「ふたりのカタチ」
ふたりのカタチ(やま)【141~160】

ふたりのカタチ (153)

 ←Wonderful ⑫ →テ・アゲロ  the twins ⑧ -17-


「じゃ、行って来る。」

「うん。いってらっしゃい。」

チュッとショウ君にキスをして、ネクタイを直してあげる。

ちょっと顎を上げたショウ君が可愛くて、もう一度キスしたくて背伸びすると、

ショウ君がおいらをギュッと抱きしめる。

それじゃキスできない……。

そう思って、おいらも顎を上げて、キスを強請ってみる。

ショウ君はにっこり笑っておいらの鼻にチュッとする。

違う!そこじゃなくて……。

おいらの方から唇を近づけると、わざと頬を押し付けてくる。

「……意地悪。」

「サトシが可愛い顔するから、意地悪したくなった。」

ショウ君がおいらの髪を撫でながら、今度はちゃんとキスしてくれる。

「ん……。いってらっしゃい。」

唇を離してそう言うと、さらにショウ君の唇が追って来る。

「ショ、ショウ君……。」

「強請ったの、サトシだよ?」

ショウ君の声が鼓膜に響く。

低く甘い声。

その声聞いたら、言いなりになるしかないじゃん。

唇を食べるようなキスを交わし、徐々に舌が絡まり合う。

優しく愛撫するようにショウ君の舌がおいらの舌を包み込む。

唾液の音がクチュッとして、ショウ君の腕に添えた手に力が入る。

ショウ君の腕にも力が入って……。

絡まり合うようなキスは、お互いを離せなくて……。

「ショ……ダメ……ちこ…く……。」

最後まで言わせてくれないショウ君の唇。

堪えようのない刺激はお互いを高めてく。

「ダ…メ……。」

口ではそう言いながら、おいらの唇も離れてくれない。

深くなるキスに飲み込まれそうになって……。

フッと、昨日のショウ君の姿が頭を過る。

仲良さそうに誰かと歩いてた後ろ姿。

ブルブルっと顔を振って、ショウ君の唇を離す。

「ダメ……。仕事、遅れちゃうよ。」

渋い顔で口を尖らすショウ君。

「今日は……早く帰ってくる?」

「あぁ、遅くはないと思う……。」

まだ名残惜しそうなショウ君。

おいらだって、名残惜しいけど……でも……。

「帰って来たら……。ううん、早く帰って来てね。待ってる。」

帰ってきたら聞けばいい。

聞けばちゃんと話してくれるはずだから。

「サトシは仕事?」

「うん。今日は家の予定。何かあったらメールする。」

「わかった……。」

ショウ君はもう一度キスしたそうだったけど、クルッと胸を返して外に出した。

だって、このままじゃ終わらないもん。

いつものことだけど……。

「サトシ……冷たい。さっきの仕返し?」

「そうそう。おいらを怒らすと怖いよ?」

ニコッと笑うと、ショウ君が大げさにブルブルッと震えて見せる。

「んふふ。行ってらっしゃい!」

「いってきます。」

ショウ君は、それでも最後にチュッとおいらのおでこにキスをして出て行った。

ショウ君を見送りながら、おでこをさする。

ショウ君……ちゃんと話してくれるよね?

おいらはドアを閉めて、洗濯機に向かう。

さ、今日もシーツ、洗わないと!



「ん~っ。」

色入れが一段落して伸びをする。

ずっと同じ姿勢だったから、首を回しただけで背中がボキボキ鳴る。

両手を上に上げて、思いっきり伸ばして……。

そろそろお昼かな、と思ったら今度は携帯が鳴った。

見ると、田村さんの名前。

どうしたのかなと思って、すぐに携帯をタップする。

「もしもし。」

「あ~、大野さん?」

「田村さん?何かありました?」

「いや、どうなってるかなと思って。」

「仕事ですか?順調です。」

おいらは元気よく答える。

本当はちょっと遅れ気味なんだけど……。

どうしようか悩んでるとこがあって……。

田村さんに聞いてみようかな?

「それならいいんだけど……。」

なんだろう。田村さんの歯切れが悪い。

「田村さん?」

「いや、いいんだ。気にしないで。

 ちょっと落ち着いたら飯でも食いに行こう。」

「いいですけど……。本当は何か話したいことがあるんじゃないですか?」

「……話したいことって言うか……。」

やっぱり歯切れが悪い。

「田村さんが……言いたくないならいいけど……。」

「…………。」

田村さんはいつも、まずメールを送ってくる。

それが最初に電話なんだから、きっと話があるはずなんだけど……。

「田村さん、初めて会ったカフェ、覚えてます?」

「初めて?……ああ、覚えてるよ。大野さんの大学の近くの……。」

「そうそう。そこで友達が働いてて、おいらがよく行ってた……。」

「懐かしいなぁ。」

田村さんの声が少し上がる。

「今度、その友達が結婚するんです。そこで知り合った彼女と。」

「へぇ~、それはめでたい。」

「10年以上も付き合ってやっとです。」

「ははは。それは長いねぇ。」

「途中、別れたりもしたらしいですけど。」

「紆余曲折の果てに、お前しかいない!ってことなのかな?」

いつもの田村さんの調子が戻って来る。

「そうですね……。行ってみませんか?久しぶりに。」

「まだあるの?」

「あるらしいです。」

「そうか……。いいよ。」

「今日は……どうですか?」

「ん~……2時くらいから、少し空きができるかな……。

 それでもいい?」

「んふふ。嬉しい。」

「……櫻井さんは……元気?」

「ええ、元気ですよ。何かありました?」

「いや、いいんだ。じゃ、2時に。」

田村さんが携帯を切って、おいらも携帯を耳から離す。

なんだろう……。

そう言えば、ショウ君も田村さんって言ってなかったっけ?

おいらは首を傾げて考えてみたけど……。

何も思いつかなくて、机の上を片づけ始めた。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【Wonderful ⑫】へ  【テ・アゲロ  the twins ⑧ -17-】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Wonderful ⑫】へ
  • 【テ・アゲロ  the twins ⑧ -17-】へ