FC2ブログ

「みんなと作ったお話」
Waiting for you(やま)

Waiting for you ⑪

 ←Waiting for you ⑩ →Waiting for you ⑫


「翔!後は二人で……。

 地上のサトシを見つけ出して……!

 サトシ……私も……愛して…るか……ら……。」

振り返るサトシの肩を抱き、背中を押す。

走り続けることがT.E.P.O.の意思。

俺達は立ち止まることなく走り続ける。

「サトシ、ここが崩壊したら……。」

走りながら、俺に疑問が生じる。

ここが爆発なんかしたら、俺らの世界は?

「僕のいるところは、地表から811キロ内側に存在している……。」

811キロがどれくらい深いのか想像つかない。

「地上にも余波はあるだろうけど、大きなことにはならないだろうって、

 ……T.E.P.O.は言っていた。」

サトシはT.E.P.O.の名前のところで少し言葉を詰まらせる。

「来た時と……同じように…すれ…ば帰れる?」

荒い息が俺を支配し始める。

サトシに追いつくのに必死。

サトシは……息も上がってない。

「ああ、僕の手を握って……。」

サトシの手を握り、建物から飛び出す。

「まだ……走るの?」

社会人になってから、こんなに走ったことはない。

昔はサッカーやってたから、もうちょっと体力あったのに……。

「泉まで!」

泉?

来た時は、サトシと周りに夢中でどこから来たのか気にしてなかった……。

サトシは俺の手を引いて走り続ける。

「サトシ!」

俺の足が縺れ、転びそうになったところでサトシに引っ張り起こされる。

「お前は体力ないな?地上の人間はみんなそうなのか?」

サトシがいつものサトシに戻ってきた。

「そ、そうだよ。俺は体力ある方……。」

だよね?きっと。

「違う体力はばかにあるのにな?」

サトシがニヤッと笑う。

な、なんだよ~!

やっぱりわかってたんじゃん!

俺の……がなんであんなになったか!

俺が睨むと、サトシがせせら笑う。

「初めて会って、はいそうですかって、できるか。ばか。」

え……あれ?

男同士って、あんまり気にしてない?

地底ではそれも市民権得てる?

「初めて……じゃなか…ったら……い…い?」

息が上がるけど、これだけは聞いとかないと!

「さぁな?お前次第だろ?」

サトシは顎を上げ、下目遣いで俺を見る。

ゾクッとする。

たぶん、歳下で、世間知らずっぽくて、

やたら綺麗なサトシ……。

俺はそこそこの社会人。

なのに、バカにされても嬉しいような気がするのは、相手がサトシだからだよね?

恋してるからだよね!

「サト……。」

言い掛けて、体が揺れた。

地面が……揺れてる?

「急ごう!」

サトシが俺の手を引っ張る。

俺も遅れ時とサトシに着いて行く。

サトシの青い服はサトシが走る度、風になびいてはためいて……。

あの下、何も着てないんじゃなかったか?

「サ、サトシ!……ちゃんと……前、……留めて……。」

「なんだ?喋れる元気があるなら、もっと走れ!」

地面の揺れが大きくなる。

「もう少しだ!」

前方、数百mのところに、等身大くらいの像が立っている。

「あれ?」

「そうだ。あそこが泉だ。」

サトシは俺の手を引き、さらに速度を上げる。

俺は、もつれる足をなんとか回して……。

もう、走っているのか、転びそうになるのを必死で堪えているのか、わからない。

そんな走り方で、なんとかサトシに着いて行く。

やっと、像まで辿り着くと、地面が大きく揺れる。



ガッ、ガガガガッ、ガシャーン。



何かが崩れる音がした。

サトシと一緒に振り返る。

さっきまでT.E.P.O.と一緒にいた建物……。

「T.E.P.O.……。」

サトシが小さな声でつぶやく。

「この世界はT.E.P.O.のおかげでもってた世界。

 T.E.P.O.が壊れたら、世界が壊れる……。」

サトシは切なそうに、建物を見つめる。

「T.E.P.O.はきっと地上でもサトシを見守ってくれるよ……。」

「うん……。」

サトシの瞳に、建物の一部が崩れて行く様が映る。

「サトシ……。」

サトシの肩を抱きしめる。

サトシもギュッと俺を抱きしめ……俺の胸に顔を埋める。

「絶対……僕から離れないで……。」

「わかった。絶対離れない。」

俺達はギュッと抱き合ったまま、泉の縁に立つ。

「飛び込むよ!」

「ああ。」

サトシと息を合わせて泉に飛び込む。

飛び込む瞬間、T.E.P.O.の建物が崩れて行くのが目に入る。

それと一緒に泉の縁に立つ像も……。

あの像……。



ザッバァ~ンッ!



水に飛び込んだ瞬間、意識が飛びそうになる。

それくらいの衝撃が俺とサトシに襲い掛かる。

建物が、崩れ落ちたのか?

地底が、沈んでいったのか?

何が起こったのかはわからない。

でも、確実に、何か大きな事が起こってる。

俺はギュッとサトシを抱きしめる。

サトシも俺をギュッと抱きしめ、顔を上げる。

綺麗なサトシの顔が、水の中で揺れる。

サトシの服も髪もユラユラと揺れ……。

俺はサトシの髪を撫でつける。

不安そうなサトシの顔が、少しずつ笑顔に変わり、顔を上げた所で目を閉じた。

俺も、髪や服が揺れるのを感じながら、サトシの唇に唇を合わせる。

唇から伝わる温もり……。

ここから恋が始まるんだよ。サトシ。

地上でもきっと俺達……。

水の流れが急に早くなる。

俺達の後ろから、大きな流れが襲ってくる。

「サトシ……!」

ギュッと抱き合っていた体が、ほんの少し離れる。

「翔!」

その隙間に、水の流れがものすごい勢いで入り込んでくる。

「サトシ!」

離れまいと手を強く握り合う。

けれど、どんどん体が離されていく……。

「翔っ!」

とうとう、片手だけになり、二人の体が水流に揉まれていく。

「サトシっ!」

指が……離れる……。

「サトシ~っ!」

「翔……!」

サトシの声が遠のいて行く。

あっという間にサトシの体が水の向こうに消えて……。

俺も、ものすごい勢いの水に体を押され……。

意識が……なくなっていた。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【Waiting for you ⑩】へ  【Waiting for you ⑫】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Waiting for you ⑩】へ
  • 【Waiting for you ⑫】へ