「大人の童話」
Wonderful(やま)

Wonderful ④

 ←Wonderful ③ →Wonderful ⑤


山は、布を押し上げ、にょっきりと頭をもたげています。

ショーはおずおずとその布の端を持ち上げ、山の正体を探ります。

布の中に入り、辺りを見回すと……。

暗闇に慣れてきたせいでしょうか。

ようやく、視界がうっすらと開けてきました。

ずっと奥に、大きな影が見えます。

どうやら、山だと思ったものは巨木のようです。

それもかなりの大物です。

高さはよくわかりませんが、根元が太いのはわかります。

ショーは巨木まで続く、暗い茂みに足を踏み入れます。

ウェーブのかかった下草は、気を付けないと足を取られてしまいます。

慎重に、慎重に、足を進めます。

時折、巨木がビクンと震えるような気がしましたが、暗くてよくわかりません。

巨木に近づくにつれ、湿気が強くなってきます。

そして、巨木を見つけた時から香っていた匂い……。

甘い香りが、濃厚になっていきます。

むせ返るような甘さがショーを包むと、ショーの楊枝もピコンと反応します。

それが何の合図なのかわからないショーは、パンツの中の楊枝の先をピンと弾きました。

……なんだかちょっと気持ちがいいです。

ポワンとした気持ちになります。

ショーはもう一度、楊枝を叩こうとして思い留まります。

ダメです。

今は目の前の巨木を確認しなくてはなりません。

ショーは巨木の根元まで来ると、そっとソレに触れてみます。

太くて硬いのは間違いありません。

しかも湿っています。

この湿気はこの巨木のせいでしょう。

ずっと上を見上げると、自分の背の2倍以上あるように見えます。

もしかすると3倍……あるかもしれません。

ショーは手で顎を撫でながら考えます。

さて、どうしようか?

この巨木に上るのは結構大変そうです。

まず、手が回りきりません。

湿ってツルツルしています。

上るのは不可能なように見えます。

ショーは巨木の周りを一周りしてみます。

下草の切れ目を狙って、足でトントンと叩きます。

巨木がブルンと震えました。

今度は手で叩いてみます。

さらにブルンと震えます。

両手を広げ、抱き着いて見ました。

太いので、思いっきり力を込めないと抱き着くこともできません。

ギュッと掴まると、巨木がブルブルと震え、

上の方からヌルッとした液体が、巨木を伝って落ちてきます。

これではとても上れません。

ショーは顔に着いた液体をペロッと舌で舐めてみました。

なんということでしょう!

そのヌルッとした液体の甘さと言ったら!

体が震えるほどの美味しさです。

ショーは巨木にしがみ付き、その蜜をペロペロと舐め始めます。

この巨木全体に広がっている液体です。

いくら舐めてもなくなりません。

ショーは無心で舐め続けます。

舐めながら、巨木の周りを周ります。

裏側まで来ると、巨木は、上に向かって真っすぐ筋を浮き上がらせています。

その筋の上は、少し出っ張っているので舐めやすく、

ショーは下から上に向かってペロッと舐めていきます。

巨木がブルブルと震えます。

まるで地震でも起きたように震えはしばらく続きます。

ですが、ショーは舐めることを止めません。

止められないのです。

それくらい、その蜜は美味しく、ショーを虜にしています。

困ったことに、ショーは下の方の甘い部分は全て舐めとってしまいました。

こうなれば、上るしかありません。

どうやって登ればいいのでしょう。

「そうだ!」

ショーはポンと手を打って、パンツの紐を外します。

それを巨木の周りに一周させ……。

両端を持って巨木に足を掛けます。

もちろん、ショーのパンツは落ち、Tシャツのみですが、

そんなことはショーには関係ありません。

この甘い蜜。

ショーの欲しいのはそれだけです。

紐を使って少しづつ、巨木を舐めながら登って行きます。

両手が使えないので、顔中蜜だらけにして舐め続けます。

美味しい蜜はまだまだあります。

ショーはゆっくりゆっくり上って行きます。

巨木がいつ震えるのかわからないのが難点ですが、

この美味しさにはかえられません。

もし落ちても、下は弾力のある茂みです。

ケガも少ないでしょう。

そうこうしている内に、ショーは大きく出っ張った部分に辿り着きます。

まるで、まだ若く、柄の太い時期のキノコの傘のような場所です。

そこには蜜が多く溜まっています。

ショーは喜々として蜜を舐めまわします。

アイスを舐めるように、また、舌先でほじくるように。

全ての蜜を嘗め尽くしたい!

それを実践するように、ショーは夢中になって舐め続けます。

すると、どうしたことでしょう!

巨木が、さらに一周り大きくなったではありませんか!

しかも、蜜が滝の様に降って来ます。

その甘い匂いにクラクラしながら、ショーは必至に耐えます。

しかし、蜜の粘度は強く、ショーは足を滑らせ、滑り台を滑るように落ちて行きます。

せっかく頂上付近まで登れたのに、あっという間に下山です。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【Wonderful ③】へ  【Wonderful ⑤】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Wonderful ③】へ
  • 【Wonderful ⑤】へ