FC2ブログ

「テ・アゲロ」
テ・アゲロ the twins (5人)

テ・アゲロ  the twins ⑧ -35-

 ←テ・アゲロ  the twins ⑧ -34- →テ・アゲロ  the twins ⑧ -36-


「取りあえず、探すぞ。……有岡!」

「はい!」

突然呼ばれて、有岡の背筋が伸びる。

「お前、何もすることないんだから、母ちゃんの手伝いしてこい。

 お前のいない間、母ちゃん、一人で頑張ってたんだぞ。

 東京に帰るにしても、こっちにいるうちは母ちゃん助けてやれや。」

大野の目が優しい。

有岡は、小さくうなずいて部屋を出る。

有岡の背中を見送って、櫻井も止めていた手をまた動かし始める。

「honey、二人っきりになりたくなっちゃった?」

「なるか。」

大野の手は留まることなく動き続ける。

目が手にした紙や物を追っていく。

「お前……、どうして気づいた?」

「何が?」

「ここのお神酒にシリウスが関わってるかもしれないこと……。」

櫻井は手の動きを止め、背中で大野の動きを確認する。

大野は淡々と作業を続けている。

櫻井も手の中の本をペラペラ捲りながら答える。

「4年前……都内で起きた連続殺人事件。

 殺された人間に接点は見つからなかった。

 見つかったのは一枚の赤いカード。

 そこに書かれた椅子の絵とSiriusの印字。

 それだけが手がかりだったにも関わらず、

 当時の警察は、仲間である警官夫婦を犯人と断定し、行方を追った。

 その二人が見つかったのは某ホテルの一室。

 覚悟の自殺として、処理されたけど、決定的な証拠は見つからなかった。」

大野は黙って聞いている。

「調べて行くと幾つかの疑問点も残る。

 警官夫婦が犯人だとしたら、動機は?

 二人にはまだ幼い子供もいた。

 傍から見ても幸せそうな夫婦だったのに、なぜ?

 二人は逃亡を図ったと言われているが、

 手がかりが一切ない事件で、なぜ逃げる必要があったのか?

 死因も不鮮明。」

「調べたのか?」

「気になるじゃない?あなたに頼まれた件も……。

 何か関係があるのかと思って。」

「そっちはどうだった?」

「ああ、動きだしてるみたいだね。」

櫻井は動きを止めず、本棚から本を数冊取り出すと、ペラペラと捲る。

大野は手を止め、振り返る。

「もったいぶんな。言えよ。」

櫻井も振り返ってニヤッと笑う。

「そこは、ちゃんとhoneyが話してくれないと。」

「何を話せって言うんだよ。話すことなんかねぇよ。」

「……俺には話してくれないの?」

大野は黙って作業を続ける。

「シリウスが……犯人だって、どうしてわかった?」

櫻井の声は低い。

大野は手にしたノートをドサッと机の上に置く。

「……ニノが……、あの事件にはニノの兄が関わってる。

 だから知ってる。それだけだ。」

「腹違いの兄弟が関わってるから?」

「……そうだ。」

「本当は、二宮さんが犯人?」

「違う!」

大野が振り返る。

目は大きく見開かれ、櫻井を睨みつける。

「ニノは被害者だ。トーマにいいようにされただけだ。」

櫻井はじっと大野の目を見つめる。

その目から、言葉の真意を確かめるように、小さくうなずいて、口を開く。

「その事件に……この薬が使われた?」

大野が目を伏せる。

「……かもしれない……。」

観念したようにポツリとつぶやいて、手元のノートを手早く捲っていく。

その背中に向かって、櫻井が語り掛ける。

「このお神酒をそのまま使ったんじゃ役に立たない。

 これを元に精製して、改良を重ねた物……、

 それを戦時中の軍がやったのか、シリウスがやったのかはわからない……、

 けど、そういうことだよね?」

大野の背中は何も答えてくれない。

「その薬には、どんな効果が……?」

大野は手を止めず、振り返りもせずにボソボソとしゃべる。

「わかんねぇんだよ。薬の本当の効果なんて。」

「わかんないって……どういうこと?」

大野は手を止め、自分の手を見つめるようにして小さな声で答える。

「薬は……行為の最中に使われる。

 体内に塗り込まれ、最高のエクスタシーを感じた後、

 数時間後に……。」

大野が言葉を飲み込む。

「数時間後に……?」

大野が振り向く。

「人を殺めてる。」

櫻井が息を飲む。

「それが、幻覚によるものなのか、暗示なのか、殺めた本人にも記憶がない。

 血液検査でも尿検査でも薬の存在すら現れない。

 しかも、薬の量なのか、成分を弄ってるのか、時間までもコントロールできる。」

「そんなものが……。」

櫻井の表情が固くなる。

「あるんだよ。だが、これが主成分だとわかれば、

 何が起こっているのか、どうすればいいのか、わかるかもしれない。」

大野が次のノートを開く、パラパラと捲っていくと、

ノートの間から、一枚のカードが飛び出す。

床に落ちたカードを見て、二人の動きが一瞬固まる。

「ビンゴだ。」

大野はつぶやき、床に落ちたカードを拾う。

赤いカードに描かれているのは、椅子のマークとSiriusという文字。

二人は顔を見合わせると、開いたノートに目を走らせる。










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【テ・アゲロ  the twins ⑧ -34-】へ  【テ・アゲロ  the twins ⑧ -36-】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【テ・アゲロ  the twins ⑧ -34-】へ
  • 【テ・アゲロ  the twins ⑧ -36-】へ