FC2ブログ

「短編」
短編(いろいろ)

kagero Ⅱ 下

 ←kagero Ⅱ 上 →kagero Ⅱ - making -

一瞬、夢かと思う。

あんまり蓮のことばっかり考えてたから、

幻が見えたのかと、思って。

「……修司?」

棒立ちになる俺を、怪訝そうに見る蓮。

「具合、悪い?」

ああ、そうだね。そうかもしれない。

「急にいなくなるから……。」

心配してくれた?

「千絵は?」

「ん?……帰ったよ。」

「……一人で?」

「……うん。」

修司はカメラバックからカメラを取り出し、構える。

「なんで撮るの?」

「修司が……いい顔するから。」

「いい顔……?」

蓮はシャッターを押す。

「うん。」

「……どんな?」

蓮のシャッター音が次々鳴る。

「わかんない。でも……。」

蓮がカメラから顔を外す。

「撮りたくなる。修司見てると。」

また蓮はシャッターを押す。

ダメだ。

ダメだ。

今撮られたら……。

俺の微熱の正体が……。

「え?……修司?」

気付いたら……。

俺は、カメラのレンズを握ってた。

「今の俺は……ダメだ。」

「どうして……。」

「笑えない。」

「笑わなくていいよ。」

「優しくなれない。」

「優しくなくていいよ。」

「隠せない!」

「隠さなくていいよ。」

蓮が真剣な目で俺を見る。

ダメだよ。

隠さないと……微熱が微熱でなくなる……。

「修司は……何を隠してる?」

俺は……。

俺は……。

口がパクパクと動く。

言いたくて、言えなくて、息苦しくて……。

熱が上がる。

鼓動が早くなる。

蓮といると……。

苦しくて、苦しくて……。

頭の中で、さっきの朱里のキスと、千絵の手と、ファインダーを覗く蓮の顔が、

グルグル渦を描いてぐちゃぐちゃになる。

BGMは洋介の、何拍かわかんないあの曲で……。

「修司……。」

蓮はカメラを後ろに回し、ゆっくり俺に近づいてくる。

腑抜けたように立ち尽くす俺。

その俺に、蓮の手が伸びる。

肩を覆い、ぎゅっと俺を抱きしめる。

蓮の体温は俺より低くて、さらっとした手が、

俺を無性に切なくする。

蓮の体温は上がらない。

微熱もない。

BGMがサイレンに変わる。

俺は、黙って抱きしめられて……。

でも、蓮の背に、手は伸ばせなかった。



それから数日が経って。

蓮は変わらず忙しそうで。

俺も変わらずあやふやで。

「修司!帰るなら一緒に帰ろ?」

一樹が入口から怒鳴る。

「いや、俺、図書室寄るから。」

「じゃ、明日な!」

一樹と洋介が手を上げ、教室を出て行く。

俺は帰り支度を済ませ、蓮の席に向かう。

徐々に少なくなるクラスメート。

窓際の蓮は、このうるさい中、眠ってる。

疲れてるのかな?

蓮の前の席に座り、蓮の机に肘を付いて外を見る。

蓮がいつも見てる風景。

カーテンがそよぎ、風が流れる。

教室の生徒がいなくなって、それでも眠り続ける蓮。

今日は千絵も来ない。

バサッと、強い風が吹いて、カーテンがはためく。

それでも眠る蓮。

そっと、蓮の頬に手を伸ばす。

柔らかい頬が少し凹んで、蓮の幼さが増す。

その指を、じわりじわりと移動させて……。

日焼けした俺の指が、蓮の唇をより赤く見せる。

ああ、俺の撮りたいものは……。

唇をなぞり、じっと見つめる。

起きない蓮。

そよぐ風。

柔らかい太陽の光。

少し強めの風が吹き、カーテンがはためいた時、

俺の唇と蓮の唇が重なる。

一瞬、本当に一瞬。

カーテンがはためく間だけのキス。

俺は、何事もなかったように外に目を向ける。

風が強い。

台風が近づいてるから?

目を細めて遠くの空を見る。

まだ雲はあまりないけど、そろそろ蓮を起こさないと。

「蓮……起きて。」

蓮の体がピクッと揺れる。

「雨になるかもよ?」

「……あ…め?」

「カメラ、濡れちゃうよ?」

蓮が顔を上げ、う~んと両手を伸ばす。

「ほら、帰ろ?」

蓮の机の上に、蓮の鞄を置く。

蓮は眠気眼でふわっと笑って、鞄に手を伸ばす。

「蓮、俺さ……。」

「……ん?」

「決めたわ。進路。」

「うん……。」

「笑うなよ?」

「笑わないよ。」

蓮はそう言いながら笑う。

「笑ってんじゃん。」

「笑ってないよ。」

「いいや、笑ってる!」

んふふ、と蓮が笑って、俺達は立ち上がる。

台風が来る前に……。

微熱が熱に変わっても、

サイレンが鳴り止まなくても、俺は……。



「蓮!」

春が来て、俺は進学した。

「……修司。」

蓮が笑う。

桜の中。

俺は蓮と同じ大学に進学した。

「まさか、修司と一緒とは思わなった。」

嬉しそうな蓮。

「うん。俺も覗いてみたくなってさ。ファインダー。」

俺を見て、また笑う蓮。

「違うけどね?」

「ちょっとね?」

そう、蓮とはちょっと違う俺の先。

蓮は写真。

俺は……。

「撮れるようになったら、蓮を撮りたい。」

蓮がおかしそうに笑う。

「無理無理。演技できないもん。」

「それでも蓮が撮りたい。俺、たくさん撮られてるのに。」

「そうだけど……、じゃ、脇役で?」

「あはは、いいよ、それでも。いつか……。」

「うん。」

蓮と並んで桜を見上げる。



蓮が笑う。

その顔が陽炎のように揺らめいて。

俺の微熱は……微熱じゃなくなるかもしれない。

鳴り止まないサイレンでおかしくなるかもしれない。

それでもいい。

それでも……蓮の側で。



いつか……。

いつか、俺の微熱をスクリーンで。










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【kagero Ⅱ 上】へ  【kagero Ⅱ - making -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【kagero Ⅱ 上】へ
  • 【kagero Ⅱ - making -】へ