「ふたりのカタチ」
ふたりのカタチ(やま)【161~180】

ふたりのカタチ (167)

 ←テ・アゲロ  the twins ⑧ -20- →テ・アゲロ  the twins ⑧ -21-


結局、疲れて眠ってしまうまでに3回して。

しかも激しかったからか……。

今日は朝から体がだるくて……。

でも、ショウ君を起こさなくちゃいけないから、

なんとか目を開けて、隣のショウ君の肩に手を掛ける。

「ショウ…君……。」

ショウ君は、おいらの腰を引いて、おいらを抱え込もうとする。

「ショウ君……、起きないと……。」

枕元の携帯に手を伸ばす。

案の定、もう7時半。

起きないと遅刻……。

朝ご飯は昨日、放置したハンバーグで……。

朝からは無理?

お腹は空いてると思うんだけど……。

ショウ君……すっごく頑張ってくれたから……。

昨日のことを思い出すと、頬が熱くなる。

ショウ君に言われるまま、動けなくなるなんて……。

なんか、恥ずかしい……。

こっちを向いてるショウ君の胸に顔を埋めて、一人で照れる。

最近、肉が付きぎみのショウ君の胸には小さな谷間ができる。

そこを指先でなぞって、肉をフニフニ摘まんでみる。

柔らかい弾力が気持ちいい。

フニフニ摘み続けたら、ショウ君が、体を仰向けにした。

これじゃ、谷間もできないし、肉も摘まめない。

「ショウ君、起きないの?」

ショウ君の顔に顔を近づけて、覗き込んでみるけど、

ショウ君が起きる素振りはなくて……。

「起きないと遅刻。もう7時半だよ。」

ショウ君の寝息は、全くおいらの声に反応してくれない。

「ショウ君!」

「……んっ…………。」

ショウ君は顔をしかめて、おいらを抱きしめる。

「ショ……。」

おいらはショウ君の腕の中で、あたふたとショウ君の胸を押す。

このまま抱き込まれちゃったら、気持ちよくって……抜け出せなくなる……。

「ショウ君、起きて!」

ショウ君は何を勘違いしたのか、おいらの顔に顔を近づける。

少し斜めにして、口を軽く開けて……。

でも、目は閉じたまま……。

「ショ……。」

唇を塞がれ、すぐに舌が進入してくる。

「んっ。」

ショウ君の両肩をグッと押してみるけど、

背中に回ったショウ君の腕の力には敵わなくて……。

ショウ君のねっとりした舌が、おいらの口内を舐めまわすのを、

受け入れそうになった時、おいらの携帯が震えた。

「ショ……携帯……!」

手を伸ばして携帯を取ろうとしても、ショウ君に抑え込まれて取れない。

「ショ……。」

「……ダメ……、俺と携帯、どっち……?」

ショウ君の舌が、激しくおいらの舌を貪る。

「ショウ君も……んんっ、起き…ない……と!」

暴れるおいらを抱きすくめて、ショウ君の手が背中をまさぐる。

ヤバイ……このままじゃ……。

ショウ君の舌を押し出して、思いっきり手を伸ばす。

指先に携帯が触れて、体をショウ君の腕からずらす。

「サトシは……俺より携帯なんだ……。」

ショウ君がおいらの胸にギュッと顔を押し付けて、子供のように顔を擦りつける。

「違うよ、もうショウ君も起きないと……。」

「やだ。起きない。サトシが俺より携帯取ったから……。」

何を駄々っ子みたいなことを……。

「ショウ君!」

ショウ君はそれでも顔を振り続ける。

おいらは溜め息をついてショウ君を抱きしめる。

「バカなこと言ってないで、起きないと……遅刻しちゃうよ?」

「いい……仕事なんか行く気になれない……。」

さらにギュッとおいらの腰を締め付ける。

「サトシが……何よりも俺を取るようになるまで……仕事なんか行かない。」

「…………。」

おいらは呆れて、携帯を開きながら言う。

「ショウ君は幼稚園児?」

「……幼稚園の時から成長してないよ……中身。」

開き直りですか!?

「ずっとサトシ一筋だから!」

携帯を読むおいらのことを、ショウ君が蒲団の中に引きずり込む。

「あっ……。」

引きずり込まれたおいらの首筋に、ショウ君の唇が当たる。

当たったと思ったらすぐに甘噛みされて……。

ショウ君の片手がおいらの背中を撫でて……。

昨日、あのまま寝ちゃったから、おいらもショウ君もまっぱ……。

ショウ君のがおいらの腹に当たる。

「ショ、ダメ……遅刻……!」

昨日、あんなに激しくしたのに、それでもまだ足りないの?

「シャワー……浴びないと……。」

ショウ君の唇が、首筋から鎖骨を舐める。

「俺がキレイにしてあげる……サトシを……。」

まだ昨日の余韻が残ってる?

ショウ君は超絶Hモードだ!

「ダ、ダメ……、おいらも類さんに連絡しないと……。」

ショウ君がガバッと顔を上げる。

「花沢類?」

「うん、類さんからのメール。」

おいらはショウ君に携帯を見せる。

「なんて?」

「今日、急に取材が入りそうなんだけど、予定はあるかって。」

「ある。俺とHするから行けない、そう返信して。」

「できるわけないでしょ!」

「できる!俺ならする!」

ショウ君がおいらから携帯を取りあげると、片手で打ち始める。

「ショウ君、仕事なんだよ?なんの取材かもわかんないのに。」

「……わかってるよ。」

昨日のショウ君とは打って変わって子供なショウ君。

本当に同じ人?

クスッと笑うと、ショウ君がふくれっ面でチラッとおいらを見上げる。

「……なんだよ。なんで笑った?」

「可愛いなぁと思って。」

ショウ君のおでこにキスすると、ショウ君のふくれっ面が若干緩む。

「早く用意しよう。今日はおいらも仕事みたいだから、

 帰り、待ち合わせして帰ろう?ね?」

ショウ君を見つめると、ショウ君が渋々うなずく。

おいらはショウ君の唇にキスをして、上半身を起こし、ショウ君の頭を撫でた。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【テ・アゲロ  the twins ⑧ -20-】へ  【テ・アゲロ  the twins ⑧ -21-】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【テ・アゲロ  the twins ⑧ -20-】へ
  • 【テ・アゲロ  the twins ⑧ -21-】へ