FC2ブログ

「みんなと作ったお話」
Waiting for you(やま)

Waiting for you ⑫

 ←Waiting for you ⑪ →Waiting for you ⑬


「……しょ…ちゃ…。」

「…翔ちゃん?」

俺を呼ぶ……声?

目を開けると、霞む視界に二つの影。

「翔ちゃん!」

泣きそうな顔の相葉……?

ホッとしたような顔のニノ。

「……俺……。」

起き上がろうとして、体の痛さにびっくりする。

「俺……どうして?」

「よかった~、よかった!生きてた!」

相葉が本当に涙を流して喜んでる。

「ほんと、心配させないでくださいよ。泳げるんじゃなかったんですか?」

「え……俺……。」

痛さを我慢して上半身を起こす。

「痛てっ……。俺、なんで……?」

起き上がった俺に、相葉が抱き着く。

「よかったよ~。俺、もうダメかと思った!」

抱き着いた相葉の服も濡れてる。

「相葉さんが助けてくれたんですよ。」

「助けて?」

俺が首を傾げて相葉を見ると、相葉がうんうんとうなずく。

「翔ちゃんが上がってこないからさ……。」

「すぐに上がってくると思ったんですよ。

 まさか、本当にゲームの世界に行けるなんて思わないでしょ?

 上がって来たら大笑いしてお終い!のはずだったのに……。」

二人が代わる代わる説明してくれる。

「翔ちゃんが上がってこないから、俺ら不安になって。」

「本当にゲームの世界に行っちゃったのか?」

「それとも溺れてるのか?」

「心配になって、相葉さんが潜ってくれて……。」

「そしたら、翔ちゃん、底に沈んでて。」

「沈んで……?」

相葉が大きくうなずく。

「石みたいにカッチコッチで沈んでて、慌てて二人で引き上げたわけ。」

説明してる間、切羽詰まった顔をしていた相葉が、

ここで安心したように顔の筋肉を緩める。

「よかったよ~、しゃれになんないからね?」

「夜中にプールに忍び込んで溺れちゃうなんて!」

二人はホッとしたように笑い出す。



「本当に異次元に行ってたら、どうしようかと思いましたよ~。」

「俺……。」

サトシのとこに行ったんじゃなかったのか?

あれは夢?

でも……、いや……。

「さ、風邪引く前に帰りますよ。ここにはタオルすらないんだから。」

ニノがフェンスに足を掛ける。

俺は濡れた手のまま、携帯をタップする。

「どうしたんですか?」

ニノがフェンスから足を下す。

「見たんだ。」

「見た?」

相葉とニノが首を傾げる。

「何を?」

ニノが怪訝そうに俺を見つめる。

「俺、あっちの世界に行ってた。地底の……。」

「まさか!」

「だって、翔ちゃん、沈んでて……。」

「沈んでたのだって、ほんの数分のことですよ?」

俺は携帯を確認して、耳に当てる。

「行ったんだよ。本当に。サトシにも会えた。」

相葉とニノが顔を見合わせて息を飲む。

「そこで見たんだ。銅像……。」

「……銅像?」

二人が俺の顔を覗き込む。

俺の耳元では、呼び出し音が鳴り出す。

「うちの会社の松本が2、3年前に入院してね。

 どこかで聞いたことある病院だなと思ってて。

 すっかり忘れてたんだけど、思い出した。

 母親が入院したことがあったんだ。俺が小さい頃。

 すぐに退院したんだけど。」

それがどうしたと言いたげに、二人の顔がきょとんとする。

「それと、どう繋がるの?」

相葉が不思議そうに俺を見る。

すると、カチャと携帯の繋がる音が聞こえる。

「あ、もしもし、松本?こんな時間に悪いな。

 …………ちょっと聞きたいことがあるんだけど……。」

二人が、俺と松本の会話が終わるのをじっと待つ。

俺は聞きたいことだけ聞くと、電話を切った。

「…………ありがと。じゃ。」

携帯の終了ボタンを押して、二人を見る。

「何かわかった?」

相葉が催促するように聞く。

「その前に……。」

俺はニノに視線を移す。

「あのゲーム、どうして地球空洞説なんて使ったの?」

「え……。」

相葉と俺に見られて、ニノが困った顔で笑う。

「……面白いかなぁと思って……。」

ニノがごまかそうとする。

逃すか!

「いいから言えよ。」

「あのゲーム、ちゃんと考えて作ったのは私ですから!」

「わかってるよ、そんなの。きっかけが知りたいだけ!」

俺が迫ると、ニノが観念したように溜め息をつく。

「……飛んできたんですよ。」

「飛んできた?何が?」

相葉が前のめりになって聞く。

「絵が。」

「絵?」

俺が首を傾げると、ニノが口を尖らせる。

「地底世界を描いた絵。そこからインスピレーションが沸いて……。」

「その絵、どこで拾ったんだ?」

「それは……。」

ニノが説明してくれた場所は……。

「ね、ね?何がどうなってんの?」

相葉が不思議そうに俺を見る。

「地底世界で見た銅像……。

 どこかで見たことあるなぁと思ったんだけど、

 あれ、その病院にあったんだよ。

 病院の創設者。

 ニノが絵を拾ったのも、その病院の近く。」

俺が二人の顔を交互に見ると、ニノが、あっと小さく声を上げる。

俺は濡れた髪を掻き上げ、空を見上げる。

「明日、行って来るよ。」

ニノが、わかったと言うようにうなずき、

相葉も同じようにうなずいて、首を傾げた。



白い廊下を真っすぐ進み、目的の部屋の前で立ち止まる。

ドアの左側のプレートに書かれてるのは

『811号 大野サトシ』

間違いない。

サトシの病室。

ドアを開け、中に入って行く。

入口からはベッドの足の方しか見えない。

本当にサトシなのか……?

一歩一歩ベッドに近づいて行く。

ヘッドボードが見えると、ベッドの背もたれを少し上げ、

その上で眠るサトシが目に入った。

蜃気楼の中で見たサトシより、少し痩せて見える。

でも、色の白さ、睫毛の長さは変わらない。

変わらず美しいサトシ。

俺が声を掛けていいものかどうか悩んでいると、

サトシの目が薄っすら開く。

「サトシ……!」

フットボードに手を掛け、サトシを呼ぶ。

サトシは目を開き、俺がわかると、口を開いた。

「………………。」










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【Waiting for you ⑪】へ  【Waiting for you ⑬】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Waiting for you ⑪】へ
  • 【Waiting for you ⑬】へ