FC2ブログ

「Love so sweet」
Love so sweet(やま)【81~ 】

Love so sweet №88

 ←愛と勇気とチェリーパイ #17 下 →ふたりのカタチ (191)
「え……?」

「……お願い。」

「でも……でもさ、さすがにそれは……。」

「じゃ、他の人にお願いするよ?」

「それはダメ。」

「ね……おいら、もう……待てない……。」

智君の手が、俺の手に触れる。

見上げる潤んだ瞳。

そんなに?

そんなに俺の指を求めてる?

「仕方ないな……。でも、ちょっとだけだよ?」

「ぅん……それでいい……から……。」

泣きそうな顔で、切羽詰まって懇願する智君が可愛くて。

俺は、そっと智君のその小さな場所に指を添える。

「本当に……いいの?」

「いいから……早く……。」

急かすように目をつぶる智君。

俺は周りをキョロキョロと見回し、誰もいないことを確認して唾を飲む。

楽屋の奥、着替え用のカーテンの影。

畳の上で向き合って座る俺達。

もぞもぞする智君を抱きかかえるようにして、入口まで指を這わせる。

「あ……。」

智君の鼻に抜ける声。

ゾクッとして、そのまま指を進める俺。

入口に指先だけ入れる。

一瞬ビクッとする智君。

それでも、ギュッと目をつぶったまま、俺の指を待つ。

そんな顔するなら、何も今じゃなくても……。

そう思いながら、指を進めると、入口脇のツルッとした軟骨に触れて、

智君の顔が、くすぐったそうに、切なそうに歪む。

「ぁあ……。」

半開きの口から漏れる声。

軟骨を優しく撫でると、智君が身を捩る。

「動かないで……。」

「で、でも……ふぁっ……。」

さらに強く撫でると、智君の甘えた声が俺の動きを止める。

「もっとぉ……奥……。」

「もっと?」

「もぅ……少し。」

智君に言われるまま、少し奥を刺激してやる。

「ぁあ!……ダメ。爪は立てないで……。」

「……でも、刺激は欲しいんでしょ……?」

「そ、そうだけど……はぁっ!」

俺の腕の中で、苦しそうに体を捻る。

擦るように動かしたつま先が、畳を蹴る。

「ああ!そこ!そこから指、離さないで!」

「ここ?」

「そこ!……ぁあっ!翔君っ……。」

いい場所に当たったのか、俺にしがみ付く智君がいじらしくて可愛い。

「……これでいい?」

「ぃい……もっと……もっと強く……。」

「こう?」

「あぁ……翔君……上手……。」

「そりゃ、智君相手ならね……。」

気持ち良さそうに恍惚とし出す智君の顔。

「これくらいでいい?」

「え、もう終わり?」

「智君は、もっと奥がいいんじゃないの?」

指に絡まるヌルッと感。

いい感じに湿り気を帯びて、俺の指はもっと奥へ行きたがる。

「む、無理だよ……これ以上は……。」

「いけそうだよ?……でも、何か塗る?」

「だ、大丈夫だから。翔君、そこだけで十分……んあっ!」

智君が仰け反るように口を開ける。

大きく息を吸いこんで、ギュッと俺の腕を握り締める。

めっちゃ可愛い~。

もっと……気持ちよくしてあげるからね。

智君……。

俺の指が、さらに奥に進んでいく……。

身を固くし、口を開けたままの智君に満足し、抱きしめる手に力を込める。

「ぁあっ!」

智くんの足が、畳を滑る。

「ほら、奥もいいでしょ?」



「……さっきから聞いてれば。」

カーテンが勢いよく開いて、そこに、ニノが目を吊り上げて、仁王立ちで立っている。

その奥には、テーブルに座って面白そうに俺らの方を見る二人。

と、同時に、智君の盛大なくしゃみ。

「ハックシュンッ!」

くしゃみと一緒に飛び出る俺の指。

「鼻なんて、他人にほじらせてどうする!」

「だ、だって~。」

智君が涙目でニノを見上げる。

鼻の下には、タラ~っと垂れた鼻水が一筋。

「昼に唐辛子の中に指つっこんじゃって~。

 どんなに洗っても取れないんだもん。」

あんなウルウルの目で見られたら、誰だって太刀打ちできないよね。

鼻水垂れてても。

ほら、ニノだって、何も言えなくなってる。

「鼻がムズムズして、どうしようもなかったんだから、

 しょうがないじゃん!」

ティッシュを二枚掴んで鼻の下に当てる智君。

「しょ、しょうがなくない!翔さんも翔さんですよ。何してあげちゃってんですか。」

「翔さんは違うこと考えてたよね~。」

松本がニヤニヤ笑う。

「そうそう、俺だって、妄想しちゃったよ~。」

相葉ちゃんも、目の端上げて、ニヤッと笑う。

「……違うこと?」

智君が、ティッシュで鼻を拭き拭き俺を見上げる。

「いやいや、純粋に智君のためよ?

 やましい気持ちなんて何もないからね!」

「じゃ、今度は俺がやってあげるよ。」

松本が頬杖ついて、ニッと笑う。

「松潤……太そうじゃない?」

カッと顔を染める松本。

お前、何想像してんだ!

「いいえ!智君の穴は、全て俺の管轄です!」

言い切った俺を見て、三人が一斉にブッと吹いた。

さすがの智君も顔を真っ赤にして抗議の目で俺を見る。

「いや、その……智君に関しては全部俺の管轄!」

言い直して、智君を抱きしめる。

「誰にも触らせません!例え、鼻の中でも!」

俺の腕の中で、真っ赤なままの智君が、小さくつぶやく。

「う、うん……翔君の指が……ちょうどいい……です。」

もちろんです!

また、ムズムズしたら、俺に言って!

いつ言われてもいいように、ちゃんと爪切って用意しとくから!










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【愛と勇気とチェリーパイ #17 下】へ  【ふたりのカタチ (191)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【愛と勇気とチェリーパイ #17 下】へ
  • 【ふたりのカタチ (191)】へ