FC2ブログ

「ふたりのカタチ」
ふたりのカタチ(やま)【141~160】

ふたりのカタチ (154)

 ←テ・アゲロ  the twins ⑧ -17- →テ・アゲロ  the twins ⑧ -18-


懐かしい、ジュン君の店を見上げる。

もう10年くらい経つのに、全然変わってなくてびっくりする。

ちょっと、外壁が古くなったかな?って、そんな感じ。

でも、それもまた味になってていい。

思い出すように、ゆっくり店に入って行く。

「いらっしゃいませ。」

穏やかな男の人の声で迎えられ、

おいらは、あの頃よくジュン君に勧められたテラス席へ向かう。

田村さんと会ったのも、この席。

席に座って、周りの景色を眺める。

向いの店や、道路の様子はちょっと変わってるけど、

背の高い樹々の風景は変わってない。

そのバックに見える空の青さも。

「ん~、懐かしい……。」

大きく息を吸ってそう言うと、若い店員さんがやってきて、にっこり笑う。

「ここへ来るのは久しぶりですか?」

お冷を置きながらそう言って、おしぼりを差し出す。

それを受け取り、店員さんを見上げる。

一瞬、ジュン君に見えてドキッとする。

タイムワープしたみたい。

この場所のせいなのか、まだ京都の感じが残っているのか……。

まさかね?

「ご注文はお決まりですか?」

優しく尋ねられ、ハッとしておしぼりで手を拭いて、もう一度見上げる。

「ブレンドで……。」

店員さんは、かしこまりましたと言って、戻って行く。

よかった。

ジュン君じゃない……。

ジュン君がスミレさんと仲良さそうにしてたカウンター。

あの頃からの想いが実を結んだんだね。

しばらくすると、田村さんが早足にやってくる。

「いやぁ、ごめんごめん、待った?」

こめかみの汗を手で拭いながら、向いの席に座る。

初めて会った時は、もっと繊細な感じだったような……。

おいらがクスクス笑うと、田村さんが訝しそうにおいらを見る。

「何?何かあった?」

「ううん。最初の印象を思い出してた。」

「印象?」

「うん、優しそうなイケメンだな~って。」

おいらはクスクス笑いながら、田村さんの方にお冷を押す。

汗をかきながら、やってきたから。

きっと、喉も乾いてる。

田村さんは嬉しそうに、それをグイグイ飲み干していく。

「はぁ~、急いで来たから~。

 なんせ、次の会議が4時から入ってて……。」

テーブルの上に置いた携帯を押して、チラッと見る。

「大野さんとの時間は、少しでも長く楽しみたい。」

田村さんがニコッと笑う。

「ごめんね。おいらが無理言ったから……。」

いつの間にか店員さんがやってきて、コーヒーを置いてる。

「そんなことない。俺も会いたかったし……。ホットで。」

最後の言葉を店員さんに向け、隣の席に鞄を置く田村さん。

「どう?順調に進んでる?」

「ちょっと悩んでるとこがあって……。」

久しぶりの田村さん。

田村さんは聞き上手だし、上手いアドバイスをしてくれるから、

頼り切ってるとこもある。

優しいお兄ちゃんって感じかな?

田村さんはおいらの話を真面目な顔で聞いてくれて、やっぱり的確なアドバイスをくれる。

帰ったらさっそくやってみよう。

仕事の話が一段落して、田村さんがコーヒーを口にしながら、

おいらをチラッと上目使いで見た。

「なに?今朝もだけど……何か話があるなら……。」

「うん……。言おうかどうしようか悩んでたんだけど……。」

おいらもコーヒーを口にする。

「櫻井さん……、最近、おかしいとこない?」

「ショウ君?ううん、何も……。」

今朝だって、いつもと同じだったし、昨日だって……。

夜のことを思い出して、ちょっと頬が熱くなる。

「そっかぁ、変わりないか……。」

田村さんはまだ悩んでるみたいで、またコーヒーを口に運ぶ。

「何か……ショウ君のこと?」

「ぅん……まぁ……。」

田村さんは空を仰ぎ見るように息を吐いて、スッとおいらを見つめた。

「いや、やっぱりちゃんと話そう!」

そう言って、コーヒーカップから手を離すと、

そっとカップを脇に避け、肘を付いて、両手を組んだ。

「俺さ……見ちゃったんだ……。」

「見ちゃったって……何を?」

田村さんから嫌な空気が漂う。

ショウ君も田村さんを気にしてた……。

いったい何を見たの?

田村さんの声が、組んだ両手の間から聞こえる。

「櫻井さんが……抱き合ってるとこ。」

ズキッとどこかで音がする。

それは間違いなく、おいらの中のどこかで……。

でも、どこだかわからないどこかで……。

「だ、抱き合ってるって……?」

平静を装って聞いてみる。

田村さんは、失敗したなって顔をして、おいらから目を逸らす。

「いや……見間違いかも……。」

「……それでもいいから……。」

頭を掻きながら、つぶやくように言う。

「……若い……男と……抱き合ってて……。」

ドクンドクンと心臓の音が響く。

「だ、抱き着かれたのかもしれないし……。」

田村さんはチラッとおいらを見て、慌てるように言う。

「そ、そうだよね。櫻井さんに限ってそんなこと……。」

「そ、そうだよ。ショウ君がおいら以外になんて……。」

「そうだよ。そうだよ。あんなに大野さんを大事にしてる櫻井さんが!」

「う、うん、あり得ないよ~。」

田村さんが乾いた声で笑って、おいらも同じように笑って……。

笑って、この話は終わりになって、田村さんが最近手掛けてる仕事の話になったけど、

ドクドク言うおいらの心臓は、ずっと静まってはくれなかった。










関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ 3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
総もくじ  3kaku_s_L.png Sunshine(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png 時計じかけのアンブレラ
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 白が舞う
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png Happiness(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png 夏疾風(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png STORY
【テ・アゲロ  the twins ⑧ -17-】へ  【テ・アゲロ  the twins ⑧ -18-】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【テ・アゲロ  the twins ⑧ -17-】へ
  • 【テ・アゲロ  the twins ⑧ -18-】へ