「ふたりのカタチ」
ふたりのカタチ(やま)【161~180】

ふたりのカタチ (168)

 ←テ・アゲロ  the twins ⑧ -21- →ふたりのカタチ (169)


「いってらっしゃい!」

行きたくなさそうに振り返るショウ君。

「……いってきます……。」

語尾が消えそうな声。

「帰りね?メールする。」

ちょっと頬が上がるけど、それでも駅に向かって歩こうとしない。

「ほら、遅刻しちゃうよ!」

指で手首を指さして、時間をアピール。

ショウ君は腕時計を見て、仕方なさそうに駅に向かう。

おいらだって、ずっとイチャイチャしてたいよ?

でも、仕事はちゃんとやらないと。

みんなに迷惑かけちゃうもん。

散々駄々をこねて、イチャイチャしたがるショウ君を家の外まで連れ出した。

ショウ君の甘い誘惑に、必死に耐えたおいらを褒めて欲しいよ。

「いってらっしゃい!」

もう一度大きな声で言って、手を振る。

ショウ君は軽く手を上げたけど、振り向かないで駅に向かう。

よかった。

これでなんとか……。

ショウ君の背中が見えなくなる頃、隣のお婆さんが箒を持って出て来た。

「相変わらず、仲がいいねぇ。」

ニコッと笑うお婆さん。

おいらもニコッと笑って軽く会釈。

「おはようございます。」

「あれ!どうしたんだい?目元が赤くなってるよ?泣いたのかい?」

「いえ……泣いては……。」

ショウ君が朝から弄り回すから!

「あんれ!顔が真っ赤!大丈夫かい?」

ショウ君のこと、思い出しただけで顔が熱くなっちゃうじゃん!

すっごく我慢したのに!

「ほ~れ、トイレに行きたいなら、早くお行き。」

お婆さんが笑って箒で吐き始めた。

おいらは自分の股間を見て……。

慌てて家に飛び込んだ。

お婆さん、目ざとい!!

ってか、恥ずかしい~っ!



洗濯したシーツをパンパン叩く。

いちいちアイロンなんてかけてられないから、できるだけピンと張って干す。

風が吹くと、シーツが揺らいで、洗剤のCMみたい。

他の洗濯物も干していると、携帯が震える。

開いて見ると、類さんからのメール。

「雑誌の対談……。おいらに対談なんてできる?」

首を傾げながら時間を確認すると、16時からになっている。

取材ってどれくらいかかるんだろう?

しかも、対談ってことは相手がいるから……。

「あれ?相手が誰か書いてない……。」

おいらは類さんに返信を打つ。

「わかりました……。対談の相手は誰ですか?……っと。」

送信して洗濯カゴを手に家に入る。

ちょっとお腹も空いてる。

昨日のハンバーグは冷蔵庫に入れたから、朝はパンにしようかな?

キッチンでコーヒーを淹れていると、また携帯が震える。

「類さんだ。相手は誰かな~。」

携帯を開いて読むと……。

「相手は会ってのお楽しみ。

 楽しみにしててください。

 衣装とメイクはこちらで用意します。

 対談が16時からなので、15時までには来てください。」

……衣装とメイク?

今までそんなの付いたことあったっけ?

雑誌は、あんまり聞いたことのない映画誌だけど……。

写真付きだからなのかな?

今までも何度か取材を受けたことがあるし、写真を撮られたこともあるけど、

衣装なんてなかったし、メイクもしたことないし……。

映画誌だから、映画のプロモーションの一環?

少しでも写りがいい方がいいのかな?

おいらはさらに首を捻って、コーヒーに牛乳を入れた。



15時10分前。

類さんの会社の近くにあるホテルの一室。

類さんはもう来てて、おいらを見て、優しそうな笑顔を浮かべる。

「サトシさん!」

「類さん、今日の取材って……。」

おいらはキョロキョロと部屋の中を見回す。

相手の人はまだ来てないみたい。

類さんはおいらの背中に手を添えて、奥の部屋を促す。

撮影用の部屋はとっても広い。

照明とカメラをセットしてて、人も5人くらいいるけど、広さは十分。

おいらは促されるまま奥の部屋に入って行く。

中には女の人が待っていて、おいらに衣装?を手渡してくれる。

「それに着替えて、着替え終わったら出てきてください。メイクするので……。」

類さんがにっこり笑う。

おいらが衣装を受け取ると、女の人と類さんが出て行った。

渡された服は、黒のニットに細身の黒のパンツ。

上下黒はあんまり普段は着ないかも。

ニットはゆるっとした感じで、着心地がいい。

パンツは細くて、少し動きづらいかな。

着替えなんて簡単だから、すぐに部屋を出て行くと、女の人が寄って来て、

ニットを捲って、ズボンを直す。

「いいですね。サイズもぴったりです。」

女の人が類さんを見上げる。

類さんもうなずきながら、おいらを見る。

「うん。色っぽいし、カッコいい。」

類さんの笑顔が少し艶を含んだ気がするのは……気のせい?

「画家、大野サトシもアピールしておかないとね。

 着心地は?」

類さんがおいらの肩のニットを引っ張って直す。

「いいです。柔らかくて。」

おいらをアピールする必要なんて全然ないのに。

「それはよかった。」

類さんは満足そうに微笑んで、またちょっと離れておいらを見る。

上から下まで見られて……なんか恥ずかしい。

「じゃ、すぐにメイクしてもらって。」

女の人がニコッと笑って、おいらを部屋へ促す。

「あの、類さん?」

「ん?」

「今日の対談の相手って……。」

「ああ、もうすぐ着くよ。少々押してるみたいだね……。

 さ、さっさとメイクしちゃおうか。」

類さんはニコッと笑って、おいらの背中を押す。

相手って……誰?










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【テ・アゲロ  the twins ⑧ -21-】へ  【ふたりのカタチ (169)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【テ・アゲロ  the twins ⑧ -21-】へ
  • 【ふたりのカタチ (169)】へ