FC2ブログ

「みんなと作ったお話」
Waiting for you(やま)

Waiting for you ⑧

 ←Waiting for you ⑦ →Waiting for you ⑨


「翔、やっと会えましたね。」

T.E.P.O.の光が優しく揺れる。

やっと?

俺を待っていた?

「サトシも、それはそれはあなたと会えるのを楽しみにして……。」

「T.E.P.O.!僕は待ってなんか!」

サトシがT.E.P.O.を見上げて怒鳴る。

T.E.P.O.が、うふふと笑う。

コンピューターも笑うんだ。

「翔、あなたもでしょ?あなたも楽しみにしていた?」

T.E.P.O.に言われ、サトシを見ると、サトシがじっと俺を見上げる。

そんな顔されたら。楽しみじゃないなんて、言えるわけない。

……もちろん、楽しみだったけど……。

俺は返事をする代わりにうなずいて見せる。

「そう、それはよかったわ。

 では、もっとサトシを知って、サトシにあなた達を教えてあげて。」

「俺を?」

「そうです。地上人がサトシに会ったらどう思うのか。

 どう考えるのか。どう接すればいいのか。」

「俺は……。」

みんながみんな、俺のように思うとは限らない。

なのに、それでいいのか?

「いいんです。翔の思うように導いてあげてください。

 もうすぐこの世界は崩壊します。

 その前に……。」

T.E.P.O.の声はだんだん小さくなっていく。

「そんなことないよ!この世界が壊れないよう、翔が来たんだから!」

「……そうね。その通りよ。

 だから、サトシは学びなさい。

 地上の世界について。

 危険なことも楽しいことも全てを翔から吸収して……。」

また語尾が消えて行く。

「T.E.P.O.!」

サトシが叫ぶ。

「少し……疲れたようだわ。サトシ……私は休みます。

 おやすみなさい……。」

T.E.P.O.の周りを廻っている光が、半分ほど落ちる。

サトシは心配そうな顔で、T.E.P.O.を見上げたまま動かない。

俺はサトシの肩に手を置く。

「最近……いつもこうなんだ。T.E.P.O.の力が弱まってる。

 光や水の供給だけはなんとかなってるけど、他に回る力がない。」

「それは……予兆なの?」

サトシは俺を見上げ、小さくうなずく。

「たぶん……こんなこと、初めてだから……。」

サトシは俺の前を周って歩きだす。

「どこへ行く?」

「僕の部屋へ。」

「サトシの部屋?」

「僕たちがいたら、T.E.P.O.がゆっくり休めない。」

T.E.P.O.は機械じゃないのか?

機械だと思ってないってことなのか?

サトシは来た時とは違う扉を開ける。

その扉の向こうは、真っ白な通路。

今まで歩いていたような機械的な要素はない。

ただ白いだけの通路は、機械的な通路よりは明るく感じる。

白の中のサトシの青い服は、とても明るく目に映えて、眩しくすらある。

俺は目を細めてサトシの背中を見つめる。

「そうだ。会ったら最初に聞こうと思っていたことがある。」

サトシが通路の途中で振り返る。

見つめていたことがバレたのかと思って、ドキッとする。

「な、何?」

俺が聞き返すと、サトシは真剣な顔で俺を見上げる。

「恋とは……なんだ?」

「え……。」

そんなこと、覚えてなくていいのに……。

「知らないの?」

「知らない。初めて聞く言葉だった。」

サトシは前を向いて歩き出す。

俺も並んで歩く。

「本当に?この世界では恋、しないの?」

「恋がなんだかわからないのに、その質問に答えられると思うか?」

サトシの方が小さいのに、俺を見下したような目つきで俺を見る。

「こ、恋も知らないやつにそんな風に見られたくないね!」

「だから、なんだと聞いている!恋とはなんだ!」

「恋は……。」

俺は、始めて蜃気楼の中にサトシを見た時のことを思い出す。

なんて綺麗だと思った。

また会いたいと、蜃気楼が消えてすぐに思った。

「会いたくて……。」

会えば会うほどまた会いたくなって……。

「その人のことばっかり考えて……。」

会っていない時でもサトシのことしか考えられなくて……。

「どうすれば会えるのか、どうすれば……。」

言葉を飲み込んだ俺を、サトシが不思議そうに見上げる。

「どうした?」

俺は言おうかどうしようか躊躇って……。

サトシは俺の言葉を待ちきれなくて、自分の部屋のドアを開ける。

そんなサトシの背中に向かって言う。

「どうすれば、触れ合えるのか……。」

「触れ合う?」

サトシが振り返る。

「そう……恋をすると……触りたくなる……。」

俺はサトシの両肩に手を置き、自分の方へ引き寄せる。

確定的だ……。

サトシをギュッと抱きしめながら思う。

俺は……サトシに恋してるんだ。

男同士で、地上と地底で離れてるけど。

それでも恋する気持ちは沸き起こる。

だって、ほら、俺の心臓はこんなにバクバクしてて、

そんなの今まで感じたことなくて……。

「翔、どうした?病気か?やけに熱いぞ?」

サトシが俺を見上げる。

「顔も赤い……。」

サトシの手が俺の頬に触れる。

柔らかい肌の感触……。

このまま押し倒したい衝動を、グッと抑え込む。

ダメだ。

そんなことしたら、サトシがどう思うか……。

「サトシは……何も感じない?」

「……何を?」

「俺に抱きしめられて……。」

「そうだな……。」

サトシは俺を見上げて言う。

「………………。」










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【Waiting for you ⑦】へ  【Waiting for you ⑨】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Waiting for you ⑦】へ
  • 【Waiting for you ⑨】へ