私はいつでも君の隣にいるんだから。』

「……なんだこれ?」

翔が首を捻ります。

「姫って……誰?」

智も首を傾げます。

翔は次の手紙を開きます。

『ご機嫌いかがですか?ちょっとそっちに行ってもいいですか?

 遠く離れていても、見えない力で繋がっているような気がしてます。

 貴女からのお返事、ずっと待っています。

 貴女は私の女神です。』

「女神って……。」

智の眉が、これ以上ないほど下がります。

この家にいるのは智と翔だけです。

女の影など、露ほどもありません。

翔は三枚目の手紙を開きます。

『いろいろ考えてしまってますが、今日こそと、心に決めました。

 私と情熱を分け合ってみませんか?

 体で鼓動を感じてくれませんか。』

智と翔は、次々に手紙を開いていきます。

内容はどれも似たり寄ったりです。

「つまり……。」

翔が言います。

「この家にいる、『姫』にみんな求婚してる?」

「姫って誰?」

「誰だろ?」

「どうして、ここにいることになってる?」

二人の首が、肩に着くくらい曲がります。

この家に女?

誰かが嫁って言ってたような……。

智は、先日の村人たちの言葉を思い出しました。

「そう言えば……、俺が嫁をもらったとかなんとか……。」

「智、いつの間に嫁なんてもらったの?」

「知らないよ。そんなのいないって言ったけど……。」

翔は思慮深そうに顎を撫でます。

「何か……勘違いされてる……?」










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【15th moon ⑦】へ  【15th moon ⑨】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【15th moon ⑦】へ
  • 【15th moon ⑨】へ